【中央公論新社】
『イーハトーブの幽霊』

内田康夫著 



 一介のルポライターでしかない人物が、取材先でたまたまおこった殺人事件に首を突っ込み、持ち前の推理力で事件を解決していく。「あなた、いったい何者なんですか」「ただのしがないルポライターですよ」。そのくせ、警察の上層部に顔が利いたりする……なんだかこの展開、『水戸黄門』のストーリー展開にそっくりだ。著者はきっと『水戸黄門』のような作品が好きに違いない。

 本書『イーハトーブの幽霊』は、著者お得意の旅情ミステリー小説のひとつだ。タイトルからもわかるように、舞台は岩手県花巻市、宮沢賢治ゆかりのこの地で花巻祭りの取材をしていたルポライター浅見は、その祭りの最中におこった殺人事件の事情聴取を受けたのをきっかけに、持ち前の好奇心とおせっかい心から、事件に首を突っ込んでいく。彼を事情聴取した小林刑事は、はじめこそ捜査の邪魔にしかならないと煙たがっていたが、なぜか警視から浅見の協力をあおぐように指示され、戸惑いながらも彼を援護することになる。しかし、ここから浅見は警察顔負けの推理力と行動力を発揮し、行き詰まっていた捜査に少しずつ穴を開けていく。

 こういった旅情ミステリーは、犯人が誰でその目的が何なのか、という謎解きも重要だが、それ以上に旅先の風情をいかにして読者に伝えるか、という点も重要視される。風流山車を中心に描かれる花巻祭りの前後で、人々の心がしだいに高揚していく様子はもちろん、岩手の歴史や観光名所、そして宮沢賢治の著書に関する知見など、参考資料としてももりだくさんな内容で、旅行好きの人にはたまらない作品ではないだろうか。また、妙に押しの強い浅見になかば振りまわされながらも、しだいに浅見に一目を置くようになる小林刑事の人物像もほほえましい。連続殺人という痛ましい事件を扱っていながらも、けっして凄惨なイメージはなく、むしろ東北の風情をそのままストーリーにとり込んだような仕上がりとなっている。

 最近、刑事が活躍する作品ばかり読んでいたからか、刑事以外の人間が活躍するミステリー小説『イーハトーブの幽霊』は、けっこう新鮮に読むことができたのだが、よくよく考えてみると、この手の作品は昔から数多く存在する。私はミステリーを積極的に読むほうではないので最近のことは知らないが、無能で石頭の警察を尻目に、柔軟な思考と鋭い洞察力をもつ一般市民が難事件を推理していく、というストーリーは、やはり人々に受け入れられやすいのではないだろうか。そしてそれは、前述の『水戸黄門』にも共通するところである。そういった「ウケる要素」をすべて計算に入れたうえで、あえてこの作品を書いたのだとすれば、著者もまた相当の切れ者だと言うべきだろう。(1999.02.17)

ホームへ