八 方 美 人 な 書 評

掲載日付順リスト(2008年)
2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年
2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年以前

2008年12月

『海に帰る日』(ジョン・バンヴィル著 新潮社)
『カラマーゾフの兄弟』(ドストエフスキー著 光文社)
『夏の魔法』(本岡類著 新潮社)
『小さい牛追い』(マリー・ハムズン著 岩波書店)
『あのころはフリードリヒがいた』(ハンス・ペーター・リヒター著 岩波書店)
『カードミステリー』(ヨースタイン・ゴルデル著 徳間書店)
『パイド・パイパー』(ネビル・シュート著 東京創元社)
『忍びの国』(和田竜著 新潮社)
『ゼロの迷宮』(ドゥニ・ゲジ著 角川書店)
『ゼウスの檻』(上田早夕里著 角川春樹事務所)

2008年11月

『風の歌を聴け』(村上春樹著 講談社)
『雪白の月』(碧野圭著 実業之日本社)
『ヒルベルという子がいた』(ペーター・ヘルトリング著 偕成社)
『クリスマス・キャロル』(チャールズ・ディケンズ著 光文社)
『リロ・グラ・シスタ』(詠坂雄二著 光文社)
『悪魔の涎・追い求める男』(フリオ・コルタサル著 岩波書店)
『林檎の木の下で』(アリス・マンロー著 新潮社)
『樹の海』(結城五郎著 角川春樹事務所)
『パコと魔法の絵本』(関口尚著 幻冬舎)

2008年10月

『スイス時計の謎』(有栖川有栖著 講談社)
『ツィス』(広瀬正著 集英社)
『さよならわたしの本屋さん』(ペーター・ヘルトリング著 さ・え・ら書房)
『ディスコ探偵水曜日』(舞城王太郎著 新潮社)
『愛しのグレンダ』(フリオ・コルタサル著 岩波書店)
『テンペスト』(池上永一著 角川書店)
『聖の青春』(大崎善生著 講談社)
『うたう警官』(佐々木譲著 角川春樹事務所)
『ザ・ロード』(コーマック・マッカーシー著 早川書房)
『山本五十六』(阿川弘之著 新潮社)

2008年9月

『ラス・マンチャス通信』(平山瑞穂著 角川書店)
『カレンダーボーイ』(小路幸也著 ポプラ社)
『われらが歌う時』(リチャード・パワーズ著 新潮社)
『神様のパズル』(機本伸司著 角川春樹事務所)
『流れ星が消えないうちに』(橋本紡著 新潮社)
『鼓笛隊の襲来』(三崎亜記著 光文社)
『謀略銀行』(大塚将司著 角川書店)
『土曜日』(イアン・マキューアン著 新潮社)
『グールド魚類画帖』(リチャード・フラナガン著 白水社)

2008年8月

『古道具ほんなら堂』(楠章子著 毎日新聞社)
『名前探しの放課後』(辻村深月著 講談社)
『ハナシがちがう! 笑酔亭梅寿謎解噺』(田中啓文著 集英社)
『エレGY』(泉和良著 講談社)
『中空』(鳥飼否宇著 角川書店)
『花粉の部屋』(ゾエ・イェニー著 新潮社)
『リセット』(垣谷美雨著 双葉社)
『水上のパッサカリア』(海野碧著 光文社)
『禍家』(三津田信三著 光文社)

2008年7月

『虚空の旅人/蒼路の旅人』(上橋菜穂子著 偕成社)
『哀れなるものたち』(アラスター・グレイ著 早川書房)
『縮んだ愛』(佐川光春著 講談社)
『航路』(コニー・ウィリス著 ソニー・マガジンズ)
『パリ左岸のピアノ工房』(T.E.カーハート著 新潮社)
『首無の如き祟るもの』(三津田信三著 原書房)
『赤朽葉家の伝説』(桜庭一樹著 東京創元社)
『バーナム博物館』(スティーヴン・ミルハウザー著 白水社)
『竜巻ガール』(垣谷美雨著 双葉社)
『Y氏の終わり』(スカーレット・トマス著 早川書房)

2008年6月

『向日葵の咲かない夏』(道尾秀介著 新潮社)
『「阿佐ヶ谷会」文学アルバム』(青柳いづみこ/川本三郎監修 幻戯書房)
『インシテミル』(米澤穂信著 文藝春秋)
『死刑』(森達也著 朝日出版社)
『ネコソギラジカル』(西尾維新著 講談社)
『裏切り涼山』(中路啓太著 講談社)
『通訳』(ディエゴ・マラーニ著 東京創元社)
『世界の果てのビートルズ』(ミカエル・ニエミ著 新潮社)
『フラミンゴの家』(伊東たかみ著 文藝春秋)
『桃山ビート・トライブ』(天野純希著 集英社)

2008年5月

『燃えるスカートの少女』(エイミー・ベンダー著 角川書店)
『スマイリーと仲間たち』(ジョン・ル・カレ著 早川書房)
『黄金の王 白銀の王』(沢村凛著 幻冬舎)
『ミステリアスセッティング』(阿部和重著 朝日新聞社)
『神を見た犬』(ディーノ・ブッツァーティ著 光文社)
『本を読む本』(M.J.アドラー、C.V.ドーレン著 講談社)
『おがたQ、という女』(藤谷治著 小学館)
『パイロットの妻』(アニータ・シュリーヴ著 新潮社)
『ソーネチカ』(リュドミラ・ウリツカヤ著 新潮社)

2008年4月

『ブックストア・ウォーズ』(碧野圭著 新潮社)
『死者の奢り・飼育』(大江健三郎著 新潮社)
『東京バンドワゴン』(小路幸也著 集英社)
『そうだったのか現代思想』(小阪修平著 講談社)
『記念試合』(室積光著 小学館)
『ゴールデンスランバー』(伊坂幸太郎著 新潮社)
『蹴りたい背中』(綿矢りさ著 河出書房新社)
『黄金の声の少女』(ジャン=ジャック・シュル著 新潮社)
『ミノタウロス』(佐藤亜紀著 講談社)
『釣り上げては』(アーサー・ビナード著 思潮社)
『ママ・グランデの葬儀』(G・ガルシア・マルケス著 集英社)
『狼たちの月』(フリオ・リャマサーレス著 ヴィレッジブックス)

2008年3月

『見えない都市』(イタロ・カルヴィーノ著 河出書房新書)
『ラスト、コーション』(アイリー・チャン著 集英社)
『タルト・タタンの夢』(近藤史恵著 東京創元社)
『驚異の百科事典男』(A・J・ジェイコブズ著 文藝春秋)
『悪人』(吉田修一著 朝日新聞社)
『睡蓮の教室』(ルル・ワン著 新潮社)
『犬吉』(諸田玲子著 文藝春秋)
『かさぶた式部考/常陸坊海尊』(秋元松代著 講談社)
『サクリファイス』(近藤文恵著 新潮社)
『グレート生活アドベンチャー』(前田司郎著 新潮社)
『懐情の原形−ナラン(日本)への置き手紙−』(ボヤンヒシグ著 英治出版)

2008年2月

『スパイラル』(清野かほり著 ポプラ社)
『復活の地』(小川一水著 早川書房)
『私の男』(桜庭一樹著 文藝春秋)
『巡礼者たち』(エリザベス・ギルバート著 新潮社)
『風の盆恋歌』(高橋治著 新潮社)
『映画篇』(金城一紀著 集英社)
『賢者はベンチで思索する』(近藤史恵著 文藝春秋)
『エクソフォニー−母語の外へ出る旅−』(多和田葉子著 岩波書店)
『田紳有楽/空気頭』(藤枝静男著 講談社)
『彼方なる歌に耳を澄ませよ』(アリステア・マクラウド著 新潮社)
『ハル、ハル、ハル』(古川日出男著 河出書房新書)

2008年1月

『グアルディア』(仁木稔著 早川書房)
『小さきものたちの神』(アルンダティ・ロイ著 DHC)
『観光』(ラッタウット・ラープチャルーンサップ著 早川書房)
『アルアル島の大事件』(クリストファー・ムーア著 東京創元社)
『はい、こちら国立天文台』(長沢工著 新潮社)
『5』(佐藤正午著 角川書店)
『ブラバン』(津原泰水著 バジリコ)
『人間を守る読書』(四方田犬彦著 文藝春秋)
『黙読の山』(荒川洋治著 みすず書房)