八 方 美 人 な 書 評

掲載日付順リスト(2002年)
2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年
2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年以前

2002年12月

『ニューヨーク底辺物語』(境セイキ著 扶桑社)
『魔界転生』(山田風太郎著 講談社)
『魍魎の匣』(京極夏彦著 講談社)
『誰も死なない世界』(ジェイムズ・L・ハルペリン著 角川書店)
『ファントム』(スーザン・ケイ著 扶桑社)
『ドラゴンランス』(マーガレット・ワイス&トレイシー・ヒックマン著 アスキー)
『台所のおと』(幸田文著 講談社)

2002年11月

『あなたが最後に父親と会ったのは?』(ブレイク・モリソン著 新潮社)
『♂♀(オスメス)』(花村萬月著 新潮社)
『チョコレートゲーム』(岡嶋二人著 講談社)
『駄菓子屋楽校』(松田道雄著 新評論)
『白い犬とワルツを』(テリー・ケイ著 新潮社)
『ダレン・シャン−奇怪なサーカス−』(darren-shan著 小学館)
『コンビニ・ララバイ』(池永陽著 集英社)
『かくしてバンドは鳴りやまず』(井田真木子著 リトル・モア)

2002年10月

『ホワイト・ティース』(ゼイディー・スミス著 新潮社)
『パーク・ライフ』(吉田修一著 文藝春秋)
『幽霊たち』(ポール・オースター著 新潮社)
『もうひとりのぼくを探して…』(三浦武治著 文芸社)
『ミュートスノート戦記』(麻生俊平著 富士見書房)
『青春の波涛』(藤井信哉著 文芸社)
『花のお江戸のタクシードライバー』(しゃけのぼる著 PHP研究所)
『マーチ博士の四人の息子』(ブリジット・オベール著 早川書房)
『琥珀の望遠鏡』(フィリップ・プルマン著 新潮社)

2002年9月

『脂肪の塊』(モーパッサン著 岩波書店)
『あの空に届いた約束』(伊藤馨太郎著 富士見書房)
『傷痍――仕組まれた日本兵』(源高志著 文芸社)
『葉書でドナルド・エヴァンズに』(平出隆著 作品社)
『ペイ・フォワード』(キャサリン・ライアン・ハイド著 角川書店)
『夏の黄昏』(カーソン・マッカラーズ著 福武書店(現ベネッセ))
『中谷宇吉郎随筆集』(樋口敬二編集 岩波書店)
『夢の守り人』(上橋菜穂子著 偕成社)
『後日の話』(河野多惠子著 文藝春秋)

2002年8月

『ワールドカップで国歌斉唱!』(いとうやまね著 ベースボールマガジン社)
『小惑星美術館』(寮美千子著 パロル舎)
『おもろいやっちゃ!(二発目)』(真田秀逸著 彩図社)
『アラビアの夜の種族』(古川日出男著 角川書店)
『豆腐屋の四季』(松下竜一著 河出書房新社)
『アンジェラの灰』(フランク・マコート著 新潮社)

2002年7月

『日々の泡』(ボリス・ヴィアン著 新潮社)
『オウム帝国の正体』(一橋文哉著 新潮社)
『顔』(南伸坊著 筑摩書房)
『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(村上春樹著 新潮社)
『二千年の時を超えて』(高市照大著 文芸社)
『神秘の短剣』(フィリップ・プルマン著 新潮社)
『ぶたぶた』(矢崎存美著 徳間書店)
『きっと君は泣く』(山本文緒著 角川書店)

2002年6月

『死者は眠らない』(真城直人著 彩図社)
『街の本屋が「カア!」と啼く』(川辺佳展著 幻堂出版)
『黄金の羅針盤』(フィリップ・プルマン著 新潮社)
『聖少女』(倉橋由美子著 新潮社)
『街の博物誌』(河野典生著 ファラオ企画)
『ヅラが彼女にバレたとき』(藤田サトシ著 文芸社)
『ぼぎちん』(横森理香著 文藝春秋)
『最初の教師・母なる大地』(チンギス・アイトマートフ著 第三文明社)

2002年5月

『白夜行』(東野圭吾著 集英社)
『柳橋物語・むかしも今も』(山本周五郎著 新潮社)
『女盗賊プーラン』(プーラン・デヴィ 草思社)
『夕焼けの彼方に』(大田清隆著 文芸社)
『官能小説家』(高橋源一郎著 朝日新聞社)
『鍵』(乃南アサ著 講談社)
『この業界・企業でこの「採用テスト」が使われている!』(SPIノートの会編集 洋泉社)
『熱帯植物園』(室井佑月著 新潮社)
『風になる日』(武石和子著 文芸社)

2002年4月

『停電の夜に』(ジュンパ・ラヒリ著 新潮社)
『華氏451度』(レイ・ブラッドベリ著 早川書房)
『本という不思議』(長田弘著 みすず書房)
『夏と花火と私の死体』(乙一著 集英社)
『ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち』(リチャード・アダムズ著 評論社)
『骨太の子育て』(上田早苗著 すばる舎)
『冷蔵庫より愛をこめて』(阿刀田高著 講談社)
『アップフェルラント物語』(田中芳樹著 光文社)

2002年3月

『スズキさんの休息と遍歴』(矢作俊彦著 新潮社)
『靖国』(坪内祐三著 新潮社)
『読書について』(ショウペンハウエル著 岩波書店)
『乱れからくり』(泡坂妻夫著 東京創元社)
『メイン・ディッシュ』(北森鴻著 集英社)
『蜜蜂のささやき』(橋口いくよ著 幻冬舎)
『猛スピードで母は』(長島有著 文藝春秋)
『湖の伝説―画家・三橋節子の愛と死―(梅原猛著 新潮社)
『不登校・引きこもりから奇跡の大逆転』(池上公介著 角川書店)
『家族狂』(中村うさぎ著 角川書店)
『文学を探せ』(坪内祐三著 文藝春秋)

2002年2月

『日本沈没』(小松左京著 光文社)
『RIKO――女神の永遠――』(柴田よしき著 角川書店)
『命』(柳美里著 小学館)
『霧の橋』(乙川優三郎著 講談社)
『神々の山嶺』(夢枕獏著 集英社)
『第四の母胎』(スタンリー・ポティンジャー著 新潮社)
『コインロッカー・ベイビーズ』(村上龍著 講談社)
『闇の守り人』(上橋菜穂子著 偕成社)

2002年1月

『大はずれ殺人事件』(クレイグ・ライス著 早川書房)
『漂流教室』(楳図かずお原作/風見潤著 角川書店)
『彩花へ――「生きる力」をありがとう』(山下京子著 河出書房新社)
『ハリー・ポッターと賢者の石』(J・K・ローリング著 静山社)
『海を見たことがなかった少年』(ル・クレジオ著 集英社)
『ロートレック荘事件』(筒井康隆著 新潮社)
『インストール』(綿矢りさ著 河出書房新社)
『人形の家』(ルーマー・ゴッデン著 岩波書店)