SOL Y SOMBRA

ソル・イ・ソンブラ

−−−テンディドス・オチョ(TENDIDOS 8)−−−

ultimo modificacion: 30-Ago-2016

!!!Manifestacion de Jose Tomasista!!!

Llegar a ser figura en el toreo es casi un milagro
(有名闘牛士になるのは殆ど奇跡に近いと思いなさい)
Pero al que llega, podra` el toro quitarle la vida: la gloria, jama`s.
(例え有名闘牛士になったとしても、命は牛に奪われてしまうでしょう。しかし、決して名誉は失われはしない)
Hermoso lama de la Escuela de Tauromiquia de Madrid.
マドリード闘牛学校の教室に書かれている言葉。
JOSE TOMAS, UN TORERO DE LEYENDA.

REY DEL TOREO.

TODOS HABLAN DE EL.
"torear es vivir y vivir es torear. Este an~o me he sentido vivo porque he toreado como yo lo siento".

「人生がどんどん過ぎていくのに、その人生を本当に生きていないと思うと、僕はやりきれないよ」
「闘牛士でもないかぎり、人生を徹底的に生きている人間はいないよ」
--- アーネスト・ヘミングウェイ ---

「光(ソル)と影(ソンブラ)の間、闘牛士(トレロ)と雄牛(トロ)の間には、名前のない神がいる」
--- ホセ・ベルガミン ---


あなたは、番目の訪問者です。 (1998年9月13日開設。)

僕の不注意で2005年1月17日から2月21日まで約1ヶ月分のカウントが消えてしまった模様です。
その数約3340。

◎2016年カルテル(闘牛開催予定表) ◎20016年の闘牛−今月の見所。 17-Mzo-2016
◎2016年闘牛観戦予定 30-Ago-2016 NUEVO ◎闘牛最新情報 23-Jul-2016

FACEBOOK

◎2013年カルテル(闘牛開催予定表) 24-Ene-2013  ◎2014年の闘牛−今月の見所。 24-Mzo-2014
2013年闘牛観戦記 25-Mayo-2013  ◎闘牛最新情報 17-Mayo-2014
◎掲示板
闘牛の情報はHPにほとんど載っています。
読んでも判らないことや判りにくいことなど
気軽に質問してください。
出来るだけ丁寧に応えます。
◎断腸亭日常日記 30-Ago-2016
◎闘牛写真館(Fotos de Corrida) 2-Feb-2010
闘牛の見方、技を写真と短文での解説
◎2007年カルテル(闘牛開催予定表) 10-Mzo-2007
◎リンク 20-Oct-2006 ◎スペイン語リンク(ビデオ、写真、闘牛場など) 17-Mzo-2007
◎闘牛を見るにあたって 13-Sep-1998 -- イベリアの大地の上で-- ◎基本的闘牛用語 23-Ene-1999
◎闘牛色々 24-Mayo-2006 ◎闘牛士紹介 21-Jun-2006
◎更新記録 3-Sep-2011 ◎闘牛観戦記 18-Abr-2001
◎DVD DE TAUROMAGIA(ビデオDVD化計画) 20-Mzo-2009 ◎ホーム・ページの編集について 19-Mzo-1999


なのにあなたは京都へ行くの 京都(お寺の紅葉)写真集 20-Dic-2011


斎藤祐司のスペイン闘牛ビデオ上映会  15-Jun-2016

 このたび(2010年7月)、スペイン闘牛ビデオ上映会を立ち上げました。

第13回スペイン闘牛ビデオ上映会

テーマ : 「2016年の潮流」

開催日 : 2016年7月2日(土) 18時開始

場所 : 練馬文化センター 地下1階 第3リハーサル室 (飲食禁止) 

参加費 : 500円

申し込み方法 : 参加を希望する人はメールを送って下さい。闘牛が好きな人だけ少人数でやる予定ですので早めに応募下さい。
           
           すでに予約も入っています。
           なお、人数多数の場合は、こちらで選別させていただきます。希望が叶わなかった場合はごめんなさい。悪しからず。

参加希望者は yuzi-saito@mtg.biglobe.ne.jp へメールを下さい。  締め切りは2016年 6月31日までです。

15-Jun-2016


もうこのHPへは闘牛の会への問い合わせはしないでください。問い合わせは公式HPへお願いします。Tendido Tauro Tokyo

東西文化センターで開催する定例会は2006年9月をもって終了しました。

HPを見て新たに、また2人の参加を確認しました。これでHPから52人目(延べ人数は判りません)の定例会の参加者です。 14-Sep-2007

12月の定例会で「 “エル・フリ” のアルテルナティーバのビデオ」これは物凄い!
“エル・フリ”は、とんでもない奴だ。  18-Oct-1998

   ◎闘牛士との懇談会(99年3月30日開催) 24-Mzo-1999          ◎日本で初めての闘牛(99年4月1日開催) 30-Mzo-1999

   ◎ビエント・オトニャール2002のお知らせ    17-Oct-2002         ◎ビエント・オトニャール2003のお知らせ    10-Oct-2003

   ◎ビエント・オトニャール2004のお知らせ    29-Oct-2004         ◎ビエント・オトニャール2005のお知らせ    24-Sep-2005    

リンクより

安田光江フラメンコ塾(AL ANDALUZ)スタジオ

10-Dic-2009



ネットで観る闘牛の動画(YouTubeより。よっていつ削除されるか判らないけど)     7-Oct-2009

おまけ

Waka Waka (This Time for Africa) コロンビアの歌姫シャキラが歌ったワールド・カップ大会公式テーマ曲。

Gitana(スペイン語バージョン) Gypsy(英語バージョン) 

シャキラ2009年の作品。スペインの世界ナンバー・ワン、テニス選手ラファエル・ナダルとの競演が話題を呼んだ。
2人のキス・シーンが入っている。ナダルが嬉しそうな表情をしているのが印象的だ。
英語バージョンの方が映像が良い。でも、歌はスペイン語の歌詞の方が僕には分かり易い。

14-Jul-2010


:::::ホームページの見方::::: :::::ホーム・ページ開設にあたって::::: :::::自己紹介::::: :::::始めて感動した闘牛など:::::
闘牛ニュース Homenaje a Espana 闘牛関連記事 復刊投票 『さもなくば喪服を』

メールアドレスは yuzi-saito@mtg.biglobe.ne.jp です。

このホーム・ページは、これから闘牛を見よう、見たい、という人。闘牛を見たことがあるが良く分からなかった人。闘牛のことなら良く知っているという人。闘牛は怖いという人。残酷だという人。色々な人のアクセスを待っています。

過去のセビージャ春祭りツアーの宣伝

 残念ながら2008年は僕はセビージャの春祭り闘牛を観るツアーには参加しません。が、今年もツアーは開催されます。

 2007年も僕と一緒に、セビージャの春祭り(フェリア・デ・アブリル)の闘牛を観るツアー(闘牛観戦は4月26日、27日) が組まれました。主催したのは、安全なスペイン旅行の情報を提供しているHP  『スペイン何でも情報リアルタイム』 の管理人、マドリードのくまさんです。スペインで長い間旅行ガイド、通訳をやっている人です。そして、SNJ日西文化協会 の文化活動として行います。  11-Nov-2006

 2006年僕と一緒に闘牛を観るツアー は4月29日に無事終了しました。 2006年日程表

 2005年僕と一緒に闘牛を観るツアー は4月13日、14日に無事終了しました。 2005年日程表  2005年参加者の感想

 2004年僕と一緒に闘牛を観るツアー は4月28日、29日に無事終了しました。 2004年日程表  2004年参加者の感想


復刊投票 『さもなくば喪服を』


メニューに戻る


ついに復刊が決定しました。2005年6月下旬に早川書房より単行本で発売されました。

早川書房の、『さもなくば喪服を』の編集者佐藤博美氏より連絡がありました。

皆さんのおかげで復刊されます。ご協力ありがとうございました。また、このHPが復刊の為になったことも嬉しいことです。

 『さもなくば喪服を』の復刊活動のコメント

 早川書房の復刊予定のHPはここ   復刊ドットコムの予約ページはここ  アマゾンの予約ページはここ


闘牛ニュース


メニューに戻る

ここに載せる闘牛ニュースは1週間、または、10項目を限度とします。後は、 闘牛最新情報 を見て下さい。 

 ホセ・トマスの今年の予定。今後の予定は、8月5日ウエルバ。8月14日サン・セバスティアン。9月4日ビクトル・バリオを讃える闘牛をバジャドリード(TVEでテレビ中継される)。9月9日バジャドリード。切符を取るのは非常に難しい。アボノで取るのが賢明だろう。当日であれば、ダフ屋。ネットオークション的な処でも買える。ただし、ダフ屋、ネットオークション的な処は、高額になると思われる。いずれにしろ何処でも、満員切符売り切れ間違いなし。

 ・・・など

23-Jul-2016

バジャドリードのカルテルが興行主のトニョ・マティージャから発表された。9月4日がビクトル・バリオを讃える闘牛。9月8日から11日まで。

*9/4 バジャドリード。ビクトル・バリオを讃える闘牛。牛、

“ファン・ホセ・パディージャ、ホセ・トマス、モランテ・デ・ラ・プエブラ、エル・フリ、ホセ・マリア・マンサナレス、アレハンドロ・タラバンテ”。

*9/9 バジャドリード。ミックス闘牛。牛、ルイス・テロン、ヌニェス・デル・クビジョ。

“騎馬闘牛士、レオナルド・エルナンデス、闘牛士、ホセ・トマス、ホセ・マリア・マンサナレス”。

 ・・・など

22-Jul-2016

 7月9日テルエル闘牛場で、闘牛士ビクトル・バリオが死亡した。コヒーダされ、アレナに落ちた後、牛の左角が右の肋骨から入り、肺や心臓を損傷させた模様。体から角が抜けアレナに転がってうつ伏せになった。直後に閉じていた目をむいた。おそらくその時点で、死んだ物と思われる。一緒に出場していたモレニート・デ・アランダが涙を流して悲しんでいた。クーロ・ディアスが、何も言わずに疲れ切った表情を浮かべていた。闘牛はその場で中止された。闘牛場から霊柩車で、出るときに、アフィショナード(闘牛ファン)たちは、拍手と「トレロ」コールで送った。

 結婚2年目のビクトル・バリオの妻、ラルケ・サンスは闘牛場にいて、この悲劇を目撃した。翌日セプルベダで行われた葬式には、関係者に混じって、多くの有名闘牛士たちが参列した。ホセ・トマス、エンリケ・ポンセ、セバスティアン・カステージャ、ダビ・モラ、クーロ・ディアス、ホセ・マリア・マンサナレス、ミゲル・アンヘル・ペレラ、など。

 妻ラルケ・サンスは友人に抱えられて号泣していた。Facebookなどのインターネットでは、多くの闘牛士やアフィショナードがそれぞれの思いを綴った。そして、昨日、19日にバジャドリードで、死亡したビクトル・バリオを讃える闘牛を開催すると、興行主のトニョ・マティジャが発表した。これは、残された家族を救済するための闘牛で、収益は、妻ラルケ・サンスなど家族に渡される。また、TVEで闘牛中継される。

 9月4日バジャドリードで開催されるビクトル・バリオを讃える闘牛に出場する闘牛士は、ホセ・トマス、エル・フリ、モランテ・デ・ラ・プエブラ、ホセ・マリア・マンサナレス、アレハンドロ・タラバンテ、ファン・ホセ・パディージャ。

 なお、ビクトル・バリオ死亡後、ツイッターでアンチタウリナ(闘牛反対)、動物愛護団体などから、ビクトル・バリオやその家族を侮辱する発言がありスペイン国民が怒り、政府が人間の死に対する侮辱的な発言に対する処罰する新しい法をつくる社会問題にまで 発展しています。(文・斎藤祐司+下山敦弘)

 ・・・など

20-Jul-2016


スカイパーフェクTV!TVE(テレビジョン・エスパニョーラ)の番組は、2008年の3月末を持って日本での放送を終了しました。

インターネットで観れる闘牛中継

 今年の闘牛ダイジェスト番組、“テンディド・セロ”は、ネットで観れるようになった。司会はフェデリコ・アルナス。  3-Oct-2008  

 『テンディド・セロ』(TVE)  更新されているのでその週のまたは前週の物が観れる。 

 9月21日バルセロナでのホセ・トマスのインドゥルト(テンディド・セロより) 

 『Toros para Todos』(Canal Sur)


マドリード、ラス・ベンタス闘牛場の予定。 (毎週日曜日開催) 2014年は例年なら3月から10月まで開催予定。(未だ発表されていない)


今やっているフェリア。

これからやるフェリア( )。より


過去1ヶ月以内更新分

   闘牛、最新情報 2016年版   22-Jul-2016 NUEVO



闘牛関連記事


メニューに戻る


   ◎闘牛士との懇談会(99年3月30日開催) 24-Mzo-1999         ◎日本で初めての闘牛(99年4月1日開催) 30-Mzo-1999

   ◎エル・フリ情報 13-Ago-1999 21世紀の闘牛士 “エル・フリ”の情報      ◎何処で誰を見るか    31-Jul-2000  夏休み特集

   ◎スペインの、ある日本人闘牛士の記録     13-Sep-1999

下山敦弘さんの記事が、ネットに載っていたので、リンクを貼る。 記事は、 ここ   29-Jul-2002

 セビージャ在住で大怪我をしてリハビリ中の下山敦弘(闘牛士名、エル・ニーニョ・デル・ソル・ナシエンテ)さんの身障者フェンシングの記事が載る。アンダルシアの身障者フェンシング大会は9月21日。   ここ に記事が載っている。

13-Sep-2002

   堀越千秋さんが書いた僕のこと。 読売新聞日曜版 2001年7月15日  

間違っていることもあるけど、それは堀越さんの責任です。僕からはどれが間違いとは書きません。この件に関しては、質問もしないで欲しい。


 闘牛とは関係ないようだけど、僕としては大いに関係あるのだ。悪しからず・・・。 競馬の好きな人見て下さい。

   ◎競馬空振り日記。すれすれなるままに・・・  24-Dic-2000 20世紀最後の有馬記念 横浜市は馬券に対する課税を正式に断念した!


All Rights Reserved, Copyright © Yuji Saito 斎藤祐司 ---- __________________________________________________