【小学館】
『下町ロケット』

池井戸潤著 



 プライドとは何かということを考えるとき、私が思い浮かべるのは「権威」と「権威主義」の違いである。権威というのは本来、その持ち主がことさら主張するまでもなく自然とにじみ出てくるものであり、それを周囲の人たちが感じ取ることではじめて成立するものでもある。これに対して権威主義は、権威によって生じる効果を第一とする。それゆえに、権威主義者というのは本来的な意味での権威を備えていない者が、あたかもそれを持っているかのごとく振舞うことを指す。そしてそれは、間違いなく良くないイデオロギーだ。

 プライドというものは、ときに人を意固地にさせるやっかいなものである。より大きな利益を得られるような場合であっても、プライドが邪魔をしてみすみすチャンスをふいにしたり、思わぬ苦境に陥ってしまったりもする。もし人間が、純粋に功利主義にのみもとづいて行動できるのであれば、プライドはただ邪魔なだけでしかない。だが、そんなふうにすべての事柄を割り切れないのが人間という生き物でもある。今回紹介する本書『下町ロケット』は、人間を縛るプライドというものの本質を考えるのに有効な作品だと言うことができる。

「カネの問題じゃない」
 佃は断言した。「これはエンジン・メーカーとしての、夢とプライドの問題だ」

 本書に登場する佃航平は佃製作所の取締役社長、精密機械製造業を生業とする小さな町工場ではあるものの、かつては宇宙科学開発機構の研究員としてロケットエンジン開発に取り組んでいたという経歴をもつ彼が父親から今の会社を引き継いださいに、エンジンやその周辺デバイスの製造へと方向転換し、結果として会社の売上を大きく伸ばすことに成功していた。だが、そんな佃製作所は今、かつてないほどの危機に瀕していた。主要取引先だった大手機械メーカーからの一方的な契約打ち切りの通知と、ライバル企業であるナカシマ工業からの、言いがかりにも等しい損害賠償請求の裁判沙汰――取引のあった銀行からの融資もあてにできなくなった佃製作所は、このままでは一年もしないうちに倒産するしかない状況に追い込まれていた……。

 月々の資金繰りをはじめ、さまざまな点で冷遇されている場末の弱小会社にスポットを当てているという点では、前回紹介した同著者の『空飛ぶタイヤ』と同じ構造をもつ作品ではあるが、本書に関しては善玉と悪玉の区別が比較的はっきりしているという特徴がある。そういう意味では、たとえば事件の真相を追究するといったミステリーとしての要素は薄いのだが、その代わりとして本書のテーマとして取り上げているのが、この書評の枕でも挙げた「プライド」という命題である。そしてこの命題を説明するためには、佃航平という人物の心境とその変化について触れる必要がある。

 今でこそ町工場の社長であるが、かつて彼はロケット工学を学び、ロケットエンジンの開発に心血を注いできた研究畑の人間だった。そんな彼が研究職を捨て、佃製作所の社長を継いだのは、それが父親の意向だったからというよりは、何かからの「逃げ」という意味合いが強い。本書のプロローグの部分でも書かれているが、彼はかつて、自身が開発した大型水素エンジンを搭載したロケットが打ち上げに失敗するという経験をしている。何十億円という資金が投入されるロケット打ち上げの無残な失敗、そしてその後の人間関係のごたごたは、彼のプライドを打ち砕くのに充分なものがあったであろうことは想像に難くない。だが、そのいっぽうで佃は、今の会社で水素エンジンのバルブ部分の製作に多くの費用をつぎ込んでいる。

 佃製作所はいまやエンジン・メーカーである。そういう意味で、水素エンジンのバルブ製作というのも仕事のひとつと言えなくはないが、先のロケット打ち上げの失敗以降、実用化のめども立っていない水素エンジンの部品開発は、会社の利益を度外視したものでもある。会社の社長ではあるが、一企業の経営者になりきれない男――それが佃航平というキャラクターであり、大口顧客の撤退や訴訟沙汰、銀行の貸し渋りや、日本を代表する大手企業である帝国重工の特許買収の申し出など、佃製作所をおおいに揺さぶる逆境の連続は、そのまま佃自身の心の揺さぶりを投影するイベントにもなっている。

 金の問題だけで割り切れるほど、単純な話ではなかった。この特許を開発するために、佃と山崎が中心になってどれだけ必死に研究を重ねてきたか。新しい技術への拘り、情熱。特許はその結晶だ。

 ここで言うところの「特許」とは、水素エンジンのキー・デバイスであるバルブシステムに他ならない。そしてその特許取得にタッチの差で間に合わなかった帝国重工にとって、佃製作所の特許は何としても手に入れたいものとなっている。そしてそこには当然のことながら、帝国重工としてのプライドがある。そう、言うなれば本書は、それぞれの「プライド」がぶつかりあう物語なのだ。そしてそのなかで、佃航平は自分が何から逃げていたのか、そして自分が本当にやるべきことが何なのかについて、あらためて見据えることになる。

 本書に登場する人たちは、良くも悪くも「プライドが高い」者たちが多い。じっさい、物語のなかには何度も「プライド」という言葉が使われている。そしてその「プライド」が、さながら「権威主義」のごとくねじ曲がってしまった人たちの言動が、佃製作所の「敵」として書かれているところがある。だが、言うまでもなく佃航平や彼の会社の従業員にも同じようなプライドはある。ではそこにどのような違いがあるのかを考えたときに、そもそも彼らのもつプライドが、どこから生じているのかが問題となってくる。具体的に言うなら、そのプライドが自分という存在のたしかな血肉となった部分から来ているのか、あるいは属している組織の権威的なものから来ているのかの違いだ。

 父の会社を継いで経営者となった佃は、研究者時代のように夢を追いつづければいいという立場にはない。だが同時に、ただ金儲けができればいいという企業的な考え方に、どうしてもなじめないものを感じてもいる。それゆえに、一時期は会社の営業職の者たちとの確執が深まったりもするのだが、そんな佃の思い――金儲けだけがすべてではないという思いは、意外と今という時代を生きる私たちが、心のどこかで求めてきたものではないかという直感がある。本書に深く感銘するものがあるとすれば、まさにその点にこそある。

 大企業にしてみれば「吹けば飛ぶような」町工場にすぎないところが、世界でも類を見ない高い技術力を有し、大企業を相手に一歩も引かない意地とプライドを見せつける――大きな逆境を乗り越えて、なお夢の実現のために奮闘をつづける佃たちの活躍を、ぜひ楽しんでもらいたい。(2013.08.02)

ホームへ