【集英社】
『パワー系181』

墨谷渉著 
第31回すばる文学賞受賞作 



 たとえば、誰かに一目惚れしたときに、その理由について――なぜ相手に惚れたのか、相手のどんなところに惚れたのか、といったことを、いちいち言葉で定義することが無粋であるとするなら、同じようなことがフェティシズムについてもあてはまると言える。「フェティシズム」などと書いてしまうと、どこかアブノーマルな印象をもたれるかもしれないが、たとえばあるスポーツを観戦していて心震えるような感動を覚える、何かをコレクションすることに執着するといったことも、ある種のフェティシズムだと言えなくもない。たいていの人にとっては興味の対象にすらならないような事柄に、性的興奮だか強い感動だかいった感情の高ぶりを覚えるということ――それは、けっして理詰めで説明できるようなものではないし、またそんなことをしてしまったら、その感情はもう当人の思っているものとはまったく別の何かにすりかわってしまう。

 人間の感情というものは、けっして論理的なものではないし、またそうであるからこそやっかいなものでもある。人によって、あるいは状況や時間によって刻一刻と変化してけっして定まることもなく、また万人に共通する単位すら存在せず、それゆえに比較対照することさえ不可能な、このうえなく曖昧なもの、それが人間のいだく感情であるとするなら、どうして私たちはときに、そんなあやふやな感情を重要視し、あまつさえその感情に振り回されて愚かな振る舞いをしでかさなければならないのだろうか、とふと考えることがあったとしても、けっしておかしなことではない。

 今回紹介する本書『パワー系181』を一言で評するなら、フェティシズムの小説、ということになる。たとえば本書の主人公と言えるある女性は、「リカ」というハンドルネームでホームページを立ち上げ、連絡してきた男性と個室で会ってお金を貰うという商売をはじめた。それはどう考えても風俗以外のなにものでもないように思えるのだが、身長180センチ以上の、可愛らしさよりは威圧感をたたえた、筋骨隆々の体をしているリカは、相手の性欲を満足させるためのサービスはいっさいおこなわない。どころか、彼女は男を相手にスリーパーホールドを決め、失神させることに異様な執着心を燃やし、そのモチベーションで日々筋力トレーニングをしているような女性なのだが、友人の葉子とのメールのやりとりのなかでこそ「金払わせてイヤラシー男を懲らしめるのだ!」とか言っているものの、じっさいに個室の中で客をそんな目にあわせているわけでもない。

 リカのやっていることは、きわめて変則的なものでありながら、自分の身体を売り物にしている、ということになる。ただし、そこに性的な絡みはいっさいない。そうである以上、客として想定されるのは、彼女がもつ鍛え上げられた肉体そのものに興味をもつ、ある種のマニアに限られてくる。じっさい、リカの客として登場したのは、大柄な人の身体のあちこちを測定することに意欲を注ぐ測量男や、リカに本気の張り手を求める者、リカに自分の服を着せようとする者など、きわめてマニアックなフェティシズムをもつ男たちであり、そういう意味で本書を「フェティシズムの小説」と定義したわけだが、たとえば本書におけるもうひとつの主観として登場する瀬川という男が、自身の160センチ足らずの身長に対するコンプレックスから、自分の体を鍛えているという設定を合わせて考えたとき、本来であればより苛酷な環境への対応――強い敵を打ち倒すという生存のための肉体鍛錬が、まったく別の目的のために浪費されているという、人間社会がかかえこんでいる不自然な状況が浮かび上がってくることになる。

 どこの誰だか知らない、酒気を帯びた変態の中年をボロ人形のように扱って嬲りまわし、生殺しにして楽しんでいる。自分のほうが変態なのだろうか。いやそもそも変態って何なんだろうか。

 本書には表題作のほかに、『外伝――測量男の手記』という作品も収録されており、これは表題作でリカの体のあちこちを測った測量男のことを書いた作品であるが、ここにおいてもなぜ彼が自分や他人の体を測定し、数値としての記録をとることに執着するのか、その理由が語られることはない。そして彼にしろリカにしろ、多分にフェティシズム的な性癖をもってはいるものの、そのこと自身についてはとくに深く悩んでいるふうでもなく、あくまで個人の趣味として、あるいはちょっとしたビジネスとして割り切ったうえで、それぞれの性癖を満たすために――しかし決定的な犯罪行為へとエスカレートすることなく、うまく社会となじんで生きているのに対し、『パワー系181』の瀬川が、勤め先の社員だった若い女性への未練をひきずったあげく、なかば暴走するような行為にいたってしまうのをまのあたりにしたとき、はたしてリカと瀬川、あるいは測量男と瀬川の、どちらが変態なのか、という疑問が生じてくる。

「――なんていうのか、私はそういう感情を一切持ちたくない。持ちたいのはたとえば数値ではっきりと判明した、最悪でも眼で見てしっかり確認できる口惜しさや悲しみや劣等感ですね」

 測量男の身体数値データにしろ、リカの肉体鍛錬にしろ、人間社会においてどうしても必要なわけではない。だが、もしそうであるなら、たとえば異性への恋愛感情とか、嗜好品への所有欲とかいったものも、人間が本来生きていくために必要不可欠なものというわけではない。おそらく、人間が動物として生きていくのに本当に必要なものは、さほど多くはないはずであり、私たちがいだいてしまう欲望の大部分は、人間が人間だけの社会を築き、そのなかで生きていくようになったがゆえのものだと言える。いや、たとえば肉体の鍛錬などは最低限のものは必要かもしれないのだが、大人の男をスリーパーホールドで気絶させるための肉体が、今の社会で必要だとは思えない。そんなふうに考えたとき、人間社会を構成する要素というのは、多分に変態的なものを含んでいるのではないか、とさえ思えてしまうのは、はたして私だけだろうか。

 本書のタイトルにある「181」という数字は、リカの身長である181.6cmから来たものだ。性的サービスのない、格闘系の筋肉をもつ個人のクラブ、ということで、自分のやろうとしていることを説明しようとさんざん悩んだあげく、「パワー系個人クラブ・リカのお部屋」と名づけた彼女のビジネスは、あるいは人間社会が必然的にかかえてしまったひずみを映し出す、名づけようのない何かを象徴しているのかもしれない。(2010.03.04)

ホームへ