「人はなぜ物語に惹かれるのか?」

かつて、神話の時代から数多くの哲学者たちを魅了し

悩ませてきた、究極の命題。




人々は語り部たちの語る物語に、あるときは大いに笑い、

あるときは悲しみの涙を流し、

あるときは敵と戦うがごとく興奮し、

そしてあるときはその胸の内に湧き上がる感動に、

その身をゆだねることを受け入れた。




だが、その心の不可思議な作用を

説明することのできた者は、

誰ひとりとして存在しなかった。





そして、時は流れ……

ネットが世界中を結びつけ、

時間と空間の壁が限りなく薄れていきつつある現代、

まるで使い捨てライターのごとく、生まれては消えていく

物語を宿した「本」を前にして、
















ひとりの男が闇の中で、吼えた……
















八方美人でない独白へ<