更新:平成28年12月2日

独学で宅建試験合格を目指す方へ

平成29年度(2017年度)版

宅建試験は独学でも合格できます。
そこで、独学で宅建合格を目指す方に勉強する際の教材等をアドバイスするのが、このページの目的です。
まずは、宅建-独学の心構えから読んでみることをオススメします。


目 次

【1】

参考書・テキスト (1)迷物講師作【独学用・無料】参考書・テキスト
(2)市販本

【2】

過去問ドリル (1)迷物講師作【独学用・無料】過去問ドリル
(2)市販本

【3】

過去問解説集 (1)迷物講師作【独学用・無料】過去問解説集
(2)市販本

【4】

宅建倶楽部のオリジナル・コンテンツ (1)宅建試験の問題と正解 - 出題年度別
(2)忘却に打ち勝つ勉強法
(3)統計問題対策
(4)Web無料公開模擬試験

【1】

参考書・テキスト

独学で勉強しようが予備校の世話になろうが、宅建試験の勉強は、まず知識のインプットから始まります。

(1)迷物講師作【独学用・無料】参考書・テキスト

迷物講師が独自の視点から無駄を省いて作った、下記の参考書・テキストです。これで合格点が取れます。スマートフォン(smartphone)でも読みやすいように調整済みなので、どうぞ御利用下さい。

参考書・テキスト top


宅建業法


民法・権利関係


法令上の制限


その他の分野


(2)市販本の併用

本屋さんで売っている参考書を併用したい方は、 平成29年版パーフェクト宅建 基本書(住宅新報社) がオススメです。平成28年11月下旬に「平成29年版」が発売されました。
ネットで素早く購入するには、Google ショッピング検索 等で確認して下さい。

なおパーフェクト宅建 基本書を読んでいると、所々で「民法3条1項参照」などと条文を引くよう指示されることがあり、その条文番号にたどり着くまでに案外時間が掛かります。
でも大丈夫です!
宅建倶楽部が、試験に出題される条文を1条ずつ引けるようにした 1条ずつ引ける宅建専用六法 を作りました。
2クリックするだけで目的の条文にたどり着けるので、どうぞ御利用下さい。


【2】

過去問ドリル

ある程度知識が身についたと感じたら、知識のアウトプットですが、これも、独学で勉強しようが予備校の世話になろうが、当てはまります。
要は問題練習ですが、宅建倶楽部では、いきなり四択問題を解くことはオススメしていません
最初は必ず、四択問題を一肢ずつ分解してマルバツ問題に直した過去問ドリルで練習して下さい。部品(各肢)がしっかりしていないと自動車は走りません。
最近は「正しいものはいくつあるか」等の個数問題が激増していて消去法が使えない問題も多いので、なおさらです。まずは、あいまいな知識を正確な知識にして下さい。

(1)迷物講師作【独学用・無料】過去問ドリル

迷物講師が、形式的な解説に終わらせずに、できるだけ実質的な解説を施しているのが下記の過去問ドリルです。スマートフォン(smartphone)でも読みやすいように調整済みなので、どうぞ御利用下さい。

過去問ドリル top


宅建業法


民法・権利関係


法令上の制限


その他の分野


(2)市販本の併用

本屋さんで売っている過去問ドリルを併用したい方は、 平成29年版パーフェクト宅建 一問一答(住宅新報社) がオススメです。平成29年1月に「平成29年版」が発売されるでしょう。

※ 関連記事

直近10年間の過去問、2割は悪問



【3】

過去問解説集

過去問ドリルで自信がついてきたら、本番形式の四択問題の練習を始めるのもいいでしょう。

(1)迷物講師作【独学用・無料】過去問解説集

迷物講師が、形式的な解説に終わらせずに、できるだけ実質的な解説を施しているのが下記の過去問解説集です。スマートフォン(smartphone)でも読みやすいように調整済みなので、どうぞ御利用下さい。

過去問解説集 top


宅建業法


民法・権利関係


法令上の制限


その他の分野


多くの皆さまがご存知のように、過去問解説集については「問題文丸写し条文丸写しのフザケタ解説が横行している」、という現実があります。
迷物講師作の過去問解説集は、そのようなフザケタ解説ではなく、皆さまの印象に残るような問題・解説を選んで表示しています。


(2)市販本の併用

本屋さんで売っている過去問解説集を併用したい方は、 2017年版過去問宅建塾[壱][弐][参](週刊住宅新聞社) がオススメです。2016年版を購入しないよう注意して下さい。
ネットで素早く購入するには、Google ショッピング検索 等で確認して下さい。



【4】

宅建倶楽部のオリジナル・コンテンツ

宅建倶楽部が運営するサイトには、独学合格を目指す方を応援する、以下のページもあります。あわせて御利用下さい。

(1)宅建試験の問題と正解 - 出題年度別

独学合格を目指す方の無料コンテンツです。
平成1年からの過去問を「年度順」に並べました。

宅建士試験の問題と正解 top


平成28年度(2016年度)


平成27年度(2015年度)


平成26年度(2014年度)


平成25年度(2013年度)


平成24年度(2012年度)


平成23年度(2011年度)


ただし、一部の問題は「わざと非公開」にしてます。
例えば、平成1年度から平成28年度までの28年度間で合計1400問の過去問がありますが、そのうち136問を非公開にしています。
非公開にした過去問は、受験者の皆さまを混乱させる恐れのある、
・ 変な問題
・ イキナリ応用問題
・ 法改正で過去問として成り立たなくなってしまった問題
・ 数字等が古くなってしまった不動産の統計問題です。


(2)忘却に打ち勝つ勉強法

独学の方に特に多いのが、わずか1週間前に勉強したことを「もう忘れている!」という恐怖です。
そんな方のためのコンテンツがこれです。

忘却に打ち勝つ宅建試験の勉強法


(3)統計問題対策

独学の方は、市販の参考書・テキストで勉強するのが一般的ですが、市販物は印刷物であるため、どうしても統計問題に出題される数字等が古くなりがちです。中には統計問題に全然触れていない参考書類もあります。そんな不便を解消して頂くために作るのが、このコンテンツです。
なお、独学の方がネットで統計問題の試験対策の細かい情報を仕入れ過ぎると、その処理に膨大な時間を食い、たとえその情報が正確だったとしても、頭が混乱してきます。
かといって、「※※は増えた(あるいは減った)」などという知識にとどめ、重要な数字を暗記しないようにしたのでは、そもそも「問題が出来ません」。
そこで、「頭が混乱しない」程度に「問題が出来る」知識を提供できるようにします。
平成28年度は、平成28年8月7日に公開しました。
平成29年度も8月上旬に公開する予定です。

宅建の統計問題対策 top


(4)Web無料公開模擬試験

模試を解くのが無料なので、独学の方に特にオススメです。
宅建は、過去問を制覇できれば絶対に合格します! 
過去問ばかりを、何回も何回も読みこなすのです。予想問題集はダメ!
でも、過去問ばかり解いていると答を覚えてしまい、ホントに制覇できたのか不安になります。そこで独学の方を対象に公開することにしたのが、このWeb無料公開模試です。
この模擬試験で解く問題は、全部が過去問題を材料にしていますが、
・ 肢番号を入れ替える
・ 正誤を逆にする
・ 数字を操作する
・ 正誤問題を個数問題(例:正しいのはいくつあるか)にする
等の方法で、答を覚えてしまう弊害を除去し、現在の自分がどのくらい過去問題を理解してるかが分かるようになっています。
この公開模擬試験は、PDF 印刷用のリンクから問題文を印刷して、ちゃんと時間を計り(一般受験者は2時間、5問免除者は1時間50分)、お茶も飲まずタバコも吸わないで挑戦することで、より効果を増します。
この無料模試は、平成28年10月6日に公開しました。平成29年度はもう少し早めて、9月中には公開する予定です。

Web無料公開模擬試験 top




運営者:宅建倶楽部 [祝日は休業]
代表 小口 忍 [迷物講師]
273-0852  千葉県船橋市金杉台2-2-7-503
TEL:047-448-8846   FaX:047-448-8843