【祥伝社】
『足利高氏』

桜田晋也著 



 私たち読者が歴史小説を読む楽しみはいくつもあるが、大きくはふたつに分けることができる。ひとつは、一般的に言われている「歴史」だけではとらえることのできない影の部分――たとえば、ある歴史的事件が起こるまでのさまざまな事情や背景、そのときの関係者の心理といった部分を、作者の想像力がどのようにおぎない、ひとつの物語として表現しているか、という点であり、もうひとつは、歴史上の人物という「記号」でしかその存在を知らない過去の人々を、まぎれもない生きた人間としてどれだけ生き生きと、魅力的に描いているか、という点である。前者の例で言うと、たとえば隆慶一郎の『影武者徳川家康』などは、「関ヶ原の戦い以降の家康は、じつは影武者だった」という大胆な仮説をもとに組み立てられた、上質のエンターテイメント歴史小説であるし、後者の例としては、司馬遼太郎の『燃えよ剣』は、あくまで史実を大きく逸脱することなく、しかし土方歳三をはじめとする新選組の面々を、著者独自の観点に裏打ちされた生きた人間として作品中に再現することに成功している。

 さて、今回紹介する本書『足利高氏』というタイトルを見て、「おやっ」と思われた方は少なくないだろう。日本史の教科書などで私たちが知っているのは「足利尊氏」の表記の方だが、本書はまぎれもなく、室町幕府の創立者であり、長きに渡る南北朝時代の立役者でもある足利高氏の半生を描いた作品である。だが、ここでまずことわっておかなければならないのは、本書のタイトルに歴史上の人物の姓名を冠した本書が、けっしてその人物の人間性に心惹かれたがゆえに書かれたわけではない、ということだ。むしろ、著者の足利高氏に対する人間としての評価は、この上なく低いものだと言わなければならない。

 足利家は、鎌倉幕府の開いた清和源氏の嫡流に準ずる、今の時代で言うなら超エリートの家系。足利高氏は当初、幕府の外様として北条家に仕える身であったが、後醍醐天皇が倒幕の反乱を起こしたさいに北条家を裏切って朝廷側につき、鎌倉幕府を崩壊させる原因をつくった。しかし、後に朝廷側とも折り合いが悪くなり、後醍醐天皇を見限って別の皇統の帝を擁し、強引に幕府を建ててしまうという、史実だけをとってみてもけっして好感のもてる人物とは言い難いところがあるのだが、本書において著者は、足利高氏という人物を、臆病で小心者であるにもかかわらず源氏を代表する者というプライドだけはやたらに高い――言いかえれば、自分こそが幕府の頂点に立つにふさわしいという、狂信的とも言える信念の持ち主という肉付けを与えることによって、虚構の世界でも例を見ないような悪党として君臨することになった。

 源氏に連なる将軍でありながら、およそ合戦においてただの一度として自身が前線に立って戦うことなく、弟の直義にばかり危険な役どころを押しつける。すでに心の中で謀反の結論を出しているにもかかわらず、自分の口からはけっしてその意思表示をすることなく、周囲の意見に押されてしぶしぶ決定をする、というまわりくどいやり方を通さなければ動こうとしない。自分の都合で後醍醐天皇の子どもを暗殺しておきながら、自分が朝敵として世間から非難されることは極端に嫌がる――この極端なまでに「いいかっこしい」な足利高氏を描いた本書は、歴史小説というよりも、むしろ政治家や著名人の悪事を暴き立てるドキュメンタリー小説に似た雰囲気をもっていると言える。

 そして、もしそうであるなら、本書のタイトルが『足利高氏』である理由も明白だろう。足利高氏の「高」は、そもそも幕府の将軍だった北条高時の一字をもらったものであり、後に「尊氏」と名前を変えたのは、後醍醐天皇の名前「尊治」の一字をもらったものだとされている。たとえどう体面を繕い、歴史を自分の都合の良いように改竄したとしても、彼が自分の利益と体面維持のためには親兄弟をも切り捨て、神や仏さえ欺いてみせるという傲慢不遜な人間であることを高らかと宣言するためには、彼は「足利尊氏」ではなく「足利高氏」、つまり、幕府に忠誠を誓った身であり、その寵愛を受けておきながら、それを裏切ったことをもっとも端的に示す名前でなければならなかったのだ。

 後醍醐天皇の反乱のさいに、日本中の武士を敵にまわして最初に朝廷側につき、最期までその忠義を貫き通した楠木正成、足利家と同じく清和源氏の嫡流でありながら、足利家のように時の権力に媚びへつらうことなく、孤高を保ってきた新田義貞など、人として好感のもてる者たちのあいだにあって、足利高氏の悪党ぶりは、いやがうえでも目立つ。そして同時に、私たちは彼をはじめとして私利私欲のために奔走する道義心なき武士たちの姿に、どこか現代の政財界を牛耳っている、どこか胡散臭い権力者たちの姿を見出すことになる。彼らのあいだに共通するのは、言動不一致、つまり、彼らの発する言葉がまったくの空虚であり、何の重みも責任も感じられない、というひとつの事実なのである。

 ひとつの国にふたりの天皇が存在するという、ある意味異常な時代を考えるのに、あるひとりの人間の、エリートゆえの自尊心を考慮に入れるというのは、じつによくありがちなことだと思ってしまうのは、ある意味とても悲しいことだと言わなければなるまい。なぜなら、それは今の世の中が、まさに口から発する言葉に何の重みもない、言動不一致がまかりとおり時代であること――ようするに、当時も今も、少なくとも人間のあさましい心という意味では、なにひとつ変わっていないということであるからである。(2003.09.25)

ホームへ