八 方 美 人 な 書 評

掲載日付順リスト(2006年)
2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年
2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年以前

2006年12月

『イリーガル・エイリアン』(ロバート・J・ソウヤー著 早川書房)
『白昼の死角』(高木彬光著 光文社)
『ジャージの二人』(長嶋有著 集英社)
『遺失物管理所』(ジークフリート・レンツ著 新潮社)
『さぶ』(山本周五郎著 新潮社)
『AV女優』(永沢光雄著 文藝春秋)
『十八の夏』(光原百合著 双葉社)

2006年11月

『ウォールデン 森の生活』(ヘンリー・D・ソロー著 小学館)
『世界でたったひとりの子』(アレックス・シアラー著 竹書房)
『削除ボーイズ0326』(方波見大志著 ポプラ社)
『エリ・エリ』(平谷美樹著 角川春樹事務所)
『クリプトノミコン』(ニール・スティーヴンスン著 早川書房)
『ツ、イ、ラ、ク』(姫野カオルコ著 角川書店)
『その日のまえに』(重松清著 文藝春秋)
『テロルの決算』(沢木耕太郎著 文藝春秋)

2006年10月

『風の影』(カルロス・ルイス・サフォン著 集英社)
『口ひげを剃る男』(エマニュエル・カレール著 河出書房新社)
『LOVE』(古川日出男著 祥伝社)
『サマー・アポカリプス』(笠井潔著 東京創元社)
『タイドランド』(ミッチ・カリン著 角川書店)
『アマゾニア』(粕谷知世著 中央公論新社)
『金春屋ゴメス』(西條奈加著 新潮社)
『ホワイトアウト』(真保裕一著 新潮社)

2006年9月

『うらなり』(小林信彦著 文藝春秋)
『尖塔』(ウィリアム・ゴールディング著 開文社出版)
『シャングリ・ラ』(池上永一著 角川書店)
『長い日曜日』(セバスチアン・ジャプリゾ著 東京創元社)
『阿修羅ガール』(舞城王太郎著 新潮社)
『百頭女』(マックス・エルンスト著 河出書房新社)
『ターミナル・エクスペリメント』(ロバート・J・ソウヤー著 早川書房)
『僕のなかの壊れていない部分』(白石一文著 光文社)
『説教師カニバットと百人の危ない美女』(笙野頼子著 河出書房新社)

2006年8月

『インターネット図書館 青空文庫』(野口英司編著 はる書房)
『法と社会』(碧海純一著 中央公論新社)
『初恋』(中原みすず著 リトルモア)
『ひなのころ』(粕谷知世著 中央公論新社)
『遠き落日』(渡辺淳一著 集英社)
『一応の推定』(広川純著 文藝春秋)
『魔王』(伊坂幸太郎著 講談社)
『李陵・山月記』(中島敦著 新潮社)
『文章探偵』(草上仁著 早川書房)

2006年7月

『天使の代理人』(山田宗樹著 幻冬舎)
『象がおどるとき』(テス・ウリザ・ホルス著 太田出版)
『ケルベロス第五の首』(ジーン・ウルフ著 国書刊行会)
『ユグドラジルの覇者』(桂木希著 角川書店)
『あなたに不利な証拠として』(ローリー・リン・ドラモンド著 早川書房)
『少年H』(妹尾河童著 講談社)
『アウステルリッツ』(W.G.ゼーバルト著 白水社)

2006年6月

『ある放浪者の半生』(V.S.ナイポール著 岩波書店)
『天使の牙』(大沢在昌著 角川書店)
『頭蓋骨のマントラ』(エリオット・パティスン著 早川書房)
『愛の流刑地』(渡辺淳一著 幻冬舎)
『コレ下さい!』(風真弘子著 つげ書房新社)
『スパイ大作戦』(室積光著 双葉社)
『ノーホエア・マン』(アレクサンダル・ヘモン著 白水社)

2006年5月

『ウォッチャーズ』(ディーン.R.クーンツ著 文藝春秋)
『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(リリー・フランキー著 扶桑社)
『愛をめぐる奇妙な告白のためのフーガ』(琴音著 幻冬舎)
『レインマン』(リアノー・フライシャー著 早川書房)
『ぶらんこ乗り』(いしいしんじ著 新潮社)
『キップをなくして』(池澤夏樹著 角川書店)
『木々は八月に何をするのか』(レーナ・クルーン著 新評論)
『ロンドン』(エドワード・ラザファード著 集英社)
『ウルトラ・ダラー』(手嶋龍一著 新潮社)

2006年4月

『消し屋A』(ヒキタクニオ著 文藝春秋)
『鬼の橋』(伊藤遊著 福音館書店)
『グラン・ヴァカンス−廃園の天使1−』(飛浩隆著 早川書房)
『チューリップタッチ』(アン・ファイン著 評論社)
『小鳥はいつ歌をうたう』(ドミニク・メナール著 河出書房新社)
『ザンヤルマの剣士』(麻生俊平著 富士見書房)
『水曜の朝、午前三時』(蓮見圭一著 新潮社)
『ラッシュライフ』(伊坂幸太郎著 新潮社)

2006年3月

『パイロットフィッシュ』(大崎善生著 角川書店)
『メッセージ』(マークース・ズーサック著 ランダムハウス講談社)
『マオ−誰も知らなかった毛沢東−』(ユン・チアン著 講談社)
『イノセンス』(山田正紀著 徳間書店)
『夢の丘』(アーサー・マッケン著 東京創元社)
『錦絵双花伝(面影小町伝)』(米村圭伍著 新潮社)
『サウスバウンド』(奥田英朗著 角川書店)

2006年2月

『本格小説』(水村美苗著 新潮社)
『壜の中の手記』(ジェラルド・カーシュ著 晶文社)
『ナラタージュ』(島本理生著 角川書店)
『四十日と四十夜のメルヘン』(青木淳悟著 新潮社)
『風味絶佳』(山田詠美著 文藝春秋)
『夜の果てまで』(盛田隆二著 角川書店)
『闇の底のシルキー』(デイヴィッド・アーモンド著 東京創元社)
『ナンシー関の記憶スケッチアカデミー』(ナンシー関編著 角川書店)

2006年1月

『宿命−「よど号」亡命者たちの秘密工作−』(高沢皓司著 新潮社)
『ヒトクイマジカル』(西尾維新著 講談社)
『最後の注文』(グレアム・スウィフト著 新潮社)
『袋小路の男』(絲山秋子著 講談社)
『容疑者Xの献身』(東野圭吾著 文藝春秋)
『サイコロジカル』(西尾維新著 講談社)
『ハダシのカッちゃん』(室積光著 小学館)
『夜のピクニック』(恩田陸著 新潮社)
『黄色い雨』(フリオ・リャマサーレス著 ソニー・マガジンズ)
『はぁめるん』(藤本真伸著 文芸社)
『アフターダーク』(村上春樹著 講談社)