「神田明神参拝オフ会」レポート

参 加 者: くら様、yui様、アキラ様、みちる様、雨女様、すずめの巣様、すまんのう様、風太様、八方美人男(順不同)


 少し前に、仕事で絶対やらないと思っていた失敗をしてしまった、ということをmixiのネタにしたときに、ある御方から「神田明神でお祓いした方がいい」というアドバイスを受けたのがきっかけで、衝動的に神田明神参拝オフ会を企画することになりました。

 いや、私はふだんから占いとか風水とかいったものは信じないというスタンスをとっていたし、それは今でも変わらないと思っているのですが、さすがに「サーバのUPS(電源供給装置)のメインスイッチを、組んだ足のつま先で無自覚に長押ししていたせいで、数台分のサーバの電源を強制的に落とす」という事態を現実のものとして経験してしまった以上、プラシーボでも何でもいいから何か流れを変える行動を起こすべきだろう、とこう思ったわけですよ。

 それに昨今、嫌な事件とかインフルエンザとかコンピュータウィルスとかいろいろ流行っているみたいだし、どうせならみんなを巻き込んでいろんなことを祓ってもらうのがベストでしょう。

 というわけで、JR御茶ノ水駅の聖橋口に集合して、神田明神に行ってきました。本当なら、入口のすぐ左にある甘味処「天野屋」で甘酒とか飲んでみたかったのですが、残念ながら日曜日はお休みということで、また機会があれば行ってみたいと思います。

 御神殿は緑色の屋根に赤を基調とした神社で、けっこう派手でした。参拝のあとは、効果があるかどうかを試すために、おみくじを引いてみたところ、

「大吉」

でした。いやーこれで一安心(おみくじ自体、引いたのは何年ぶりのことか)なのですが、ふと見ると「ITお守り」なるものがあったので、これを購入。近いうちに会社のパソコンとかに貼っておかなくては……。

 神田明神の御祭神は平将門なのですが、他にも大黒様や恵比寿様もいらっしゃいました。恵比寿様は、なぜか子どもの頃の姿をしていましたね。そして、なぜか手作り感溢れる銭形平次の顔出しパネル(よく観光地とかに、人の顔だけくり抜いてあって、そこから顔だけ出すヤツ)があったので、ネタで顔を突っ込んでおきました。アキラさんには携帯で写真を撮ってもらい、今では私の携帯電話の待ち受け画像となってます(笑)。
 ※後で調べたところ、『銭形平次捕物控』の主人公・銭形平次は神田明神下の長屋に住んでいる、という設定だそうで、架空の人物であるにもかかわらず、神田明神には「銭形平次の碑」があるそうです。

 参拝の後は、ついでといった感じで湯島聖堂のほうにも足を伸ばしました。じつはこちらのほうが全体的にシックな感じで、人がいないせいもあってか、妙に神々しい印象がありました。それからいったん駅まで戻って、飯田橋まで移動。神楽坂をのぼったところにある甘味処「神楽坂 茶寮」に行きましたが、予想通りすごい行列で入ること叶いませんでした。残念。仕方がないので、坂を登りきったさらに向こう側へと足を伸ばし、近くにあった喫茶店で休憩。私が最近力を入れているブッククロッシングの話や、その代表の財津さんとお会いしたときのエピソードなんかをはじめとして、参加いただいた方々の近況とか、最初のほうは大傑作だったり、設定だけはもの凄いと思っていたはずの作品が、なぜか最後のほうになると尻すぼみになってしまう恩田陸や高野文緒のこととか、昨今のファンタジーの話とかで、ひとしきり話が盛り上がりました。

 もともと本好きな人たちが集まるオフ会なので、だいたいいつも本の話になるのですが、沖縄料理を堪能できるお店「まんま」に移動して、ひとたびアルコールで乾杯してしまうと、話はさらにヒートアップ! 森見登美彦『恋文の技術』が良い、ということを話していたはずなのに、なぜか「おっぱい最高」とか「おっぱいバレー」とか、後味のいい本の話をしていたのに、なぜかニコルソン・ベイカーの『フェルマータ』の、フェチ全開の主人公がもうたまらんとか、私のサイトでやっている「リクエスト書評」のことを話していたのに、なぜか『色単』(色単語用語辞典)の馬鹿馬鹿しさがいいとか、いつのまにか下ネタの話になるという流れになっていました。幹事なのに話のコントロールができなくて申し訳ありませんでした。でも、おっぱいはやっぱり大きいほうがいいと思います。大は小を兼ねるというのが私の持論ですから。

 いや、ちゃんと普通の話もしましたよ? ええと、本の収納についてはみんな頭を悩ませているんだなあとか、フィギュアをえらい集めていた人の家が全焼したときの顛末とか、日本のオンラインショップの経営は想像以上に厳しいものだとか、光文社新訳古典文庫が読んでみたらやたら面白くて、これを機に読んでみたいなあとか、紅玉いづきの『ミミズクと夜の王』に対する本音とか、海外におけるオーディオブックの現状とか、まあいろいろと。

 おいしいものを食べて、心ゆくまで本の話を堪能して、さらに有志で二次会に行って、食べ損ねたデザートを堪能。夜もすっかり更けて、一時期激しかった雨も止んで、今回のオフ会も滞りなく終えることができました。参加いただいた皆様、こんな酔狂なオフ会にお付き合いいただき、まことにありがとうございました。

 それにしても、以前は「靖国神社参拝オフ会」なんてのも企画したのですが、なんだか神社仏閣に参ってばかりいるような気がします。


右が噂の「ITお守り」、左がアキラさんからいただいた手作りの栞




八方美人なイベントに戻る

ホームへ