【講談社】
『裏切り涼山』

中路啓太著 

背景色設定:

 本書のタイトルになっている『裏切り涼山』とは、この物語の中心人物につけられたあだ名にあたる。時は戦国時代、中原の覇者織田信長の命を受け、中国地方の毛利討伐をまかされた羽柴筑前守秀吉であるが、織田の勢力圏と毛利の勢力圏のあいだには播磨の豪族たちの領域があり、彼らを織田勢につけるべく奔走をつづけていた。そこには、できるだけ無駄な戦いは避けたいという秀吉や、彼の軍師である竹中半兵衛の意向があったのだが、播磨の豪族のなかでは最大勢力で、一時は毛利攻めの案内役を買って出ていたはずの別所長治が、突如織田家に反旗をひるがえし、三木城に立て籠もるという事態を迎えた。秀吉は三木城攻略に乗り出したが、地形にも恵まれたその城は堅牢で、一年以上を経てもいまだ攻めあぐねていた。病で伏せることの多くなった半兵衛は、この事態を打開する鍵としてひとりの人物のことを思い浮かべていた。それが「裏切り涼山」と呼ばれる男である。

 天下を平定するのは織田か毛利かと言われていた時代であるが、織田信長の覇者としての実力は認めるものの、長年の権威の象徴を歯牙にもかけない彼の言動に反感をもつ者は多く、今回の三木攻城戦の背景にも、別所家内での根深い意見の対立があった。「裏切り涼山」はもとは忍壁彦七郎と称する浅井の家臣であり、その浅井家は他ならぬ信長によって滅ぼされている。彼は形としては、仕えるべき主君を裏切って織田の兵を引き入れ、浅井家を滅ぼす加担をした男であり、彼の妻子はその行為に絶望して自害、彼自身はその後出家して涼山を名乗っているが、その裏切り者である涼山に対する、半兵衛のひとかたならぬ思い入れの強さ、今回の三木城を武力ではなく、あくまで調略にて無血開場させるのは彼をおいて他にない、という軍師としての見立てが、はたしてどこから来るものなのか、という点が、本書の大きな読みどころのひとつということになる。

 本書は史実をもとにした歴史小説ではあるが、それ以上にミステリーとしての要素もふんだんに盛り込むことによって、読者を物語世界へとつなぎとめていこうという意図がうかがえる。たとえば、自害したと伝えられている涼山の妻子が、三木城のなかで今も生きているという噂は真実なのか、あるいは別所家の家臣のなかに、ひそかに織田家に内通しようと考えている者がいるという証拠をつかんではいるのだが、それが具体的には誰なのか、そして、別所家を織田家に敵対するよう仕向けた謎の怪人「降魔丸」とは何者で、何が目的で今回の無用な戦いを引き起こしたのか。物語の構成はもとより、秀吉や半兵衛をはじめとする、けっして少なくはない登場人物たちの心理とその言動について、緻密な設定をしたうえで物語を動かしていこうとするところは、物語の進行そのものに多大な説得力をもたせることに成功しているのだが、そのなかでも最大のものが、「裏切り涼山」の、主君を裏切ることになった経緯である。そしてその点から本書を再度とらえていくと、その構成の妙があらためて浮き彫りになってくる。

 今回の三木城攻略は、言うまでもなくかつて涼山が浅井家に対して成しとげたことの繰り返しになる。それは当初、内部にいるはずの内通者とひそかに接触し、内部から混乱を起こしたうえで外にいる羽柴軍と連携して開城させるという形で進行していくが、僧侶として城に侵入することに成功はしたものの、城の内部に内通者がいるという情報が相手に知れてしまい、この計画は早々に破棄せざるをえなくなる。この流れは、本書の主要なテーマを考えれば当然の展開だと言える。なぜなら、涼山という人物は兵士や城下の民たちを、まぎれもないひとりの人間としてとらえる視点をもっているからであり、当初の方法では、ともすると無駄な争い、そしてそこから出る犠牲者の数が、さらに増える可能性が出てくるからでもある。涼山という人物の性質上、その計画を落としどころとするわけにはいかないのだ。

 必死になって主を頼み、忠順に働く人々を、頼まれた主のほうがいいように使った上で無駄死にさせることが許せなかった。すなわち、涼山を突き動かしたのは、小谷城で浅井家を裏切ったときにおぼえていたのと同じ類の怒りだった。

 本書を涼山の裏切りの経緯、という点でとらえたとき、物語の重要な人物として挙げられるとすれば、涼山のほかには寺本生死之介と、今は「降魔丸」と名乗る赤尾左馬介だ。寺本生死之介は毛利に滅ぼされた尼子を再興させる「尼子十勇士」のひとりであり、忠義の仁の典型的な存在として描かれている。当然、毛利への怨みは深く、今回も羽柴軍のひとりとして半兵衛に仕えている。今回の件で涼山とともに三木城へと侵入することになるのだが、仕えるべき主君を裏切った涼山のことは、このうえなく胡散臭い人物として警戒している。涼山と生死之介は、そういう意味では対極に位置する関係となっている。

 いっぽうの赤尾左馬介は、涼山にとってはかつて同じ浅井家に仕えていた臣下どおしであるが、彼もまた浅井家を滅ぼした織田信長への怨み激しく、彼の中国地方への侵出を阻止すべく、別所勢とともに三木城にこもって戦いをつづけている。涼山と降魔丸、これもまたある種の対極に位置する関係である。

 生死之介と降魔丸の関係を考えるなら、それはきわめてシンプルだ。羽柴軍と別所軍、しいては織田勢と毛利勢という敵同士であり、ふたりはお互いの仕える者のため、さらには自身の忠義のために戦うという選択肢しかなく、またふたりとも武士として、何の疑問もなくその選択肢をつかむことになる。そしてここに、ふたりの共通点も見出されることになる。それは、彼らが武士であること、より正確にいえば、武士としてのプライドに生き、プライドのために死ぬことを望む者、ということである。だが、ここに涼山という人物が入り込むことによって、その敵味方という考えが変化を余儀なくされる。彼はかつて、仕えていた主君を裏切った。そういう意味では、武士たちにとっては見下げた男ということになるのだが、彼のなかには、相手がどの勢力に属しているのか、という武士としての視点よりも、さらにその下にいて、ともに戦っているはずの、歴史という大きな流れのなかでは名もなき人々のたしかな息づかいを感じとっている。

 涼山と生死之介、あるいは降魔丸との決定的な違いがあるとすれば、自分が誰のために、そして何のために戦っているのか、という認識の違いだ。生死之介と降魔丸が仕えるべき主君のため、さらには武士としてのプライドのために戦うのに対して、涼山のなかでは領民のために戦うという意識がある。そして彼のなかでは、そうした無辜の領民を巻き込んでまで、勝つ見込みのない戦いを続けることが、本当に領民のためになるのか、という疑問が常にある。彼のかつての裏切りの背景には、武士としてのプライドを満たすためだけの無駄な戦い、その戦いで生じる無駄な死をできるだけ減らすことこそが、武士としての、そして領民を治めるものとしての本来の務めではないか、という思いがあり、それは今もなお変わっていない。じじつ、僧侶として侵入した涼山は、そのなかで匿われている領民たちのために経をあげ、彼らの飢えを満たすために、本来なら味方であるはずの羽柴軍にさえ刃を向ける。そして、同じように領民とともに過ごしてきた生死之介のなかにも、変化が生じていく。

 はたして、涼山は本当に三木城を無血開城させることができるのか。そして生死之介は、降魔丸は何を思い、どのような決着をつけることになるのか。涼山にとって、かつて自身の行なった裏切りは、結果として妻子をはじめ何もかもを失うことにつながってしまった。本書を読み進めてきた読者であれば、彼の裏切りがけっして生半可な気持ちや、自身の利益のためだけのものでないことを知るのは容易であるが、彼にとって今回の調略は、言ってみれば自身のかつての思い、その考えがけっして間違いだったわけではない、ということを証明するための、いわばリベンジの場だとも言える。そしてそれは、一度仏門に入ったものの、自身の行ないが招いた不幸、どうしても捨て切ることのできなかった思いに、何らかの決着をつけるための、彼自身との戦いでもある。本書のタイトルに冠された「裏切り」という言葉の裏にあるものを、ぜひとも読み取ってもらいたい。(2008.06.13)

ホームへ