八 方 美 人 な 書 評

掲載日付順リスト(2012年)
2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年
2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年以前

2012年12月

『地の底のヤマ』(西村健著 講談社)
『バベットの晩餐会』(イサク・ディーネセン著 筑摩書房)
『体育館の殺人』(青崎有吾著 東京創元社)
『ファザーファッカー』(内田春菊著 文藝春秋)
『ドリアン・グレイの肖像』(オスカー・ワイルド著 光文社)
『夢の蛇』(ヴォンダ・N・マッキンタイア著 早川書房)
『消失グラデーション』(長沢樹著 角川書店)

2012年11月

『エコー・メイカー』(リチャード・パワーズ著 新潮社)
『蛇・愛の陰画』(倉橋由美子著 講談社)
『白いへび眠る島』(三浦しをん著 角川書店)
『死者の帝国』(伊藤計劃・円城塔著 河出書房新社)
『不動カリンは一切動ぜず』(森田季節著 早川書房)
『エンベディング』(イアン・ワトスン著 国書刊行会)

2012年10月

『天地明察』(冲方丁著 角川書店)
『とむらい機関車』(大阪圭吉著 東京創元社)
『ロスト・シティ・レディオ』(ダニエル・アラルコン著 新潮社)
『舟を編む』(三浦しをん著 光文社)
『月曜の朝、ぼくたちは』(井伏洋介著 幻冬舎)
『天使が開けた密室』(谷原秋桜子著 東京創元社)
『日本という国』(小熊英二著 理論社)
『食堂かたつむり』(小川糸著 ポプラ社)
『メディア9』(栗本薫著 角川春樹事務所)

2012年9月

『ねじれた文字、ねじれた路』(トム・フランクリン著 早川書房)
『紙の民』(サルバドール・プラセンシア著 白水社)
『密やかな結晶』(小川洋子著 講談社)
『顔に降りかかる雨』(桐野夏生著 講談社)
『寝ても覚めても』(柴崎友香著 河出書房新社)
『完全な真空』(スタニスワフ・レム著 国書刊行会)

2012年8月

『手紙』(東野圭吾著 文藝春秋)
『後藤さんのこと』(円城塔著 早川書房)
『かめくん』(北野勇作著 河出書房新社)
『フィデリティ・ダヴの大仕事』(ロイ・ヴィカーズ著 国書刊行会)
『ビブリア古書堂の事件手帖』(三上延著 メディアワークス)
『クリーピー』(前川裕著 光文社)
『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』(ジュノ・ディアス著 新潮社)

2012年7月

『RED RAIN』(柴田よしき著 角川春樹事務所)
『ファントム・ピークス』(北林一光著 角川書店)
『なぜ国家は衰亡するのか』(中西輝政著 PHP研究所)
『火天の城』(山本兼一著 文藝春秋)
『神の手』(久坂部羊著 幻冬舎)
『君たちはどう生きるか』(吉野源三郎著 岩波書店)
『夏と冬の奏鳴曲』(麻耶雄嵩著 講談社)
『デミアン』(ヘルマン・ヘッセ著 新潮社)

2012年6月

『太陽の季節』(石原慎太郎著 新潮社)
『蜜姫村』(乾ルカ著 角川春樹事務所)
『炎のなかの休暇』(吉村昭著 新潮社)
『BG、あるいは死せるカイニス』(石持浅海著 東京創元社)
『花言葉をさがして』(ヴァネッサ・ディフェンバー著 ポプラ社)
『バッキンガムの光芒』(ジョー・ウォルトン著 東京創元社)
『本のある生活』(財津正人著 コスモの本)
『暗殺のハムレット』(ジョー・ウォルトン著 東京創元社)

2012年5月

『英雄たちの朝』(ジョー・ウォルトン著 東京創元社)
『イン・ザ・プール』(奥田英朗著 文藝春秋)
『叫びと祈り』(梓崎優著 東京創元社)
『牛への道』(宮沢章夫著 新潮社)
『こんな日本でよかったね』(内田樹著 文藝春秋)
『悪魔のパス 天使のゴール』(村上龍著 幻冬舎)

2012年4月

『灰色猫のフィルム』(天埜裕文著 集英社)
『神様のカルテ/神様のカルテ2』(夏川草介著 小学館)
『破壊者ベンの誕生』(ドリス・レッシング著 新潮社)
『ばくりや』(乾ルカ著 文藝春秋)
『創価学会』(島田裕己著 新潮社)
『理由(わけ)あって冬に出る』(似鳥鶏著 東京創元社)
『自由と国家』(樋口陽一著 岩波書店)
『蒼穹の昴』(浅田次郎著 講談社)

2012年3月

『困ってるひと』(大野更紗著 ポプラ社)
『折れた竜骨』(米澤穂信著 東京創元社)
『生首に聞いてみろ』(法月綸太郎著 角川書店)
『ルドルフとイッパイアッテナ』(斉藤洋著 講談社)
『点子ちゃんとアントン』(エーリヒ・ケストナー著 岩波書店)
『バーガーの娘』(ナディン・ゴーディマ著 みすず書房)

2012年2月

『笑いを売った少年』(ジェイムス・クリュス著 未知谷)
『円朝芝居噺 夫婦幽霊』(辻原登著 講談社)
『白い巨塔』(山崎豊子著 新潮社)
『モレルの発明』(アドルフォ・ビオイ=カサーレス著 水声社)
『マーダーゲーム』(千澤のり子著 講談社)
『ゼウスガーデン衰亡史』(小林恭二著 角川春樹事務所)
『詐欺師フェーリクス・クルルの告白』(トーマス・マン著 光文社)

2012年1月

『ジェノサイド』(高野和明著 角川書店)
『蛇行する川のほとり』(恩田陸著 中央公論新社)
『サマー/タイム/トラベラー』(新城カズマ著 早川書房)
『トゥルー・グリット』(チャールズ・ポーティス著 早川書房)
『少女七竈と七人の可愛そうな大人』(桜庭一樹著 角川書店)
『シャーロック・ホームズの冒険』(コナン・ドイル著 新潮社)
『ルー=ガルー』(京極夏彦著 徳間書店)