更新:平成27年12月2日

【宅建試験】平成27年度(2015年度)の合格ライン速報・予想

以下、平成27年12月2日深夜更新

合格ライン決定しました

平成27年度(2015年度)の合格ラインは、31問以上(登録講習修了者は26問以上)です。
合格率は15.4パーセント。
12月2日午前9時30分になれば、試験実施機関からちゃんと発表されるでしょう


以下、平成27年11月6日更新

雑感 (2015年11月6日金曜日)

(1)大手の予想点

迷物講師が宅建予備校として信用している所は、TAC・日建学院・大原・LEC・ユーキャンの5つです。
そのうち、ユーキャンを除く4つの予備校が本試験終了後2~3時間のうちに、合格ラインを予想しました。予想結果は、
・ T A C …31±1
・ 日建学院…30±1
・ 大原………32±1
・ L E C …31±1
です(下記◆印のリンク先参照)。

(2)変更・変動を匂わせる

上の予想合格ラインですが、4つの予備校は例外なく、予想が変更・変動する事を匂わせています。

・ TAC
…TAC独自の予想であり、合格ラインを保証するものではありません。また、後日情報を更新する場合もございます。

・ 日建学院
…合格推定点については、あくまで当学院が独自に判定したものです。また、速報値のため、変更になる場合があります。

・ 大原
…合格推定点等については、今後、変更する場合がございます。

・ LEC
…合格推定点はLECが現時点での情報(解答速報会ご出席者による再現答案)に基づいて算出したものです。これ以降弊社が入手したご受験生の解答サンプルが集まるにつれて、変動する可能性がございます。予めご了承ください。

といった具合です(下記◆印のリンク先参照)。

(3)匂わせる理由

変更・変動を匂わせておかないと、当落線上にいる受験者を、正式発表日(今年は12/2)まで引っ張れないからです。

引っ張れないということは、大きい予備校といえども受験者から忘れ去られることを意味し、営業上好ましくありません。

だからどの予備校も、
・ 変更する場合がございます
・ 変動する可能性がございます
なんて匂わせる(言い訳する)んです。

天気予報のように当たるとは限らないから匂わせると思っている受験者の方がいたら、その方は、いろいろな意味で今後詐欺に掛かりやすいと思うので注意して下さい。

およそ競争試験と言われるものの合格ライン予想が「当たるとは限らない」なんて、小学生でも 知っていることだから、それが本当の理由なら敢えて書く必要なんかないのです。

(4)そもそも真剣になんか予想してない

・ T A C…31±1
・ 日建学院…30±1
・ 大原………32±1
・ L E C…31±1

という予想ですが、4校とも、真剣に予想する時間なんか掛けられない、ということを受験者の皆さまには知ってもらいたいです。

宅建(10/18)の後には行政書士試験(11/8)、その後にはマンション管理士試験(11/29)、さらには管理業務主任者試験(12/6)と、過密なスケジュールであり、それらの試験は同じ講師等が担当していることが多いんです。

大手の宅建講師は寿司も握ればてんぷらも揚げうなぎ屋でもありソバ屋でもあるんですね。

だから、真剣に予想する時間なんか掛けられないんですよ!

(5)証拠

そもそも真剣になんか予想してない証拠を示しておきましょう。

・ T A C…31±1
・ 日建学院…30±1
・ 大原………32±1
・ L E C…31±1

と予想したのは、10/18の本試験終了後2~3時間のうちです。
受講者のサンプルもロクに集まらない時間です。

そんな時間にした予想を、上の4校は一度も変更・変動させることなく12/2の正式発表日を迎えることになるでしょう
そうなった時が、真剣になんか予想してない証拠になるでしょう。

実は昨年度(2014年度)以前も、途中で出題ミスが見つかるなど余程の事がない限り、最初にした予想が変わった歴史はないのです。

パブリック空間(誰でもアクセスできるサイト)でする合格ラインの予想なんてぇのは、しょせん、予備校の集客手段に過ぎないんですよ!


以下、平成27年10月18日更新

「信用できる予備校」の合格ライン速報・予想

平成27年度の本試験日は10月18日(日)でしたが、試験終了直後から、各予備校が合格ラインを予想したので、該当ページに直接リンクを張ります。
ここで「予備校」とは、
 ★ 人手と資本を本当につぎ込んで集めた合格ラインを予想する所
を指します。つまり、迷物講師が予備校として信用している所です(予想が信用できるという意味じゃないです)。
リンクがない所は、わりぃーけど信用できません(そもそも合格ラインを予想しない所を除く) 。

資格の学校TAC

日建学院

資格の大原

LEC

合格ラインの予想が気になる人は、上記のリンクを直接見れば十分です。

上記以外の変なブロガー等の拝金主義者サイトに行ってコメントなんか読むと、予想がコロコロ変わり、正式発表まで「針のむしろ状態に置かれ」仕事等が手につかなくなる人が大勢出るはず…。
これは、日本のGDPにも大きなマイナスなので(マジ!)、拝金主義者サイトには行かないことを毎年強くオススメしてます。

自己採点が芳しくないという理由で、どうしても行ってしまうよ!という方は、お金の匂いがしない下記ブログを閲覧すると、元気が出るかもしれません!

宅建試験合格勉強法 The Right Path 短期合格するための秘訣を連載


合格ラインの速報・予想に対する迷物講師のポリシー

予備校の集客手段に振り回される受験者を一人でも減らしたいというのが、私のポリシーです。
そこで、迷物講師自身の合格ラインの速報・予想を一般公開することはございません。

平成14年まではネットもあまり発達していなかったので、売名のため、速報・予想を一般公開していましたが、今では大いに反省しております。
この辺の詳しい事情は、宅建合格推定ライン 予想基準点をご覧下さい。

ついでに、人間には他人を救う能力はないもお読み頂くと、迷物講師のポリシーがより鮮明にお分かり頂けるかと存じます。


合格ライン専用ブログ

現在ご覧のページ以外に、迷物講師は合格ライン専用ブログを運用しています。
このブログでは、行き過ぎた予備校の集客手段に目を光らせるなど、迷物講師独自の辛口論評を加えたいと考えてます。

ここ10年くらいでしょうか。
大手予備校が人手と資本をつぎ込んで集めた合格ラインの予想を、他人の褌(ふんどし)で相撲を取るがごとく、パクって自分のコメント加えてブログ等に載せ、アフィリエイト等でお金を稼いでいる素人(法律を教えることさえできない輩)が増えてます。
このような輩(やから)が目に余った場合にも、辛口の論評を加えたいと思っています。

なお、インチキ業者ステマの巣窟である2ちゃんねる(2ch)の監視等は、スタッフ deremi にまかせることにします。


過去の合格ライン


迷物講師からのコメント

下を見れば分かる通り,試験実施機関が正式発表するようになった平成14年度以降の合格ライン(過去13回)は、

  • 37点以上…0回
  • 36点………3回
  • 35点………2回   
  • 34点………1回
  • 33点………5回
  • 32点………2回
  • 31点以下…0回
です。

したがって合格ラインの予想なんて、素人でも簡単に出来るということ…。

33点前後(32.33.34)」と予想しておけば、過去13回中8回当たった確率です。
34点±1(33.34.35)」と予想しておいても同じ!過去13回中8回当たったことになります。

宅建で「~点前後」なんて保険を掛けるのなら、「競馬の予想より簡単じゃん!」と思いませんか?
平成27年度も、多くの予備校等が「~点前後」の保険を掛けて来るに決まってます。どんな資格試験業界でも同じですね。これが業界の悲しき現実!


過去の具体的な合格ライン

◆ 平成26年度(2014年度)宅建試験の合格ライン(合格判定基準)は、50問中32問 以上正解(5点免除者は45問中27問以上正解)でした。
平成26年度宅建試験のニュース

◆ 平成25年度(2013年度)宅建試験の合格ライン(合格判定基準)は、50問中33問 以上正解(5点免除者は45問中28問以上正解)でした。
平成25年度宅建試験のニュース

◆ 平成24年度(2012年度)宅建試験の合格ライン(合格判定基準)は、50問中33問 以上正解(5点免除者は45問中28問以上正解)でした。
平成24年度宅建試験のニュース

◆ 平成23年度(2011年度)宅建試験の合格ライン(合格判定基準)は、50問中36問 以上正解(5点免除者は45問中31問以上正解)でした。
平成23年度宅建試験のニュース

◆ 平成22年度(2010年度)宅建試験の合格ライン(合格判定基準)は、50問中36問 以上正解(5点免除者は45問中31問以上正解)でした。
平成22年度宅建試験のニュース

◆ 平成21年度(2009年度)宅建試験の合格ライン(合格判定基準)は、50問中33問 以上正解(5点免除者は45問中28問以上正解)でした。
平成21年度宅建試験のニュース

◆ 平成20年度(2008年度)宅建試験の合格ライン(合格判定基準)は、50問中33問 以上正解(5点免除者は45問中28問以上正解)でした。
平成20年度宅建試験のニュース

◆ 平成19年度(2007年度)宅建試験の合格ライン(合格判定基準)は、50問中35問 以上正解(5点免除者は45問中30問以上正解)でした。
平成19年度宅建試験のニュース

◆ 平成18年度(2006年度)宅建試験の合格ライン(合格判定基準)は、50問中34問 以上正解(5点免除者は45問中29問以上正解)でした。
平成18年度宅建試験のニュース

◆ 平成17年度(2005年度)宅建試験の合格ライン(合格判定基準)は、50問中33問 以上正解(5点免除者は45問中28問以上正解)でした。
平成17年度宅建試験のニュース(その1)
平成17年度宅建試験のニュース(その2、熊本県公報)

◆ 平成16年度(2004年度)宅建試験の合格ライン(合格判定基準)は、50問中32問 以上正解(5点免除者は45問中27問以上正解)でした。

◆ 平成15年度(2003年度)宅建試験の合格ライン(合格判定基準)は、50問中35問 以上正解(5点免除者は45問中30問以上正解)でした。

◆ 平成14年度(2002年度)宅建試験の合格ライン(合格判定基準)は、50問中36問 以上正解(5点免除者は45問中31問以上正解)でした。

◆ 平成13年度(2001年度)宅建試験の合格ライン(合格判定基準)は、50問中34問 以上正解(5点免除者は45問中29問以上正解)でした。
なお平成13年度は正式発表がなかったので、報道機関等の情報に基づく推計です。

◆ 平成12年度(2000年度)宅建試験の合格ライン(合格判定基準)は、50問中30問 以上正解(5点免除者は45問中25問以上正解)でした。
なお平成12年度は正式発表がなかったので、報道機関等の情報に基づく推計です。

◆ 平成11年度(1999年度)宅建試験の合格ライン(合格判定基準)は、50問中30問 以上正解(5点免除者は45問中25問以上正解)でした。
なお平成11年度は正式発表がなかったので、報道機関等の情報に基づく推計です。

◆ 平成10年度(1998年度)宅建試験の合格ライン(合格判定基準)は、50問中30問 以上正解(5点免除者は45問中25問以上正解)でした。
なお平成10年度は正式発表がなかったので、報道機関等の情報に基づく推計です。

◆ 平成9年度(1997年度)宅建試験の合格ライン(合格判定基準)は、50問中34問 以上正解(5点免除者は45問中29問以上正解)でした。
なお平成9年度は正式発表がなかったので、報道機関等の情報に基づく推計です。

◆ 平成8年度(1996年度)宅建試験の合格ライン(合格判定基準)は、50問中32問 以上正解でした。
なお平成8年度は正式発表がなかったので、報道機関等の情報に基づく推計です。
また5点免除制度はありませんでした。

◆ 平成7年度(1996年度)宅建試験の合格ライン(合格判定基準)は、50問中28問 以上正解でした。
なお平成7年度は正式発表がなかったので、報道機関等の情報に基づく推計です。
また5点免除制度はありませんでした。

◆ 平成6年度(1995年度)宅建試験の合格ライン(合格判定基準)は、50問中33問 以上正解でした。
なお平成6年度は正式発表がなかったので、報道機関等の情報に基づく推計です。
また5点免除制度はありませんでした。

◆ 平成5年度(1994年度)宅建試験の合格ライン(合格判定基準)は、50問中33問 以上正解でした。
なお平成5年度は正式発表がなかったので、報道機関等の情報に基づく推計です。
また5点免除制度はありませんでした。

◆ 平成4年度(1993年度)宅建試験の合格ライン(合格判定基準)は、50問中32問 以上正解でした。
なお平成4年度は正式発表がなかったので、報道機関等の情報に基づく推計です。
また5点免除制度はありませんでした。

◆ 平成3年度(1992年度)宅建試験の合格ライン(合格判定基準)は、50問中34問 以上正解でした。
なお平成3年度は正式発表がなかったので、報道機関等の情報に基づく推計です。
また5点免除制度はありませんでした。

◆ 平成2年度(1991年度)宅建試験の合格ライン(合格判定基準)は、50問中26問 以上正解でした。
なお平成2年度は正式発表がなかったので、報道機関等の情報に基づく推計です。
また5点免除制度はありませんでした。

◆ 平成1年度(1990年度)宅建試験の合格ライン(合格判定基準)は、50問中33問 以上正解でした。
なお平成1年度は正式発表がなかったので、報道機関等の情報に基づく推計です。
また5点免除制度はありませんでした。

◆ 昭和63年度(1989年度)宅建試験の合格ライン(合格判定基準)は、50問中35問 以上正解でした。
なお昭和63年度は正式発表がなかったので、報道機関等の情報に基づく推計です。
また5点免除制度はありませんでした。


過去の具体的な合格率

宅建試験の都道府県別合格率は?