【彩図社】
『おもろいやっちゃ!(四発目)』

真田秀逸著 



〔成分・分量〕1冊中 1冊:217g
知的ユーモア分・・・・・・・44g
バカユーモア分・・・・・・・36g
ブラックユーモア分・・・・・2g
ミステリー分・・・・・・・・27g
歴史読み物分・・・・・・・・19g
萌え分・・・・・・・・・・・13g
SF分・・・・・・・・・・・29g
ファンタジー分・・・・・・・9g
教養分・・・・・・・・・・・7g
オヤジ分・・・・・・・・・・30g
エロ分・・・・・・・・・・・1g以下

〔効能〕
右脳への刺激によるめくるめく酩酊状態、リラックス、笑いの喚起、鈍った感性の修復。
また副効果として人間関係の改善、家庭円満、食欲増進、血行促進、交通安全、合格祈願、火災予防などの作用が確認されている。

〔用法・用量〕
毎日忙しくてウンザリしているとき、人生に疲れたとき、不快な出来事に遭遇してキレそうなとき、空いた時間に適量をお読みください。
用量は問いません。一気読みするもよし、適当に開いたところを読むもよし。

〔注意〕
本書は医薬品ではありません。上述した用法・用量はあくまで目安にすぎませんので、これを守って正しくお使いいただく必要はありませんが、自身の読書レベルをよく把握されたうえで、それに応じた服用を持ち前の感性で判断するようにしてください。
本書の舞台は近未来ですが、べつに純粋なSFというわけではありません。クローン技術や次々々々世代携帯電話の話が出てきますが、それらを鵜呑みにされて何らかのトラブルが生じても、当方ではいっさい責任は負いません。
本書では一部犯罪を奨励するような表現がふくまれておりますが、当然のことながら本書がフィクションであることをご了承ください。そもそもそんなことを言ってしまったら、この世のあらゆるサスペンスやミステリーが規制の対象となってしまいます。
また、完全犯罪を頭の中で成し遂げようと努力しても、それがダイエットにつながるという保障はありません。
パスワードはこまめに変更するほうが良いに決まっていますが、万が一のため、本書と同じパスワードをつけるのは避けましょう。というか、大半は長すぎて制限にひっかかると思います。ただし、本書が打ち出したやり方でやってみるのは、悪くない考えかもしれません。
本書が打ち立てている歴史考証は、説得力のあるものではありますが、その信憑性は隆慶一郎の『影武者徳川家康』程度のものとご理解ください。
本書の読みどころは、なにより「なんでそうなるねん!」的発想の飛躍具合にこそあります。あまりに現実的な感覚で本書を服用しますと、その効果が半減する可能性がありますのでご注意ください。

ホームへ