【徳間書店】
『ドリームバスター』

宮部みゆき著 



 人は誰でもひとつやふたつ、他人には触れてほしくないトラウマを心の内に抱えこんでいたりするものだ。トラウマ――心的外傷というと、それが原因で情緒が不安定になったり、自分に自信が持てなくなったりして、時には日常生活にも支障をきたすようになる精神的障害のひとつとして、おもに臨床心理学や精神分析学の分野でもちいられる言葉であるが、私たちの人生は、程度の差こそあれ、ともすると深刻なトラウマになりかねない大なり小なりのストレスにさらされて生きているようなものであり、それがトラウマとなってその人の心にわだかまっていたとしても、けっして不思議なことではないと言える。体が健康で、意志を強く保つことができるあいだは問題ないだろう。だが、ちょっとしたきっかけで心身が弱ってきたとき、そうしたトラウマがその人の感情面に大きな影響をおよぼすことがないと、いったい誰に言えるだろう。

 あなたの悪夢を退治します!――この帯の文句だけで、本書『ドリームバスター』の性質をとらえてしまうのは、厳密には正しくない。まず、DB(ドリームバスター)と呼ばれる人たちは、べつに悪夢に悩まされている人から依頼を受けて仕事をしているわけではない。そういう意味では、たとえば筒井康隆の『パプリカ』に登場する「夢探偵」のような立場の人間ではない、ということだ。また、DBたちが退治するのは、夢をみている人(DBたちがD・P――ドリーミング・パーソンと呼ぶ人)の悪夢ではない。D.Pが悪夢をみているのはたしかであるが、それは言わば副産物のようなものだ。DBが人の夢の中にまでアクセスし、退治しようとしているもの――それは、ある事故によって意識と人格だけの存在と化し、私たちの世界に解き放たれてしまった50人の凶悪犯たちであり、「ドリームバスター」とは、そんな彼らの首にかけられた賞金を目当てに、私たちの知る世界とはまったく異なる位相に存在する別世界からやってきた、命知らずなならず者、言うなれば賞金稼ぎたちの総称なのである。

 物語の中で登場するDBは、まだ幼さの残る少年でありながら、どこか小生意気で妙に大人ぶった雰囲気を漂わせるシェンと、その師匠であり、相当な年齢を重ねていながらも筋骨隆々の体つきを維持している、はげ頭のマエストロのコンビだ。本来ならば、けっして交わることのないはずのふたつの世界をつなげてしまった「穴」を生み出す原因となった「ナイトメア・プロジェクト」や、その試作機「ビッグ・オールド・ワン」の暴走といったSFチックな設定、また、人の夢の中にジャック・インし、その夢の中で凶悪犯の意識体と対決するというファンタジー的な展開は、間違いなくこれまでの著作にはない路線ではあるが、本書が他のSFやファンタジーと大きく異なっているのは、主役たるシェンやマエストロといった人物の活躍する場が、私たちの世界においては人の夢のなかに限定されている、という一点であり、その特長が、およそSFやファンタジーなど読んだことのないような読者にも、すんなりと物語の世界へと感情移入させる要因のひとつとして機能しているのは間違いないだろう。

 シェンやマエストロは、異なる位相の世界に生きる人間である。だが、彼らはけっして私たちの生きる世界に降り立ち、直接その世界に干渉することはない。彼らにとってのD・Pとなる私たちの視点で見るなら、彼らと会うことができるのは自分の夢の中だけであり、そして夢の中、という前提があればこそ、どんな荒唐無稽な出来事も、あくまで私たちの「常識」の範囲内である、という意識が生まれてくる。さらに言うなら、私たちの体を乗っ取ろうとしている逃亡犯の意識体も、DBが駆けつけた時点では、まだ私たちの現実世界になんら影響をおよぼさない状態にある。ただ、彼らによって体を奪われてしまうと、彼らの意志のおもむくままに犯罪行為を繰り返す、という意味で、現実世界への干渉がはじまってしまう。異世界の存在、そして異世界の住人がもうひとつの世界へとおもむく、というシチュエーションは、その分野であればけっして目新しいものではないが、DBたちは言うなれば、私たちの世界に干渉しないようにするためにこそ行動をおこしている、ということになる。

 そうなると、物語は必然的に、凶悪犯を心の内に導いてしまった人間個人の問題へと帰結することになる。それまでミステリーというジャンルの作品を中心に書いてきた著者の、初の試みといえる異世界ファンタジーという要素ばかりが取り上げられがちな本書であるが、じつは私たち人間が抱えずにはいられない心の弱さと、その弱さと立ち向かい、克服していくという、極めてリアリティのある現実の人間を扱った作品だという意味で、本書もまた著者の一貫したテーマの中にある、と言うことができる。シェンやマエストロが、自分たちだけ力ではけっして凶悪犯を捕獲することができず、D・Pたる人間に、対決の鍵となる記憶を思い出すよう協力を求める点など、まさに良い例だろう。

 頭のなかを整理し、懸命に心を鎮めて、ようやく伸吾は自分の言葉で事態を把握した。
 つまり――これは、狙いをつけられた不運なD・Pが、自身の内側に発見した傷心と闘えるかどうかの勝負なのだ。

 当然のことながら、本書はたんなる異世界ファンタジーとして読んでもまったく問題はない。今もなお逃亡をつづけている凶悪犯のひとりであるという母親を追っているシェンの、けっして幸福だったとは言えない過去や、「新連邦政府」が躍起になって掴みたがっている「プロジェクト・ナイトメア」に関する情報、またドリームバスターへの過激な反対運動を展開するグループの存在など、物語はまだまだこれからが本番、というところなのだ。おそらく今後、何作かつづくことになるであろう本シリーズの、異世界ファンタジーという名の壮大なミステリーに、ますます期待がもてそうである。(2003.05.21)

ホームへ