八 方 美 人 な 書 評

掲載日付順リスト(2005年)
2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年
2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年以前

2005年12月

『白鳥異伝』(荻原規子著 徳間書店)
『マライアおばさん』(ダイアナ・ウィン・ジョーンズ著 徳間書店)
『ルチアさん』(高楼方子著 フレーベル館)
『第三の時効』(横山秀夫著 集英社)
『聖徳太子は蘇我入鹿である』(関裕二著 ベストセラーズ)
『年を歴た鰐の話』(レオポール・ショヴォ著 文藝春秋)
『狂骨の夢』(京極夏彦著 講談社)
『最悪』(奥田英朗著 講談社)
『ふちなし帽』(トーマス・ベルンハルト著 柏書房)

2005年11月

『こころ』(夏目漱石著 岩波書店)
『神曲法廷』(山田正紀著 講談社)
『神の火』(高村薫著 新潮社)
『白バラ四姉妹殺人事件』(鹿島田真希著 新潮社)
『二十歳の原点』(高野悦子著 新潮社)
『容疑者の夜行列車』(多和田葉子著 青土社)
『森の死神』(ブリジット・オベール著 早川書房)
『さよなら妖精』(米澤穂信著 東京創元社)

2005年10月

『タイムトラベラーズ・ワイフ』(オードリー・ニッフェネガー著 ランダムハウス講談社)
『第一容疑者』(リンダ・ラ・プラント著 早川書房)
『奇跡も語る者がいなければ』(ジョン・マグレガー著 新潮社)
『プラチナ・ビーズ』(五條瑛著 集英社)
『石、紙、鋏』(アンリ・トロワイヤ著 草思社)
『灰色の魂』(フィリップ・クローデル著 みすず書房)
『マーブル騒動記』(井上剛著 徳間書店)
『エナメルを塗った魂の比重』(佐藤友哉著 講談社)

2005年9月

『ドッペルゲンガー宮』(霧舎巧著 講談社)
『リトル・バイ・リトル』(島本理生著 講談社)
『ミタカくんと私』/『ひょうたんから空』(銀色夏生著 新潮社)
『戒』(小山歩著 新潮社)
『神の名のもとに』(メアリー・W・ウォーカー著 講談社)
『レヴォリューションNo.3』(金城一紀著 講談社)
『ミシン』(嶽本野ばら著 小学館)
『わたしたちが孤児だったころ』(カズオ・イシグロ著 早川書房)
『食卓のない家』(円地文子著 新潮社)

2005年8月

『アーモンド入りチョコレートのワルツ』(森絵都著 角川書店)
『ごくらくちんみ』(杉浦日向子著 新潮社)
『クビツリハイスクール』(西尾維新著 講談社)
『空中庭園』(角田光代著 文藝春秋)
『処刑前夜』(メアリー・W・ウォーカー著 講談社)
『さもなくば喪服を』(ラリー・コリンズ&ドミニク・ラピエール著 早川書房)
『秘密』(東野圭吾著 文藝春秋)
『フリッカー式』(佐藤友哉著 講談社)

2005年7月

『鳥姫伝』(バリー・ヒューガート著 早川書房)
『死せる少女たちの家』(スティーヴン・ドビンズ著 早川書房)
『チルドレン』(伊坂幸太郎著 講談社)
『ベルカ、吠えないのか?』(古川日出男著 文藝春秋)
『小説 真夜中の弥次さん喜多さん』(しりあがり寿著 河出書房新社)
『ペンギンの憂鬱』(アンドレイ・クルコフ著 新潮社)
『FINE DAYS』(本多孝好著 祥伝社)
『蚊トンボ白鬚の冒険』(藤原伊織著 講談社)
『白檀の刑』(モオイエン著 中央公論新社)

2005年6月

『監督』(海老沢泰久著 文藝春秋)
『時の渚』(笹本稜平著 文藝春秋)
『いつも旅のなか』(角田光代著 アクセス・パブリッシング)
『処刑電流』(リチャード・モラン著 みすず書房)
『まどろむ夜のUFO』(角田光代著 講談社)
『告白』(町田康著 中央公論新社)
『爆笑トリビア解体聖書』(矢部正範著 コアラブックス)
『弁護側の証人』(小泉喜美子著 出版芸術社)
『神樹』(チョン・イー著 朝日新聞社)
『中国人民に告ぐ!』(金文学著 祥伝社)

2005年5月

『探偵術教えます』(パーシヴァル・ワイルド著 晶文社)
『れんげ野原のまんなかで』(森谷明子著 東京創元社)
『となり町戦争』(三崎亜記著 集英社)
『図書館の神様』(瀬尾まいこ著 マガジンハウス)
『ジョン・ランプリエールの辞書』(ローレンス・ノーフォーク著 東京創元社)
『ぼくのミステリな日常』(若竹七海著 東京創元社)
『眠りなき夜』(北方謙三著 集英社)
『僕たちの戦争』(荻原浩著 双葉社)
『始祖鳥記』(飯嶋和一著 小学館)

2005年4月

『退屈姫君伝』(米村圭伍著 新潮社)
『バルーン・タウンの殺人』(松尾由美著 東京創元社)
『リアル鬼ごっこ』(山田悠介著 幻冬舎)
『家守綺譚』(梨木香歩著 新潮社)
『人格転移の殺人』(西澤保彦著 講談社)
『武王の門』(北方謙三著 新潮社)
『かわうその祭り』(出久根達郎著 朝日新聞社)
『クチュクチュバーン』(吉村萬壱著 文藝春秋)
『五人姉妹』(菅浩江著 早川書房)
『私が殺した少女』(原ォ著 早川書房)
『人生とは何か −21世紀の人生設計術−』(一條浩司著 叢文社)

2005年3月

『魔法』(クリストファー・プリースト著 早川書房)
『影踏み鬼』(翔田寛著 双葉社)
『ホテル カクタス』(江國香織著 集英社)
『銀河おさわがせ中隊』(ロバート・アスプリン著 早川書房)
『聖なる春』(久世光彦著 新潮社)
『その名にちなんで』(ジュンパ・ラヒリ著 新潮社)
『翼はいつまでも』(川上健一著 集英社)
『煙か土か食い物』(舞城王太郎著 講談社)
『ニューヨーク』(ベヴァリー・スワーリング著 集英社)
『戦争の法』(佐藤亜紀著 新潮社)

2005年2月

『ダ・ヴィンチ・コード』(ダン・ブラウン著 角川書店)
『間取りの手帖』(佐藤和歌子著 リトル・モア)
『ぼくは勉強ができない』(山田詠美著 新潮社)
『どろぼうの神さま』(コルネーリア・フンケ著 WAVE出版)
『人間の壁』(石川達三著 新潮社)
『あの頃ぼくらはアホでした』(東野圭吾著 集英社)
『富豪刑事』(筒井康隆著 新潮社)
『Bolero 世界でいちばん幸せな屋上』(吉田音著 筑摩書房)
『Think 夜に猫が身をひそめるところ』(吉田音著 筑摩書房)
『ウンベルト・エーコの文体練習』(ウンベルト・エーコ著 新潮社)

2005年1月

『春になったら莓を摘みに』(梨木香歩著 新潮社)
『雨鱒の川』(川上健一著 集英社)
『猫舌男爵』(皆川博子著 講談社)
『モンタナ・ジョー』(村上早人著 小学館)
『女子大生会計士の事件簿』(山田真哉著 角川書店)
『松本清張傑作短篇コレクション(上)』(松本清張著/宮部みゆき編 文藝春秋)
『火の粉』(雫井脩介著 幻冬舎)
『パンク侍、斬られて候』(町田康著 マガジンハウス)
『栄光の岩壁』(新田次郎著 新潮社)