八 方 美 人 な 書 評

著者別リスト(日本)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  やらわ行  その他  海外の作家

あ  行

愛川晶 『道具屋殺人事件』(原書房)
『カレーライスは知っていた』(光文社)
相沢沙呼 『午前零時のサンドリヨン』(東京創元社)
相田みつを 『いまから ここから』(ダイヤモンド社)
会津泰成 『天使がくれた戦う心(チャイ)』(情報センター出版局)
青木淳悟 『私のいない高校』(講談社)
『このあいだ東京でね』(新潮社)
『四十日と四十夜のメルヘン』(新潮社)
青崎有吾 『体育館の殺人』(東京創元社)
碧野圭 『雪白の月』(実業之日本社)
『ブックストア・ウォーズ』(新潮社)
青山七恵 『ひとり日和』(河出書房新社)
赤川次郎 『ふたり』(新潮社)
赤坂真理 『東京プリズン』(河出書房新社)
『ヴァイブレータ』(講談社)
『蝶の皮膚の下』(河出書房新社)
阿川佐和子 『正義のセ』(角川書店)
阿川弘之 『山本五十六』(新潮社)
秋元松代 『かさぶた式部考/常陸坊海尊』(講談社)
碧海純一 『法と社会』(中央公論新社)
朝井リョウ 『桐島、部活やめるってよ』(集英社)
朝倉かすみ 『田村はまだか』(光文社)
『タイム屋文庫』(マガジンハウス)
浅倉卓弥 『四日間の奇蹟』(宝島社)
浅暮三文 『石の中の蜘蛛』(集英社)
『ダブ(エ)ストン街道』(講談社)
浅田次郎 『蒼穹の昴』(講談社)
『民子』(角川書店)
『霞町物語』(講談社)
『プリズンホテル』(徳間書店)
阿佐田哲也 『新麻雀放浪記』(文藝春秋)
朝吹真理子 『きことわ』(新潮社)
芦原すなお 『東京シック・ブルース』(集英社)
飛鳥井千砂 『学校のセンセイ』(ポプラ社)
飛鳥部勝則 『堕天使拷問刑』(早川書房)
『殉教カテリナ車輪』(東京創元社)
東直己 『古傷』(光文社)
麻生俊平 『ザンヤルマの剣士』(富士見書房)
『ミュートスノート戦記』(富士見書房)
安達千夏 『あなたがほしい』(集英社)
阿智太郎 『僕の血を吸わないで』(メディアワークス)
阿刀田高 『まじめ半分』(角川書店)
『冷蔵庫より愛をこめて』(講談社)
『幻の船』(角川書店)
我孫子武丸 『殺戮にいたる病』(講談社)
阿部和重 『ミステリアスセッティング』(朝日新聞社)
『シンセミア』(朝日新聞社)
『公爵夫人邸の午後のパーティー』(講談社)
『インディヴィジュアル・プロジェクション』(新潮社)
天野純希 『桃山ビート・トライブ』(集英社)
天埜裕文 『灰色猫のフィルム』(集英社)
雨森零 『首飾り』(河出書房新社)
『月の裏まで走っていけた』(河出書房新社)
彩坂美月 『夏の王国で目覚めない』(早川書房)
綾辻行人 『時計館の殺人』(講談社)
『十角館の殺人』(講談社)
『殺人鬼』(新潮社)
鮎川哲也 『黒いトランク』(東京創元社)
新井素子 『チグリスとユーフラテス』(集英社)
荒川洋治 『黙読の山』(みすず書房)
荒木源 『骨ん中』(小学館)
荒山徹 『十兵衛両断』(新潮社)
『高麗秘帖』(祥伝社)
有川浩 『シアター!』(メディアワークス)
『図書館戦争』(メディアワークス)
有沢創司 『ガイアの季節』(新潮社)
有栖川有栖 『スイス時計の謎』(講談社)
有吉佐和子 『悪女について』(新潮社)
泡坂妻夫 『生者と死者』(新潮社)
『乱れからくり』(東京創元社)
飯田譲治
   梓河人
『アナザヘヴン』(角川書店)
飯嶋和一 『雷電本紀』(小学館)
『始祖鳥記』(小学館)
五十嵐貴久 『誘拐』(双葉社)
池井戸潤 『下町ロケット』(小学館)
『空飛ぶタイヤ』(実業之日本社)
池上永一 『テンペスト』(角川書店)
『シャングリ・ラ』(角川書店)
『ぼくのキャノン』(文藝春秋)
『復活、へび女』(実業之日本社)
『バガージマヌパナス』(文藝春秋)
池上公介 『不登校・引きこもりから奇跡の大逆転』(角川書店)
池澤夏樹 『やがてヒトに与えられた時が満ちて……』(河出書房新社)
『キップをなくして』(角川書店)
『南の島のティオ』(文藝春秋)
『スティル・ライフ』(中央公論新社)
『タマリンドの木』(文藝春秋)
池田有里 『ボクはハコネコ』(ICI)
池田清彦 『正しく生きるとはどういうことか』(新潮社)
池田久輝 『晩夏光』(角川春樹事務所)
池永陽 『コンビニ・ララバイ』(集英社)
『走るジイサン』(集英社)
池波正太郎 『剣客商売』(新潮社)
『江戸の暗黒街』(新潮社)
伊坂幸太郎 『重力ピエロ』(新潮社)
『ゴールデンスランバー』(新潮社)
『終末のフール』(集英社)
『魔王』(講談社)
『ラッシュライフ』(新潮社)
『チルドレン』(講談社)
『オーデュボンの祈り』(新潮社)
井沢元彦 『「言霊の国」解体新書』(小学館)
いしいしんじ 『ぶらんこ乗り』(新潮社)
『麦ふみクーツェ』(理論社)
石川拓治 『奇跡のリンゴ』(幻冬舎)
石川達三 『人間の壁』(新潮社)
石田衣良 『少年計数機−池袋ウエストゲートパーク2』(文藝春秋)
『池袋ウエストゲートパーク』(文藝春秋)
磯田道史 『武士の家計簿』(新潮社)
石原慎太郎 『太陽の季節』(新潮社)
石原吉郎 『望郷と海』(筑摩書房)
石持浅海 『BG、あるいは死せるカイニス』(東京創元社)
『この国。』(原書房)
泉和良 『エレGY』(講談社)
泉流星 『地球生まれの異星人』(花風社)
井田真木子 『かくしてバンドは鳴りやまず』(リトル・モア)
市川拓司 『そのときは彼によろしく』(小学館)
市川哲也 『名探偵の証明』(東京創元社)
一木壽一 『山ながし』(文芸社)
一條浩司 『人生とは何か −21世紀の人生設計術−』(叢文社)
一橋文哉 『オウム帝国の正体』(新潮社)
伊藤計劃 『虐殺器官』(早川書房)
伊藤計劃・円城塔 『死者の帝国』(河出書房新社)
いとうせいこう 『想像ラジオ』(河出書房新社)
伊藤馨太郎 『あの空に届いた約束』(富士見書房)
伊藤たかみ 『フラミンゴの家』(文藝春秋)
『リセット・ボタン』(幻冬舎)
伊藤比呂美 『とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起』(講談社)
いとうやまね 『ワールドカップで国歌斉唱!』(ベースボールマガジン社)
伊藤遊 『鬼の橋』(福音館書店)
絲山秋子 『逃亡くそたわけ』(中央公論新社)
『袋小路の男』(講談社)
『海の仙人』(新潮社)
稲葉真弓 『エンドレス・ワルツ』(河出書房新社)
戌井昭人 『まずいスープ』(新潮社)
乾くるみ 『イニシエーション・ラブ』(原書房)
乾ルカ 『蜜姫村』(角川春樹事務所)
『ばくりや』(文藝春秋)
狗飼恭子 『雪を待つ八月』(幻冬舎)
井上章一 『パンツが見える。−羞恥心の現代史−』(朝日新聞社)
井上剛 『マーブル騒動記』(徳間書店)
井上ひさし 『吉里吉里人』(新潮社)
『馬喰八十八伝』(朝日新聞社)
井上靖 『天平の甍』(新潮社)
井上祐美子 『桃夭記』(講談社)
井上夢人 『パワー・オフ』(集英社)
猪瀬直樹 『ペルソナ 三島由紀夫伝』(文藝春秋)
井伏洋介 『月曜の朝、ぼくたちは』(幻冬舎)
井村恭一 『ベイスボイル・ブック』(新潮社)
入間人間 『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』(メディアワークス)
岩井志麻子 『ぼっけえ、きょうてえ』(角川書店)
岩井俊二 『ウォーレスの人魚』(角川書店)
岩城けい 『さようなら、オレンジ』(筑摩書房)
岩本隆雄 『星虫』(朝日ソノラマ)
上田早苗 『骨太の子育て』(すばる舎)
上田早夕里 『華竜の宮』(早川書房)
『魚舟・獣舟』(光文社)
『ゼウスの檻』(角川春樹事務所)
上橋菜穂子 『神の守り人』(偕成社)
『虚空の旅人/蒼路の旅人』(偕成社)
『夢の守り人』(偕成社)
『闇の守り人』(偕成社)
『精霊の守り人』(偕成社)
上村くにこ 『失恋という幸福』(人文書院)
薄井ゆうじ 『くじらの降る森』(講談社)
『青の時間』(文藝春秋)
『ドードー鳥の飼育』(集英社)
歌野晶午 『密室殺人ゲーム王手飛車取り』(講談社)
『葉桜の季節に君を想うということ』(文藝春秋)
打海文三 『裸者と裸者』(角川書店)
内田春菊 『ファザーファッカー』(文藝春秋)
内田樹 『こんな日本でよかったね』(文藝春秋)
内田康夫 『イーハトーブの幽霊』(中央公論新社)
宇月原晴明 『黎明に叛くもの』(中央公論新社)
宇根元由紀 『サーカス放浪記』(岩波書店)
冲方丁 『天地明察』(角川書店)
『マルドゥック・ヴェロシティ』(早川書房)
『マルドゥック・スクランブル』(早川書房)
海野碧 『水上のパッサカリア』(光文社)
うみのしほ 『純にいちゃんの赤ちゃん』(国土社)
『おりづるの旅−さだこの祈りをのせて』(PHP研究所)
梅原克文 『カムナビ』(角川書店)
『二重螺旋の悪魔』(角川書店)
梅原猛 『湖の伝説―画家・三橋節子の愛と死―(新潮社)
浦賀和宏 『彼女のため生まれた』(幻冬舎)
『記憶の果て』(講談社)
江國香織 『ホテル カクタス』(集英社)
『冷静と情熱のあいだ−Rosso』(角川書店)
『神様のボート』(新潮社)
海老沢泰久 『監督』(文藝春秋)
円城塔 『後藤さんのこと』(円城塔著 早川書房)
『オブ・ザ・ベースボール』(文藝春秋)
円地文子 『食卓のない家』(新潮社)
遠藤周作 『わたしが・棄てた・女』(講談社)
『深い河』(講談社)
遠藤望森 『きちきち四世』(新風社)
大石圭 『処刑列車』(河出書房新社)
『履き忘れたもう片方の靴』(河出書房新社)
『死者の体温』(河出書房新社)
大江健三郎 『叫び声』(講談社)
『死者の奢り・飼育』(新潮社)
大鋸一正 『フレア』(河出書房新社)
大阪圭吉 『とむらい機関車』(東京創元社)
逢坂剛 『百舌の叫ぶ夜』(集英社)
大崎梢 『配達あかずきん』(東京創元社)
大崎善生 『聖の青春』(講談社)
『パイロットフィッシュ』(角川書店)
大沢在昌 『天使の牙』(角川書店)
大島真寿美 『ピエタ』(ポプラ社)
大田清隆 『夕焼けの彼方に』(文芸社)
大塚英志 『定本 物語消費論』(角川書店)
大塚将司 『謀略銀行』(角川書店)
大鶴義丹 『東京亜熱帯』(福武書店(現ベネッセ))
大野更紗 『困ってるひと』(ポプラ社)
大野晋 『日本語の年輪』(新潮社)
大野俊郎 『たびんちゅ』(山梨日日新聞社)
大原まり子 『エイリアン刑事』(朝日ソノラマ)
岡嶋二人 『クラインの壺』(新潮社)
『チョコレートゲーム』(講談社)
岡田利規 『わたしたちに許された特別な時間の終わり』(新潮社)
岡野宏文
   豊崎由美
『百年の誤読』(ぴあ)
小川一水 『第六大陸』(早川書房)
『復活の地』(早川書房)
小川糸 『食堂かたつむり』(ポプラ社)
小川勝己 『眩暈を愛して夢を見よ』(新潮社)
『葬列』(角川書店)
おがわゆきと 『リトル・レディ』(R.L.P)
小川洋子 『密やかな結晶』(講談社)
『博士の愛した数式』(新潮社)
『凍りついた香り』(幻冬舎)
『薬指の標本』(新潮社)
『妊娠カレンダー』(文藝春秋)
荻原規子 『白鳥異伝』(徳間書店)
『空色勾玉』(徳間書店)
荻原浩 『ハードボイルド・エッグ』(双葉社)
『僕たちの戦争』(双葉社)
『母恋旅烏』(小学館)
奥泉光 『グランド・ミステリー』(角川書店)
『『吾輩は猫である』殺人事件』(新潮社)
奥田英朗 『ガール』(講談社)
『イン・ザ・プール』(文藝春秋)
『サウスバウンド』(角川書店)
『最悪』(講談社)
小熊英二 『日本という国』(理論社)
屋宮久光 『南の島のたったひとりの会計士』(扶桑社)
尾崎真理子 『現代日本の小説』(筑摩書房)
長田弘 『本という不思議』(みすず書房)
小澤征良 『蒼いみち』(講談社)
小田雅久仁 『本にだって雄と雌があります』(新潮社)
小田部雄次 『華族家の女性たち』(小学館)
乙一 『さみしさの周波数』(角川書店)
『夏と花火と私の死体』(集英社)
乙川優三郎 『霧の橋』(講談社)
小野正嗣 『森のはずれで』(文藝春秋)
小野不由美 『月の影 影の海』(講談社)
『屍鬼』(新潮社)
小山歩 『戒』(新潮社)
小山田浩子 『工場』(新潮社)
恩田陸 『蛇行する川のほとり』(中央公論新社)
『夜のピクニック』(新潮社)
『上と外』(幻冬舎)
『puzzle』(祥伝社)
『三月は深き紅の淵を』(講談社)
『光の帝国−常野物語−』(集英社)
『球形の季節』(新潮社)

   

か  行

海堂尊 『夢見る黄金地球儀』(東京創元社)
加賀乙彦 『宣告』(新潮社)
垣根涼介 『君たちに明日はない』(新潮社)
『午前三時のルースター』(文藝春秋)
垣谷美雨 『リセット』(双葉社)
『竜巻ガール』(双葉社)
角田光代 『対岸の彼女』(文藝春秋)
『空中庭園』(文藝春秋)
『いつも旅のなか』(アクセス・パブリッシング)
『まどろむ夜のUFO』(講談社)
笠井潔 『哲学者の密室』(東京創元社)
『サマー・アポカリプス』(東京創元社)
『バイバイ、エンジェル』(東京創元社)
風真弘子 『コレ下さい!』(つげ書房新社)
風見潤(原作:楳図かずお) 『漂流教室』(角川書店)
梶尾真治 『波に座る男たち』(講談社)
『おもいでエマノン』(徳間書店)
『サラマンダー殲滅』(朝日ソノラマ)
柏倉浩造 『かくも永き片恋の物語』(未知谷)
鹿島田真希 『一人の哀しみは世界の終わりに匹敵する』(河出書房新社)
『白バラ四姉妹殺人事件』(新潮社)
『二匹』(河出書房新社)
粕谷知世 『アマゾニア』(中央公論新社)
『ひなのころ』(中央公論新社)
方波見大志 『削除ボーイズ0326』(ポプラ社)
桂木希 『ユグドラジルの覇者』(角川書店)
門井慶喜 『おさがしの本は』(光文社)
門田泰明 『黒豹伝説』(光文社)
上遠野浩平 『冥王と獣のダンス』(メディアワークス)
『ブギーポップは笑わない』(メディアワークス)
金井美恵子 『岸辺のない海』(日本文芸社)
金原ひとみ 『アッシュベイビー』(集英社)
金城一紀 『映画篇』(集英社)
『レヴォリューションNo.3』(講談社)
『GO』(講談社)
叶泉 『お稲荷さんが通る』(産業編集センター)
加納朋子 『てるてるあした』(幻冬舎)
『掌の中の小鳥』(東京創元社)
『いちばん初めにあった海』(角川書店)
『魔法飛行』(東京創元社)
『ななつのこ』(東京創元社)
『ガラスの麒麟』(講談社)
香納諒一 『梟の拳』(講談社)
神山裕右 『カタコンベ』(講談社)
加門七海 『くぐつ小町』(河出書房新社)
川上健一 『ららのいた夏』(集英社)
『翼はいつまでも』(集英社)
『雨鱒の川』(集英社)
川上弘美 『蛇を踏む』(文藝春秋)
『溺レる』(文藝春秋)
『いとしい』(幻冬舎)
『物語が、始まる』(中央公論社)
川上未映子 『ヘヴン』(講談社)
川西蘭 『パール』(トレヴィル)
川端裕人 『The S.O.U.P』(角川書店)
『夏のロケット』(文藝春秋)
川辺佳展 『街の本屋が「カア!」と啼く』(幻堂出版)
川又千秋 『水夢〜swim〜』(アスペクト)
川村元気 『世界から猫が消えたなら』(マガジンハウス)
神林長平 『宇宙探査機迷惑一番』(早川書房)
『言壷』(中央公論社)
木内昇 『茗荷谷の猫』(平凡社)
木地雅映子 『氷の海のガレオン/オルタ』(ジャイブ)
貴志祐介 『悪の教典』(文藝春秋)
『新世界より』(講談社)
『天使の囀り』(角川書店)
『青の炎』(角川書店)
『黒い家』(角川書店)
『十三番目の人格−ISOLA−』(角川書店)
岸本佐知子 『ねにもつタイプ』(筑摩書房)
北重人 『汐のなごり』(徳間書店)
北杜夫 『どくとるマンボウ航海記』(新潮社)
北方謙三 『三国志』(角川春樹事務所)
『眠りなき夜』(集英社)
『武王の門』(新潮社)
北川歩実 『金のゆりかご』(集英社)
北野勇作 『かめくん』(河出書房新社)
北林一光 『ファントム・ピークス』(角川書店)
北村薫 『リセット』(新潮社)
『朝霧』(東京創元社)
『六の宮の姫君』(東京創元社)
『秋の花』(東京創元社)
『夜の蝉』(東京創元社)
『空飛ぶ馬』(東京創元社)
『盤上の敵』(講談社)
北森鴻 『共犯マジック』(徳間書店)
『狐罠』(講談社)
『凶笑面』(新潮社)
『メイン・ディッシュ』(集英社)
北山猛邦 『「アリス・ミラー城」殺人事件』(講談社)
城戸光子 『青猫屋』(新潮社)
金石範 『万徳幽霊奇譚/詐欺師』(講談社文芸文庫)
木村晋介 『キムラ弁護士、ミステリーにケンカを売る』(筑摩書房)
機本伸司 『神様のパズル』(角川春樹事務所)
京極夏彦 『ルー=ガルー』(徳間書店)
『狂骨の夢』(講談社)
『豆腐小僧双六道中ふりだし』(講談社)
『魍魎の匣』(講談社)
『姑獲鳥の夏』(講談社)
『嗤う伊右衛門』(中央公論新社)
『どすこい(仮)』(集英社)
清野かほり 『スパイラル』(ポプラ社)
霧舎巧 『ドッペルゲンガー宮』(講談社)
『四月は霧の00(ラブラブ)密室』(講談社)
桐野夏生 『顔に降りかかる雨』(講談社)
『グロテスク』(文藝春秋)
『ファイアボール・ブルース』(文藝春秋)
『OUT』(講談社)
『柔らかな頬』(講談社)
桐生祐狩 『小説探偵GEDO』(早川書房)
銀色夏生 『ミタカくんと私』/『ひょうたんから空』(新潮社)
久坂部羊 『神の手』(幻冬舎)
草上仁 『文章探偵』(早川書房)
鯨統一郎 『邪馬台国はどこですか?』(東京創元社)
楠章子 『古道具ほんなら堂』(毎日新聞社)
久世光彦 『聖なる春』(新潮社)
『卑弥呼』(読売新聞社)
『早く昔になればいい』(新潮社)
窪隆裕 『宮内庁特務室』(牧歌舎)
窪美澄 『晴天の迷いクジラ』(新潮社)
『アニバーサリー』(新潮社)
久保寺健彦 『みなさん、さようなら』(幻冬舎)
熊谷達也 『調律師』(文藝春秋)
『漂泊の牙』(集英社)
雲井瑠璃 『瀬戸内を泳ぐ魚のように』(草思社)
倉橋由美子 『蛇・愛の陰画』(講談社)
『聖少女』(新潮社)
クラフト・エヴィング商會 『どこかにいってしまったものたち』(筑摩書房)
『クラウド・コレクター』(筑摩書房)
『すぐそこの遠い場所』(晶文社)
『ないもの、あります』(筑摩書房)
栗田有起 『ハミザベス』(集英社)
栗本薫 『絃の聖域』(講談社)
『メディア9』(角川春樹事務所)
車谷長吉 『鹽壷の匙』(新潮社)
黒井千次 『春の道標』(新潮社)
黒武洋 『パンドラの火花』(新潮社)
『そして粛清の扉を』(新潮社)
黒野伸一 『限界集落株式会社』(小学館)
玄月 『悪い噂』(文藝春秋)
小池真理子 『恋』(早川書房)
小泉喜美子 『弁護側の証人』(出版芸術社)
こーき 『アクロバティック0.75』(ひかり小説館)
紅玉いづき 『ミミズクと夜の王』(メディアワークス)
高城高 『墓標なき墓場−高城高全集1−』(東京創元社)
幸田文 『台所のおと』(講談社)
河野多惠子 『後日の話』(文藝春秋)
河野典生 『街の博物誌』(ファラオ企画)
高史明 『知恵の落とし穴』(風濤社)
小阪修平 『そうだったのか現代思想』(講談社)
小島信夫 『抱擁家族』(講談社文芸文庫)
五條瑛 『プラチナ・ビーズ』(集英社)
『断鎖−Escape−』(双葉社)
古処誠二 『ルール』(集英社)
琴音 『愛をめぐる奇妙な告白のためのフーガ』(幻冬舎)
小林エリカ 『マダム・キュリーと朝食を』(集英社)
小林恭二 『ゼウスガーデン衰亡史』(角川春樹事務所)
小林信彦 『うらなり』(文藝春秋)
『ぼくたちの好きな戦争』(新潮社)
小林泰三 『人獣細工』(角川書店)
『玩具修理者』(角川書店)
小松左京 『日本沈没』(光文社)
『果しなき流れの果に』(角川春樹事務所)
五味川純平 『孤独の賭け』(幻冬舎)
小峰元 『アルキメデスは手を汚さない』(講談社)
小室直樹 『数学嫌いな人のための数学』(東洋経済新報社)
小森健太朗 『ネメシスの哄笑』(出版文芸社)
近藤紘一 『サイゴンから来た妻と娘』(文藝春秋)
近藤史恵 『タルト・タタンの夢』(東京創元社)
『サクリファイス』(新潮社)
『賢者はベンチで思索する』(文藝春秋)
今野敏 『とせい』(中央公論新社)

   

さ  行

斎樹真琴 『地獄番鬼蜘蛛日誌』(講談社)
西條奈加 『金春屋ゴメス』(新潮社)
財津正人 『本のある生活』(コスモの本)
斉藤洋 『ルドルフとイッパイアッテナ』(講談社)
斎藤美奈子 『読者は踊る』(文藝春秋)
佐伯一麦 『ア・ルース・ボーイ』(新潮社)
佐伯瑠伽 『環八イレギュラーズ』(中央公論新社)
坂入慎一 『シャープ・エッジ』(メディアワークス)
境セイキ 『ニューヨーク底辺物語』(扶桑社)
坂木司 『和菓子のアン』(光文社)
『先生と僕』(双葉社)
坂口安吾 『桜の森の満開の下』(講談社)
酒見賢一 『泣き虫弱虫諸葛孔明』(文藝春秋)
『墨攻』(新潮社)
『後宮小説』(新潮社)
佐川光晴 『ぼくたちは大人になる』(双葉社)
『縮んだ愛』(講談社)
鷺沢萠 『スタイリッシュ・キッズ』(河出書房新社)
桜木紫乃 『ホテルローヤル』(集英社)
桜田晋也 『足利高氏』(祥伝社)
桜庭一樹 『少女七竈と七人の可愛そうな大人』(角川書店)
『赤朽葉家の伝説』(東京創元社)
『私の男』(文藝春秋)
『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』(富士見書房)
佐々木譲 『うたう警官』(角川春樹事務所)
笹本祐一 『星のパイロット』(朝日ソノラマ)
笹本稜平 『時の渚』(文藝春秋)
笹生陽子 『楽園のつくりかた』(角川書店)
佐藤亜紀 『ミノタウロス』(講談社)
『戦争の法』(新潮社)
『バルタザールの遍歴』(新潮社)
『モンティニーの狼男爵』(朝日新聞社)
佐藤亜有子 『生贄』(河出書房新社)
沙藤一樹 『新宿ミルク工場』(講談社)
佐藤賢一 『傭兵ピエール』(集英社)
『王妃の離婚』(集英社)
佐藤正午 『5』(角川書店)
『永遠の1/2』(集英社)
『Y』(角川春樹事務所)
佐藤多佳子 『サマータイム』(新潮社)
『一瞬の風になれ』(講談社)
『しゃべれどもしゃべれども』(新潮社)
佐藤哲也 『沢蟹まけると意志の力』(新潮社)
『異国伝』(河出書房新社)
佐藤智加 『肉触』(河出書房新社)
佐藤憲胤 『サージウスの死神』(講談社)
佐藤弘 『オブラディ・オブラダ』(光文社)
佐藤友哉 『1000の小説とバックベアード』(新潮社)
『エナメルを塗った魂の比重』(講談社)
『フリッカー式』(講談社)
佐藤ラギ 『人形(ギニョル)』(新潮社)
佐藤和歌子 『間取りの手帖』(リトル・モア)
真田秀逸 『おもろいやっちゃ!(四発目)』(彩図社)
『おもろいやっちゃ!(三発目)』(彩図社)
『おもろいやっちゃ!(二発目)』(彩図社)
佐野眞一 『だれが「本」を殺すのか』(プレジデント社)
佐野良二 『闇の力』(構想社)
『五味氏の宝物』(北方文芸1995年9月号/青空文庫)
寒来光一 『巌流島十八本笑負』(中央文化出版)
沢木耕太郎 『テロルの決算』(文藝春秋)
澤村浩輔 『夜の床屋』(東京創元社)
沢村凛 『瞳の中の大河』(新潮社)
『黄金の王 白銀の王』(幻冬舎)
重松清 『きみの友だち』(新潮社)
『青い鳥』(新潮社)
『その日のまえに』(文藝春秋)
『舞姫通信』(新潮社)
『エイジ』(朝日新聞社)
『定年ゴジラ』(講談社)
重信房子 『りんごの木の下であなたを産もうと決めた』(幻冬舎)
梓崎優 『リバーサイド・チルドレン』(東京創元社)
『叫びと祈り』(東京創元社)
雫井脩介 『火の粉』(幻冬舎)
篠田節子 『弥勒』(講談社)
『ハルモニア』(マガジンハウス)
『アクアリウム』(スコラ)
篠原一 『壊音 KAI-ON』(文藝春秋)
柴崎友香 『寝ても覚めても』(河出書房新社)
『また会う日まで』(河出書房新社)
柴田よしき 『RED RAIN』(角川春樹事務所)
『輝跡』(講談社)
『RIKO――女神の永遠――』(角川書店)
司馬遼太郎 『関ヶ原』(文藝春秋)
『燃えよ剣』(新潮社)
『梟の城』(新潮社)
澁澤龍彦 『高丘親王航海記』(文藝春秋)
島田紳助 『ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する』(幻冬舎)
島田荘司 『占星術殺人事件』(講談社)
島田裕己 『創価学会』(新潮社)
島田雅彦 『僕は模造人間』(新潮社)
『彼岸先生』(福武書店(現ベネッセ))
嶋本達嗣 『バスストップの消息』(新潮社)
島本理生 『ナラタージュ』(角川書店)
『リトル・バイ・リトル』(講談社)
志水辰夫 『みのたけの春』(集英社)
清水義範 『大剣豪』(講談社)
『蕎麦ときしめん』(講談社)
下井葉子 『うみ』(講談社)
下永聖高 『オニキス』(早川書房)
しゃけのぼる 『花のお江戸のタクシードライバー』(PHP研究所)
朱川湊人 『いっぺんさん』(実業之日本社)
『花まんま』(文藝春秋)
小路幸也 『カレンダーボーイ』(ポプラ社)
『東京バンドワゴン』(集英社)
陶智子 『不美人論』(平凡社)
十文字実香 『狐寝入夢虜』(講談社)
首藤瓜於 『脳男』(講談社)
殊能将之 『ハサミ男』(講談社)
庄野潤三 『貝がらと海の音』(新潮社)
翔田寛 『影踏み鬼』(双葉社)
笙野頼子 『説教師カニバットと百人の危ない美女』(河出書房新社)
『タイムスリップ・コンビナート』(文藝春秋)
白井聡 『永続敗戦論』(太田出版)
白石一文 『僕のなかの壊れていない部分』(光文社)
『一瞬の光』(角川書店)
白川道 『海は涸いていた』(新潮社)
しりあがり寿 『小説 真夜中の弥次さん喜多さん』(河出書房新社)
二郎遊真 『悪党が見た星』(講談社)
新城カズマ 『サマー/タイム/トラベラー』(早川書房)
真城直人 『死者は眠らない』(彩図社)
真藤順丈 『地図男』(メディアファクトリー)
新野剛志 『あぽやん』(文藝春秋)
『八月のマルクス』(講談社)
神保康広 『夢よ、僕より速く走れ』(海拓舎)
真保裕一 『ホワイトアウト』(新潮社)
『奪取』(講談社)
『連鎖』(講談社)
須賀敦子 『ユルスナールの靴』(河出書房新社)
菅啓次郎 『本は読めないものだから心配するな』(左右社)
須賀しのぶ 『芙蓉千里』(角川書店)
菅浩江 『五人姉妹』(早川書房)
杉浦日向子 『ごくらくちんみ』(新潮社)
図子慧 『君がぼくに告げなかったこと』(祥伝社)
鈴木いづみ 『ハートに火をつけて!』(三一書房)
鈴木清剛 『ロックンロールミシン』(河出書房新社)
『ラジオデイズ』(河出書房新社)
鈴木光司 『仄暗い水の底から』(角川書店)
『楽園』(新潮社)
鈴木剛介 『真理男』(角川書店)
雀野日名子 『トンコ』(角川書店)
涼元悠一 『青猫の街』(新潮社)
墨谷渉 『パワー系181』(集英社)
諏訪哲史 『アサッテの人』(講談社)
青来有一 『聖水』(文藝春秋)
清涼院流水 『コズミック−世紀末探偵神話−』(講談社)
『エル――全日本じゃんけんトーナメント』(幻冬舎)
瀬尾まいこ 『幸福な食卓』(講談社)
『図書館の神様』(マガジンハウス)
瀬川深 『ミサキラヂオ』(早川書房)
『チューバはうたう』(筑摩書房)
関裕二 『聖徳太子は蘇我入鹿である』(ベストセラーズ)
関口尚 『パコと魔法の絵本』(幻冬舎)
瀬戸良枝 『幻をなぐる』(集英社)
瀬名秀明 『八月の博物館』(角川書店)
『BRAIN VALLEY』(角川書店)
妹尾河童 『少年H』(講談社)
荘司雅彦 『離婚裁判−モラル・ハラスメントからの脱出−』(アメーバブックス)
曽野綾子 『神の汚れた手』(文藝春秋)
曽野十瓜 『なまぬるいスープ』(文芸社)

   

た  行

大道珠貴 『しょっぱいドライブ』(文藝春秋)
平安寿子 『グッドラックららばい』(講談社)
高木彬光 『白昼の死角』(光文社)
高沢皓司 『宿命−「よど号」亡命者たちの秘密工作−』(新潮社)
高瀬美恵 『アルーマ』(幻冬舎)
高田郁 『銀二貫』(幻冬舎)
『八朔の雪』(角川春樹事務所)
高田大介 『図書館の魔女 烏の伝言』(講談社)
『図書館の魔女』(講談社)
高田崇史 『QED 百人一首の呪』(講談社)
高楼方子 『ルチアさん』(フレーベル館)
『十一月の扉』(リブリオ出版)
高野悦子 『二十歳の原点』(新潮社)
高野和明 『ジェノサイド』(角川書店)
高野史緒 『カラマーゾフの妹』(講談社)
『赤い星』(早川書房)
『ヴァスラフ』(中央公論社)
『架空の王国』(中央公論社)
高野秀行 『謎の独立国家ソマリランド』(本の雑誌社)
『ワセダ三畳青春記』(集英社)
高橋治 『風の盆恋歌』(新潮社)
『別れてのちの恋歌』(新潮社)
高橋克彦 『火怨』(講談社)
高橋和巳 『邪宗門』(朝日新聞社)
高橋源一郎 『官能小説家』(朝日新聞社)
『ゴーストバスターズ』(講談社)
高部雨市 『君は小人プロレスを見たか』(幻冬舎)
高見広春 『バトル・ロワイアル』(太田出版)
高村薫 『冷血』(毎日新聞社)
『神の火』(新潮社)
『李歐』(講談社文庫)
『わが手に拳銃を』(講談社)
『リヴィエラを撃て』(新潮社)
『マークスの山』(早川書房)
田口ランディ 『アンテナ』(幻冬舎)
『コンセント』(幻冬舎)
武石和子 『風になる日』(文芸社)
竹内真 『粗忽拳銃』(集英社)
嶽本野ばら 『ミシン』(小学館)
多崎礼 『煌夜祭』(中央公論新社)
多島斗志之 『黒百合』(東京創元社)
『海賊モア船長の遍歴』(中央公論新社)
高市照大 『二千年の時を超えて』(文芸社)
田中小実昌 『アメン父』(講談社文藝文庫)
田中芳樹 『アップフェルラント物語』(光文社)
田中啓文 『ハナシがちがう! 笑酔亭梅寿謎解噺』(集英社)
『落下する緑』(東京創元社)
田辺聖子 『ひねくれ一茶』(講談社)
谷甲州 『星を創る者たち』(河出書房新社)
谷口忠大 『ビブリオバトル』(文藝春秋)
谷原秋桜子 『天使が開けた密室』(東京創元社)
谷瑞恵 『思い出のとき修理します』(集英社)
谷村志穂 『ハウス』(集英社)
多和田葉子 『エクソフォニー−母語の外へ出る旅−』(岩波書店)
『容疑者の夜行列車』(青土社)
『アルファベットの傷口』(河出書房新社)
団鬼六 『真剣師 小池重明』(幻冬舎)
丹下健太 『青色賛歌』(河出書房新社)
千澤のり子 『マーダーゲーム』(講談社)
千早茜 『魚神』(集英社)
柄刀一 『ifの迷宮』(光文社)
月村了衛 『機龍警察 自爆条項』(早川書房)
『機龍警察』(早川書房)
辻邦生 『背教者ユリアヌス』(中央公論新社)
『夏の砦』(文藝春秋)
辻仁成 『冷静と情熱のあいだ−Blu』(角川書店)
『愛をください』(マガジンハウス)
『アンチノイズ』(新潮社)
『海峡の光』(新潮社)
辻真先 『盗作・高校殺人事件』(河出書房新社)
辻井喬 『父の肖像』(新潮社)
辻原登 『円朝芝居噺 夫婦幽霊』(講談社)
辻村深月 『島はぼくらと』(講談社)
『オーダーメイド殺人クラブ』(集英社)
『名前探しの放課後』(講談社)
『スロウハイツの神様』(講談社)
『ぼくのメジャースプーン』(講談社)
『冷たい校舎の時は止まる』(講談社)
筒井康隆 『富豪刑事』(新潮社)
『ロートレック荘事件』(新潮社)
恒川光太郎 『雷の季節の終わりに』(角川書店)
『夜市』(角川書店)
津原泰水 『ブラバン』(バジリコ)
『妖都』(講談社)
津村記久子 『とにかくうちに帰ります』(新潮社)
『君は永遠にそいつらより若い』(筑摩書房)
坪内祐三 『靖国』(新潮社)
『文学を探せ』(文藝春秋)
出久根達郎 『かわうその祭り』(朝日新聞社)
手嶋龍一 『ウルトラ・ダラー』(新潮社)
天童荒太 『悼む人』(文藝春秋)
『永遠の仔』(幻冬舎)
土井隆義 『キャラ化する/される子どもたち』(岩波書店)
土居満寿美 『エケリニス』(アリーフ一葉舎)
藤堂志津子 『うそ』(幻冬舎)
戸川幸夫 『白色山塊』(徳間書店)
飛浩隆 『グラン・ヴァカンス−廃園の天使1−』(早川書房)
豊崎由美 『ニッポンの書評』(光文社)
鳥飼否宇 『中空』(角川書店)

   

な  行

中井拓志 『レフトハンド』(角川書店)
永井路子 『この世をば』(新潮社)
永江朗 『「本が売れない」というけれど』(ポプラ社)
長岡弘樹 『傍聞き』(双葉社)
中上健次 『日輪の翼』(小学館)
長沢樹 『上石神井さよならレボリューション』(集英社)
『消失グラデーション』(角川書店)
中沢けい 『ひとりでいるよ一羽の鳥が』(講談社)
長沢工 『はい、こちら国立天文台』(新潮社)
永沢光雄 『AV女優』(文藝春秋)
中島梓 『タナトスの子供たち』(筑摩書房)
中島敦 『李陵・山月記』(新潮社)
中路啓太 『裏切り涼山』(講談社)
中島京子 『妻が椎茸だったころ』(講談社)
長嶋有 『ねたあとに』(朝日新聞出版)
『ジャージの二人』(集英社)
『猛スピードで母は』(文藝春秋)
中島らも 『水に似た感情』(集英社)
中西輝政 『なぜ国家は衰亡するのか』(PHP研究所)
なかにし礼 『てるてる坊主の照子さん』(新潮社)
『長崎ぶらぶら節』(文藝春秋)
中野フェシェリアキタ 『日本に嫁いで11年』(文芸社)
長野まゆみ 『新世界』(河出書房新社)
『夏至南風』(河出書房新社)
中原昌也 『マリ&フィフィの虐殺ソングブック』(河出書房新社)
中原みすず 『初恋』(リトルモア)
中村うさぎ 『家族狂』(角川書店)
中村恵理加 『ダブルブリッド』(メディアワークス)
中村航 『夏休み』(河出書房新社)
中山可穂 『マラケシュ心中』(講談社)
中山七里 『追憶の夜想曲』(講談社)
『切り裂きジャックの告白』(角川書店)
『さよならドビュッシー』(宝島社)
名木田恵子 『レネット−金色の林檎−』(金の星社)
梨木香歩 『家守綺譚』(新潮社)
『春になったら莓を摘みに』(新潮社)
『西の魔女が死んだ』(新潮社)
『りかさん』(偕成社)
『からくりからくさ』(新潮社)
那須田淳 『一億百万光年先に住むウサギ』(理論社)
夏川草介 『神様のカルテ/神様のカルテ2』(小学館)
夏目漱石 『こころ』(岩波書店)
七尾与史 『殺戮ガール』(宝島社)
七河迦南 『アルバトロスは羽ばたかない』(東京創元社)
『七つの海を照らす星』(東京創元社)
二階堂黎人 『聖アウスラ修道院の惨劇』(講談社)
仁木英之 『僕僕先生』(新潮社)
仁木稔 『グアルディア』(早川書房)
西尾維新 『ネコソギラジカル』(講談社)
『ヒトクイマジカル』(講談社)
『サイコロジカル』(講談社)
『クビツリハイスクール』(講談社)
『クビシメロマンチスト』(講談社)
『クビキリサイクル』(講談社)
西崎憲 『世界の果ての庭』(新潮社)
西澤保彦 『人格転移の殺人』(講談社)
『七回死んだ男』(講談社)
西村京太郎 『四つの終止符』(講談社)
西村健 『地の底のヤマ』(講談社)
西村淳 『面白南極料理人』(新潮社)
似鳥鶏 『理由(わけ)あって冬に出る』(東京創元社)
新田次郎 『栄光の岩壁』(新潮社)
新田好 『下り階段をあがれ』(新風舎)
弐藤水流 『仮面警察』(幻冬舎)
新渡戸稲造 『武士道』(岩波書店)
楡周平 『ガリバー・パニック』(講談社)
『クラッシュ』(宝島社)
『Cの福音』(宝島社)
貫井徳郎 『天使の屍』(角川書店)
野沢尚 『深紅』(講談社)
『呼人』(講談社)
『破線のマリス』(講談社)
野尻抱介 『南極点のピアピア動画』(早川書房)
『ロケットガール』(富士見書房)
野中柊 『アンダーソン家のヨメ』(福武書店(現ベネッセ))
乃南アサ 『ドラマチックチルドレン』(新潮社)
『殺意・鬼哭』(双葉社)
『鍵』(講談社)
『凍える牙』(新潮社)
法月綸太郎 『生首に聞いてみろ』(角川書店)

   

は  行

灰谷健次郎 『手と目と声と』(理論社)
『わたしの出会った子どもたち』(角川書店)
蓮見圭一 『水曜の朝、午前三時』(新潮社)
橋口いくよ 『蜜蜂のささやき』(幻冬舎)
橋本一子 『森の中のカフェテラス』(幻冬社)
橋本紡 『流れ星が消えないうちに』(新潮社)
橋本長道 『サラの柔らかな香車』(集英社)
長谷敏司 『あなたのための物語』(早川書房)
馳星周 『漂流街』(徳間書店)
羽田圭介 『黒冷水』(河出書房新社)
秦建日子 『推理小説』(河出書房新社)
畑仲哲雄 『スレイヴ』(青空文庫/ポット出版/???)
畠中恵 『しゃばけ』(新潮社)
服部泰平 『切手のない手紙』(文芸社)
服部まゆみ 『この闇と光』(角川書店)
初野晴 『退出ゲーム』(角川書店)
『1/2の騎士』(講談社)
『漆黒の王子』(角川書店)
花村萬月 『♂♀(オスメス)』(新潮社)
『ブルース』(角川書店)
『永遠の島』(角川書店)
『ゲルマニウムの夜』(文藝春秋)
浜口倫太郎 『宇宙にいちばん近い人』(ポプラ社)
葉室麟 『秋月記』(角川書店)
早川いくを 『へんないきもの』(バジリコ)
林望 『薩摩スチューデント、西へ』(光文社)
林真理子 『不機嫌な果実』(文藝春秋)
原宏一 『ヴルスト!ヴルスト!ヴルスト!』(光文社)
『姥捨てバス』(角川書店)
原ォ 『私が殺した少女』(早川書房)
原田マハ 『楽園のカンヴァス』(新潮社)
原田宗典 『0をつなぐ』(新潮社)
『優しくって少し ばか』(集英社)
原田康子 『聖母の鏡』(新潮社)
坂東眞砂子 『死国』(角川書店)
伴名練 『少女禁区』(角川書店)
東川篤哉 『魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?』(文藝春秋)
『謎解きはディナーのあとで』(小学館)
東野圭吾 『手紙』(文藝春秋)
『容疑者Xの献身』(文藝春秋)
『秘密』(文藝春秋)
『あの頃ぼくらはアホでした』(集英社)
『白夜行』(集英社)
比企寿美子 『がんを病む人、癒す人』(中公新書)
ヒキタクニオ 『My name is TAKETOO』(文藝春秋)
『消し屋A』(文藝春秋)
引間徹 『地下鉄の軍曹』(集英社)
『19分25秒』(集英社)
樋口かおり 『羊に名前をつけてしまった少年』(ブロンズ新社)
樋口有介 『刺青白書』(東京創元社)
『風景を見る犬』(集英社)
『彼女はたぶん魔法を使う』(新潮社)
樋口陽一 『自由と国家』(岩波書店)
姫野カオルコ 『ツ、イ、ラ、ク』(角川書店)
百田尚樹 『永遠の0』(講談社)
『ボックス!』(太田出版)
平谷美樹 『エリ・エリ』(角川春樹事務所)
平出隆 『葉書でドナルド・エヴァンズに』(作品社)
平野啓一郎 『小説の読み方』(PHP研究所)
『葬送』(新潮社)
『一月物語』(新潮社)
『日蝕』(新潮社)
平山瑞穂 『偽憶』(平山瑞穂著 幻冬舎)
『ラス・マンチャス通信』(角川書店)
比留間久夫 『日本−JAPの明るい未来−』(河出書房新社)
広川純 『一応の推定』(文藝春秋)
広瀬正 『ツィス』(集英社)
広谷京子 『げつようびのこども』(集英社)
深沢七郎 『言わなければよかったのに日記』(中央公論新社)
福井晴敏 『終戦のローレライ』(講談社)
『Twelve Y.O.』(講談社)
『亡国のイージス』(講談社)
副島隆彦 『売国者たちの末路』(祥伝社)
福田和也 『作家の値うち』(飛鳥新社)
福永信 『コップとコッペパンとペン』(河出書房新社)
藤井信哉 『青春の波涛』(文芸社)
藤枝静男 『田紳有楽/空気頭』(講談社)
藤沢周 『ブエノスアイレス午前零時』(河出書房新社)
藤沢周平 『蝉しぐれ』(文藝春秋)
藤田サトシ 『ヅラが彼女にバレたとき』(文芸社)
藤谷治 『船に乗れ!』(ポプラ社)
『おがたQ、という女』(小学館)
藤野可織 『爪と目』(新潮社)
藤野千夜 『中等部超能力戦争』(双葉社)
『少年と少女のポルカ』(講談社)
『おしゃべり怪談』(講談社)
藤野恵美 『ハルさん』(東京創元社)
伏見憲明 『魔女の息子』(河出書房新社)
藤本真伸 『はぁめるん』(文芸社)
藤原伊織 『蚊トンボ白鬚の冒険』(講談社)
『テロリストのパラソル』(講談社)
藤原てい 『流れる星は生きている』(中央公論新社)
藤原潤子 『呪われたナターシャ』(人文書院)
船戸与一 『虹の谷の五月』(集英社)
古川日出男 『聖家族』(集英社)
『ハル、ハル、ハル』(河出書房新書)
『LOVE』(祥伝社)
『ベルカ、吠えないのか?』(文藝春秋)
『ボディ・アンド・ソウル』(双葉社)
『サウンドトラック』(集英社)
『アビシニアン』(幻冬舎)
『アラビアの夜の種族』(角川書店)
『沈黙』(幻冬舎)
『13』(幻冬舎)
古戸マチコ 『大王と言葉遊び』(へいじつや)
ブルボン小林 『ぐっとくる題名』(中央公論新社)
辺見庸 『国家、人間あるいは狂気についてのノート』(毎日新聞社)
『自動起床装置』(文藝春秋社)
保坂和志 『季節の記憶』(中公文庫)
『残響』(文藝春秋)
『この人の閾』(新潮社)
星新一 『ようこそ地球さん』(新潮社)
星野智幸 『嫐嬲(なぶりあい)』(河出書房新社)
『最後の吐息』(河出書房新社)
堀江敏幸 『いつか王子駅で』(新潮社)
『郊外へ』(白水社)
堀越二郎 『零戦−その誕生と栄光の記録−』(角川書店)
本田靖春 『誘拐』(筑摩書房)
誉田哲也 『武士道エイティーン』(文藝春秋)
『武士道セブンティーン』(文藝春秋)
『武士道シックスティーン』(文藝春秋)
本多孝好 『真夜中の五分前』(新潮社)
『FINE DAYS』(祥伝社)
『ALONE TOGETHER』(双葉社)
誉田龍一 『消えずの行灯』(双葉社)

   

ま  行

舞城王太郎 『ディスコ探偵水曜日』(新潮社)
『阿修羅ガール』(新潮社)
『煙か土か食い物』(講談社)
『世界は密室でできている。』(講談社)
前川裕 『クリーピー』(光文社)
前田司郎 『グレート生活アドベンチャー』(新潮社)
真木悠介 『気流の鳴る音』(筑摩書房)
牧野修 『楽園の知恵』(早川書房)
『だからドロシー帰っておいで』(角川書店)
万城目学 『鹿男あをによし』(幻冬舎)
『鴨川ホルモー』(産業編集センター)
町田康 『宿屋めぐり』(講談社)
『告白』(中央公論新社)
『パンク侍、斬られて候』(マガジンハウス)
『くっすん大黒』(文藝春秋)
松井今朝子 『吉原手引草』(幻冬舎)
松浦寿輝 『幽(かすか)』(講談社)
『花腐し』(講談社)
松浦理英子 『裏ヴァージョン』(筑摩書房)
『親指Pの修行時代』(河出書房新社)
松尾由美 『バルーン・タウンの殺人』(東京創元社)
『ピピネラ』(講談社)
松岡圭祐 『催眠』(小学館)
松下竜一 『豆腐屋の四季』(河出書房新社)
松田青子 『スタッキング可能』(河出書房新社)
松田道雄 『駄菓子屋楽校』(新評論)
松村栄子 『紫の砂漠』(角川春樹事務所)
目取真俊 『魂込め(まぶいぐみ)』(朝日新聞社)
松本清張 『熱い絹』(講談社)
ママチャリ 『ぼくたちと駐在さんの700日戦争(宣戦布告編)』(高陵社書店)
麻耶雄嵩 『貴族探偵』(集英社)
『夏と冬の奏鳴曲』(講談社)
『木製の王子』(講談社)
丸山健二 『見よ 月が後を追う』(文藝春秋)
『千日の瑠璃』(文藝春秋)
『ぶっぽうそうの夜』(新潮社)
丸山真男 『日本の思想』(岩波書店)
三浦しをん 『白いへび眠る島』(角川書店)
『舟を編む』(光文社)
『まほろ駅前多田便利軒』(文藝春秋)
『私が語りはじめた彼は』(新潮社)
三浦武治 『もうひとりのぼくを探して…』(文芸社)
三浦哲郎 『白夜を旅する人々』(新潮社)
三上延 『ビブリア古書堂の事件手帖』(メディアワークス)
三木笙子 『人魚は空に還る』(東京創元社)
御坂真之 『火獣』(立風書房)
三崎亜記 『刻まれない明日』(祥伝社)
『鼓笛隊の襲来』(光文社)
『失われた町』(集英社)
『となり町戦争』(集英社)
三島由紀夫 『午後の曳航』(新潮社)
『天人五衰――豊饒の海(四)』(新潮社)
『暁の寺――豊饒の海(三)』(新潮社)
『奔馬――豊饒の海(二)』(新潮社)
『春の雪――豊饒の海(一)』(新潮社)
水村美苗 『本格小説』(新潮社)
三田誠広 『いちご同盟』(集英社)
『迷宮のラビア』(河出書房新社)
道尾秀介 『獏の檻』(新潮社)
『ラットマン』(光文社)
『向日葵の咲かない夏』(新潮社)
三津田信三 『禍家』(光文社)
『首無の如き祟るもの』(原書房)
光原百合 『最後の願い』(光文社)
『十八の夏』(双葉社)
皆川博子 『猫舌男爵』(講談社)
『骨笛』(集英社)
『死の泉』(早川書房)
湊かなえ 『告白』(双葉社)
南伸坊 『顔』(筑摩書房)
源高志 『傷痍――仕組まれた日本兵』(文芸社)
美原紀華 『ずっと、らりるるれれ』(芳賀書店)
宮内悠介 『ヨハネスブルグの天使たち』(早川書房)
宮木あや子 『花宵道中』(新潮社)
宮城谷昌光 『重耳』(講談社)
『天空の舟』(文藝春秋)
『海辺の小さな町』(朝日新聞社)
宮沢章夫 『牛への道』(新潮社)
宮部みゆき 『震える岩』(講談社)
『ICO−霧の城−』(講談社)
『ドリームバスター』(徳間書店)
『理由』(朝日新聞社)
『クロスファイア』(光文社)
宮本輝 『ここに地終わり海始まる』(講談社)
『春の夢』(文藝春秋)
向田邦子 『父の詫び状』(文藝春秋)
向山貴彦 『童話物語』(幻冬舎)
村上早人 『モンタナ・ジョー』(小学館)
村上春樹 『1Q84』(新潮社)
『風の歌を聴け』(講談社)
『アフターダーク』(講談社)
『ねじまき鳥クロニクル』(新潮社)
『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(新潮社)
『神の子どもたちはみな踊る』(新潮社)
『スプートニクの恋人』(講談社)
村上龍 『悪魔のパス 天使のゴール』(幻冬舎)
『半島を出よ』(幻冬舎)
『コインロッカー・ベイビーズ』(講談社)
『希望の国のエクソダス』(文藝春秋)
『共生虫』(講談社)
『インザ・ミソスープ』(読売新聞社)
村田喜代子 『ゆうじょこう』(新潮社)
村田沙耶香 『ギンイロノウタ』(新潮社)
村山早紀 『花咲家の人々』(徳間書店)
室井光広 『おどるでく』(講談社)
室井佑月 『熱帯植物園』(新潮社)
室積光 『記念試合』(小学館)
『スパイ大作戦』(双葉社)
『ハダシのカッちゃん』(小学館)
『小森課長の優雅な日々』(双葉社)
『都立水商(おみずしょう)!』(小学館)
『ドスコイ警備保障』(アーティストハウス)
毛利隆雄 『マティーニ・イズム』(たる出版)
茂木健一郎 『生きて死ぬ私』(筑摩書房)
木宮条太郎 『水族館ガール』(実業之日本社)
本岡類 『夏の魔法』(新潮社)
モブ・ノリオ 『介護入門』(文藝春秋)
『経世済民』(難しい童話)
森晶麿 『黒猫の遊歩あるいは美学講義』(早川書房)
森絵都 『アーモンド入りチョコレートのワルツ』(角川書店)
『カラフル』(理論社)
『DIVE!!』(講談社)
『つきのふね』(講談社)
森 純 『八月の獲物』(文藝春秋)
森達也 『死刑』(朝日出版社)
森奈津子 『西城秀樹のおかげです』(早川書房)
森田季節 『不動カリンは一切動ぜず』(早川書房)
盛田隆二 『夜の果てまで』(角川書店)
森博嗣 『すべてがFになる』(講談社)
森見登美彦 『恋文の技術』(ポプラ社)
『きつねのはなし』(新潮社)
『夜は短し歩けよ乙女』(角川書店)
森村南 『陋巷の狗』(集英社)
森谷明子 『れんげ野原のまんなかで』(東京創元社)
両角長彦 『ラガド』(光文社)
諸田玲子 『犬吉』(文藝春秋)

   

やらわ  行

矢口高雄 『ボクの学校は山と川』(講談社)
矢崎存美 『ぶたぶた』(徳間書店)
安田賢司 『トゥデイ』(新風舎)
柳広司 『虎と月』(理論社)
『ジョーカー・ゲーム』(角川書店)
『贋作『坊っちゃん』殺人事件』(朝日新聞社)
椰月美智子 『しずかな日々』(講談社)
矢作俊彦 『スズキさんの休息と遍歴』(新潮社)
矢部正範 『爆笑トリビア解体聖書』(コアラブックス)
山口恵以子 『月下上海』(文藝春秋)
山口雅也 『生ける屍の死』(東京創元社)
山崎豊子 『白い巨塔』(新潮社)
山崎ナオコーラ 『カツラ美容室別室』(河出書房新社)
山崎マキコ 『さよなら、スナフキン』(新潮社)
山下京子 『彩花へ――「生きる力」をありがとう』(河出書房新社)
山下貴光 『屋上ミサイル』(宝島社)
山田詠美 『風味絶佳』(文藝春秋)
『ぼくは勉強ができない』(新潮社)
『A2Z』(講談社)
『アニマル・ロジック』(新潮社)
山田真哉 『女子大生会計士の事件簿』(角川書店)
山田風太郎 『忍法忠臣蔵』(講談社)
『戦中派不戦日記』(講談社)
『八犬伝』(朝日新聞社)
『柳生忍法帖』(講談社)
『魔界転生』(講談社)
山田正紀 『イノセンス』(徳間書店)
『神曲法廷』(講談社)
『エイダ』(早川書房)
山田宗樹 『百年法』(角川書店)
『天使の代理人』(幻冬舎)
『嫌われ松子の一生』(幻冬舎)
山田悠介 『リアル鬼ごっこ』(幻冬舎)
山根鋭ニ 『恍惚蟲』(青弓社)
山之口洋 『オルガニスト』(新潮社)
山本兼一 『火天の城』(文藝春秋)
『利休にたずねよ』(PHP研究所)
山本周五郎 『赤ひげ診療譚』(新潮社)
『さぶ』(新潮社)
『柳橋物語・むかしも今も』(新潮社)
山本幸久 『カイシャデイズ』(文藝春秋)
山本七平 『私の中の日本軍』(文藝春秋)
山本弘 『去年はいい年になるだろう』(PHP研究所)
山本文緒 『ブルーもしくはブルー』(角川書店)
『きっと君は泣く』(角川書店)
『恋愛中毒』(角川書店)
やまもと雄大 『幸せの保証書』(教学研究社)
楊逸 『時が滲む朝』(文藝春秋)
梁石日 『血と骨』(幻冬舎)
結衣 『あいつ等だけのお姫様!?』(メディアワークス)
結城光流 『少年陰陽師(窮奇編)』(角川書店)
結城五郎 『樹の海』(角川春樹事務所)
柳美里 『命』(小学館)
『ゴールドラッシュ』(新潮社)
『家族シネマ』(講談社)
雪乃紗衣 『彩雲国物語』(角川書店)
柚木麻子 『ランチのアッコちゃん』(双葉社)
『私にふさわしいホテル』(扶桑社)
夢枕獏 『神々の山嶺』(集英社)
『猫弾きのオルオラネ』(早川書房)
湯本香樹実 『ポプラの秋』(新潮社)
横関大 『再会』(講談社)
横森理香 『ぼぎちん』(文藝春秋)
『東京スリーズ・ダウン』(幻冬舎)
横山秀夫 『64』(文藝春秋)
『第三の時効』(集英社)
『クライマーズ・ハイ』(文藝春秋)
吉田篤弘 『つむじ風食堂の夜』(筑摩書房)
吉田音 『Bolero 世界でいちばん幸せな屋上』(筑摩書房)
『Think 夜に猫が身をひそめるところ』(筑摩書房)
吉田修一 『横道世之介』(毎日新聞社)
『女たちは二度遊ぶ』(角川書店)
『悪人』(朝日新聞社)
『日曜日たち』(講談社)
『パーク・ライフ』(文藝春秋)
吉野弘 『吉野弘詩集』(角川春樹事務所)
吉野源三郎 『君たちはどう生きるか』(岩波書店)
吉村昭 『炎のなかの休暇』(新潮社)
吉村萬壱 『クチュクチュバーン』(文藝春秋)
よしもとばなな
  (吉本ばなな)
『デッドエンドの思い出』(文藝春秋)
『TUGUMI(つぐみ)』(中央公論新社)
吉行淳之介 『暗室』(講談社文芸文庫)
寄本勝美 『リサイクル社会への道』(岩波書店)
米澤穂信 『折れた竜骨』(東京創元社)
『インシテミル』(文藝春秋)
『さよなら妖精』(東京創元社)
米原万理 『オリガ・モリソヴナの反語法』(集英社)
米村圭伍 『錦絵双花伝(面影小町伝)』(新潮社)
『退屈姫君伝』(新潮社)
『風流冷飯伝』(新潮社)
詠坂雄二 『リロ・グラ・シスタ』(光文社)
四方田犬彦 『人間を守る読書』(文藝春秋)
隆慶一郎 『影武者徳川家康』(新潮社)
『吉原御免状』(新潮社)
寮美千子 『小惑星美術館』(パロル舎)
『ノスタルギガンテス』(パロル舎)
リリー・フランキー 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(扶桑社)
冷泉彰彦 『トロイの木馬』(角川春樹事務所)
連城三紀彦 『白光』(朝日新聞社)
若竹七海 『ぼくのミステリな日常』(東京創元社)
脇明子 『物語が生きる力を育てる』(岩波書店)
鷲田清一 『<ひと>の現象学』(筑摩書房)
和田竜 『忍びの国』(新潮社)
渡辺淳一 『遠き落日』(集英社)
『愛の流刑地』(幻冬舎)
『失楽園』(講談社)
渡辺容子 『流さるる石のごとく』(講談社)
綿矢りさ 『蹴りたい背中』(河出書房新社)
『インストール』(河出書房新社)

   

その他

『死ぬかと思った』(林雄司編著 アスペクト)
『ハダカデバネズミ』(吉田重人・岡ノ谷一夫著 岩波書店)
『「阿佐ヶ谷会」文学アルバム』(青柳いづみこ/川本三郎監修 幻戯書房)
『インターネット図書館 青空文庫』(野口英司編著 はる書房)
『ナンシー関の記憶スケッチアカデミー』(ナンシー関編著 角川書店)
『松本清張傑作短篇コレクション(上)』(松本清張著/宮部みゆき編 文藝春秋)
『自堕落回避システム』(N沢M彦プロデュース 大谷喜作商店)
『中谷宇吉郎随筆集』(樋口敬二編集 岩波書店)
『この業界・企業でこの「採用テスト」が使われている!』(SPIノートの会編集 洋泉社)