Trendプロテクト判定結果 この上に 「セキュリティ保護のためのアクティブコンテンツ表示制限メッセージ」 が 表示 される場合について
・このURL傘下の 各頁には、右上端の Updated 日時表示 の為の JavaScript を含んでいます。
この頁には、アクセスカウンタ、ショート・メッセージ表示等 の為の JavaScript を含んでいます。
・いずれも、表示のみ で何らかの情報収集等 の 不正操作は行いません。
VB2007(トレンドマイクロ社)の Trendプロテクト™(*)で「安全なサイト」と判定して頂いております。
  *:現在表示中のURLや検索エンジンによる検索結果リスト中の各個別URLについて、危険度を判定表示する VB2007等の附属ツール

Updated

質問l
標準の世界へようこそ
ここでは、標準化(standardization)に関係する情報を提供します。
標準に関する各種疑問を解きほぐす糸口にでもなれば幸いです。
初めての方は【このホームページについて】をご覧下さい。
[Japanese* Only!] (* : Language edition です、念のため。サッカーファン殿 : 2014-03)

お母さん !? タッチ! ハム君で〜す! 散らかしちゃた! 野菜大好き! 今の時刻は です



だ〜い好きなのは向日葵の種 ポケット あなたは、1999年5月30日(日)以来、 アクセス カウンター 番目の お客様です。

 ・最終更新日 から 2週間程度 : 近日更新? 御期待を!
 ・3週間程度 : 何か事情? 単なるサボリ? なにぶん ロートル なもので ・・・
 ・6週間以上 : JavaScript が有効なら何か↑メッセージ

お知らせ
注意 2012-04 お問合先変更 : standards@biglobe.jp 当分の間 従来メルアド でも OK です。
 初めての方は【このホームページについて】を事前に ご覧下さい。
 多量に届く 悪質なスパム・不法メール排除 の一環としてメール受信の 各種フィルタリング(キーワード等)、特定発信元(プロバイダ、IPアドレス等)無視設定 を行っています。 まじめな意図のご質問には、一両日中に回答(わかりません を含め)しておりますので、数日内に回答が届かない場合は、発信に別アドレス/プロバイダ等を使用して問い合わせてみてください。
[2013-03-17記]
ハムくんは 溜め込むのが 性癖  本HP掲載情報は 傘下 各頁毎更新頻度が大幅に異なります各頁右上 更新年月日(↑最上部説明) 又は 下記お知らせ で ご確認下さい。
 本HPは従来から
ご説明しているように、 大航海時代のような 情報の場所はおろか存在有無すら不明な状況から、手探りで闇雲に探し出し、取りあえず整理し、公開しているものです。
  とは異なり、現在、各SDO(標準化団体)のHP等、一次情報源による直接発信 が 目を見張るほどに充実すると共に 翻訳(英→日)ソフトも高機能のモノが比較的安価に入手でき、 情報源からの直接入手は 昔に比べ 格段に容易(素人 わんこ でも出来るくらい) となっています。
 このような "現在では 誰でも容易に入手可能な情報" は 重要度が低い為 長期間(10年以上のものも)更新していませんが、削除もしていません。
 これは "現在有効な情報" としてではなく 最終更新日時明記のうえ、 考古学者ニューカマーが当時の状況を把握・理解する為の いわば "化石炭素14" としての意味で残しているためです。 御質問いただいたとき「旧い情報ですが・・」と但し書き付で 説明するのに 便利ですし (^^;
 本HP は クリックすれば事足れるツールではなく、 情報探索、収集(無償限定!)、整理、公開 を 浅学非才な個人の立場で もがき苦しむさま(生き様 なんて上等なものではなく 無様さ) を あらわにする事により 皆様方ご自身問題点 を ご理解、把握し "今後の標準化情報収集・共有・公開体制 確立の為の 反面教師 (レベルは低いかもしれませんが ある意味 体験学習の場)" として 考え役立てて頂く為のものです。
 くどいようですが、皆様を "怠惰で安易な道"引きずり込み 堕落させる 為の 悪魔の所業" が目的 ではありません。  本HP の 趣旨(大げさに言えば精神!?) を ご理解のうえご利用下さい。
 勿論 各SDO内メニュー変更 等に起因する 情報の存在場所不明で ご自分で探し当てられない、情報存在の有無が不明 等の場合は お問い合わせ頂ければ 出来るだけ調査・回答致しますが、 各個別頁への反映は 上記理由により 保証致しかねますのであしからず。
蛇足  優秀な人材を多数有し、億単位の予算を持つと思われる 公的国内標準化組織(JISC,JSA etc.) なら 本HPの何万倍もの情報を 常に最新に保つことくらい お茶の子さいさい かもしれませんが、 何分 わんこ の 痩せ細った前足は 2本 しかありませんので ご利用頂く方々(というより わんこ自身)の滋養になりそうな 目の前の美味しそうなモノにかぶりつくしかないようで。 わんこの一般的寿命は せいぜい 20年 ということのようですし ・・・

Oldは こちら

2016-05-15
不適正広報
干涸らびていない老人
 『買収・投資、携帯キャリアもやってるよ』 名物 社長 に率いられた 軟件銀行G は、 ついに待望の『閉鎖した太陽光発電試験場・最新版運用レポート』を発行しましたが、
 ・大岡山(院・理工学研究科・電子物理工学専攻)』が 『研究体制・鼎の一脚』を占めていることを明示していた第一回レポート』、
 ・『超新星爆発 ですら 無視した 内容スカスカ第二回2012年運用レポート
存在したことすら 抹殺・隠避 したまま、 『2013年3月から2015年12月までの試験場運用結果』を、それも スカスカな内容で報告するのが 最新版運用レポート』だ なんて信じられますか、

学童
 いくら みっともない内容 だからといって 初回、第二回レポート存在したことすら 隠避し、 突然 3年も放置していた2013年以降データのみ小学生『夏休み最終日あわててまとめたようなレポート』を まるで全てを含むかのように 最新版だなんて 将に お笑いぐさ のような 幼稚 とも取れる対応を!

 『旧レポートの矛盾点等をどのように説明するかで人間としての価値が決まる』と期待していたのに、 『証拠となる でたらめなデータベースの存在隠避しているから安心だ』とでも言うような 傲慢不遜な態度で。 【詳細は → こちら】

干涸らびていない老人
 一方、軟件銀行Gが全国25カ所営業発電(売電 = 巨額の賦課金収入)している 商業用太陽光発電所群(定格出力0.5〜111MW 総計 260.2MW)は、 相変わらず でたらめな運用を続けています、巨額の利益国民から むしり取りながら!

 軟件G 最大、4割以上の発電力を誇る北海道 111MW 太陽光発電所を『2日半も停止』したかと思うと、 熊本で味を占めたのか、 地下秘密(原子力?)発電機 により 『日没後も 77MW もの無許可発電』を行い、 『自然エネルギー何軒分の電力を発電し、こんなに多量のCO2削減 なんて誇らしげに宣伝 しておきながら、みんなが寝静まった 深夜 こっそり減額修正、翌朝には証拠を無くし、口を拭うなんて 『恥を知れ!』と 言いたくなります。

怒り
坊ちゃん消費者相(特命担当大臣: 消費者及び食品安全担当)は 何をやっているのでしょうか、 『坊ちゃん内閣・閣僚に成るため封印した』と揶揄された 『反原発ドグマ、違った マグマ』が胸の奥底で煮えたぎっており、 『馬鹿まじめな既存電力会社・送配電網厳しいポーズ を 示せば 軽薄な輩から 喝采 を得られる』と 勘違いしているとも思えませんが、

 『送電線使用料金削減(= 軟件銀行Gの利益に直結)しろ!』なんて、みみっちい、違った 相対的に少額な部分削減を声高に がなる、なんて 安っぽいパフォーマンス と誤解されるような行動を慎み、
軟件銀行G が、政府方針公然逆らって 実施している 自社利益、つまり 国民負担の再エネ賦課金最大にする目的で行っているとしか考えられない、 〜40円/kWh利権買い漁り・事業パートナー募集等という ある意味世界恥をさらすようなまねを 直ちに止め、 新規認可申請のみ事業拡大せよ!』と 行政指導するだけで 『簡単に 〜16円/kWh もの国民負担を削減できる』 のに、何故、躊躇しているのでしょうか、 『自然エネルギー』という お題目を掲げられると 錦の御旗 に対する 慶喜公 のように ひれ伏してしまう習性があるとも思えませんが、一応 閣僚なんですから。

 まさか、電力政策は、ロビー活動(圧力?!)で決まる』なんて宣ったと言われる 軟件銀行G社長・腹心(?)の 影響 を 無意識にしろ感じている とも思われませんし、思いたくないし、もちろん あってはならないことですから。
 そういえば『行政刷新』(行政改革)とかも担当しているとか、

カネ!
 自身反原発であろうとなかろうと、干涸らびていない老人 軟件銀行Gのような『利益第一主義自然エネルギー発電企業重視』 ではなく 国民全体利益を考え負担軽減最優先すべきだ、
 それこそが『自然エネルギーに対する国民の理解深め温暖化対策進(勧!)める上で最適・最短の道』では無いか、と思われませんか。
国民の理解不足に乗じて跋扈する 金儲けしか考えない様に見える利益最優先・自然エネルギー発電企業』排除することが。

 自己満足に 終始し 酔いしれる のでは無く、本当の意味国民に奉仕するのが 閣僚・官僚の努めでは無いのか!』と思われませんか?
 【詳細は → こちら】


中国・国家標準(GB)公告 No.06, 07業界・分野別標準公告 No.02(85件)、No.03(434件)、No.04(530件)、 地方標準公告 No.03(270件)、No.04(402件)、 その他 標準化関連動向 に関する情報です。

EU ・レクレーショナル舟艇指令 94/25/EC 、・機械指令 2006/42/EC、 埋込式能動医療機器指令 90/385/EEC、医療機器指令 93/42/EEC、インビトロ診断用医療機器指令 98/79/EC、 ・EMC指令 2014/30/EU、低電圧指令 2006/95/EC、・単純圧力容器指令 2014/29/EU、 ・リフト指令 2014/33/EU 整合規格・建設資材規則Reg 305/2011 EAD、 その他 官報(OJ) 掲載情報 に関する情報です。

Topics パブリックコメント募集、各種広報 多数 等 に関する情報が、e-Gov(電子政府)のパブリックコメントHP、経済産業省HP に掲載されています。
『締切間近』多数 有り


2016-05-15記
お日様
 軟件銀行Gが全国25カ所営業発電(売電 = FIT 巨額の賦課金収入)している 商業用太陽光発電所群(定格出力0.5〜111MW 総計 260.2MW)は 『4年間に及ぶ試験場運営』培った ノウハウ・極秘技術遺憾なく発揮し続けています、日替わりのように 新規(チンケ)な結果をさらけ出して。

 下図は 2016-04-10〜30 及び 05-01〜15 の 発電電力量(全国、北海道、関東から関西、山陰山陽四国、九州)です。
天候による発電量変動は明らかですが、それ以外にも 前回ご紹介 同様、興味を引かれるものが多数! やはり、軟件銀行は期待を裏切らないエンタティナー集団のようです、社長を筆頭に。

2016-04-10〜30全国 2016-04-10〜30北海道 2016-04-10〜30関東〜関西 2016-04-10〜30山陰山陽四国 2016-04-10〜30九州
2016-05-01〜15全国 2016-05-01〜15北海道 2016-05-01〜15関東〜関西 2016-05-01〜15山陰山陽四国 2016-05-01〜15九州

【北海道 巨大メガソーラにも 秘密地下原発設置されているでござる段】
2016-04-10〜14勇払
 左図 は、北海道勇払郡 巨大メガソーラ 111MW の 2016-04-10〜14部分の拡大【グラフ】です。

10日昼頃から 勇払郡(黄色部) の 発電が通常より増加しているのがわかりますが、前回ご紹介の熊本同様、 夜間になっても発電を継続、つまり 地下に 秘密地熱原子力発電(ウラジオで朽ちかけていた旧ソ連 原潜用 払い下げ?)、 それも発電出力 77.029MW という巨大なものを! 熊本3月29日〜30日に稼働していた秘密地下発電所 15.665MW なんてチャチなものの 5倍もある!
 ただ、日中は太陽光本来の発電量 0〜30MWh/h程度が加算されるはずなのに発電所として 一定の発電力 77MWが維持されていると言うことは、地下発電所は 『77MWh - 太陽光発電時々刻々発電力』と成るよう 常に発電を調整している模様です。

ハテナ
 何日継続するか 興味津々でしたが、残念なことに 4日間しか続かず、14日昼過ぎに秘密発電所は(核?)燃料が枯渇し、正常発電に戻ってしまいました。

 今回も 軟件銀行Gの特徴である ダンマリを決め込まれ、このような異常発電が4日間にもわたって続いていた事実すら公表されていません、呆れ果てたことに。
わんこのように 常時観測していなければ気付かない 現象 ですので、『証拠はあるか! シラを切り続ければ済む』とでも思っていなければ良いのですが。
一ヶ月前の熊本における同様な異常発電も、完全に口を拭って知らぬ顔の半兵衛 を 決め込んでいるのですから。

2016-04-10〜14勇払補正 2016-04-10〜14勇払補正差分
 左図は 勇払の発電所稼働以来 累積発電電力量 を 該当異常期間 について【グラフ】(左 : 累積値、右 : 差分)化したものです。
昼夜一定発電していることが明確にわかると思いますが、深夜に深い谷 が発生しているのもおわかりですよね。
 軟件銀行G全国25箇所の太陽光発電所では、稼働来累積発電電力値(kWh)深夜に修正(後述)していますが、 多分、当日累積発電電量(kWh) は、当日未明(0時〜1時頃の何処か)にリセット(ゼロに)され、瞬時値を平均と見なした値を累積 し、 前日の稼働来累積値 に 加算し続け、翌未明リセット時に修正している模様です。
 【図】で深夜修正時大きく落ち込んでいるのは、一日24h中 秘密発電所が必死に発電した量 約1,844,696kWhmax、 つまり 本来の太陽光発電以外の発電分差し引き、正常に戻している と思われます。
 【図】では 『谷の深さ』が日によって異なり、例えば 13日は前日12日より より深い谷になっています。つまり、累積発電電力が 前日より減少するという矛盾した値に見えますが、あながち間違というわけではありません。
『リセット』が仮に 0時30分頃に行われたと仮定すると、13日は 01:37時点の値、つまり 本来の谷底に 深夜発電 約1時間分、約77,000kWhが加算されている、つまり実際の値は約40,772,000kWh程度に対し、 12日は夜明け前ですが 3時間45分 約288,750kWh上げ底で 実際の値は約、40,763,000kWh程度と推定され、 更に毎日の 深夜リセット時の補正量 数10〜数1,000kWhの増減(加減算)されることを考慮すれば あり得る値かと。

誇大広告
 結局、深夜補正業務担当人型ロボット』は 77MWという異常発電を発生当初から検知・認識しており、 稼働来累積発電電力量毎日深夜 必死に補正しているのに、軟件銀行Gセクショナリズムの権化として 日中の発電状況計測・データ収集業務担当人型ロボット』には連絡することも無く、 4日間高みの見物を決め込んでいた、と言うことのようです、
 77MWも水増しした発電力に基づき計算した 一般家庭 163,496.6軒分の使用電力を 太陽光発電で供給し、 894,922.9kgCO削減したと 鼻高々で宣言(宣伝!)しながら(勇払 2016-04-11 21:00時点のデータ)
『月末に口座に振り込まれるカネ(原資は 皆様が強制徴収されている省エネ賦課金) しか興味が無い!』とでもいう様な、『宿り木・寄生虫発電の象徴』と揶揄されかねない傲慢な態度で!

怒り
 しかし、このようなある意味誇大広告、不実記載を 消費者担当相は何故放置しているのでしょうか? 入閣するため持論の反原発発言を封印した』と揶揄された政治屋ですから 太陽光発電 といわれると 批判の対象から無意識に外して仕舞うのかもしれませんが、今回の件もそうですが、
 『(太陽光発電業者等が支払う)送電線使用料を削減できないか検討せよ』なんて、素人受けを狙った指示をする前に やるべきことはありませんか、と言いたいのですが。

『送電線使用費用』なんて 全体の費用(電気料金、再エネ賦課金)のなかで小さな割合しか占めていないものではなく、 例えば 軟件銀行が設備認定済み(〜40円/kWh)太陽光発電(メガソーラ)しか(権利買い取り・共同事業)対象としません!なんて、 消費者(と監督官庁)を小馬鹿にしたかのような 金儲け優先宣言をしているのをあらためるよう、お得意の行政指導 し、
現在は『対象にしないと宣言している新規用地』に 『新規申請・認定される太陽光発電(メガソーラ)』のみを建設させるだけで、 買い取り価格24円/kWh(2016年度価格、来年認可なら更に下がるはず)、
つまり 最大 16円/kWh国民負担(再エネ賦課金) 簡単に下げることが出来るのに、何故 最優先の政策として実行しないのでしょうか、 送電費用なんて(相対的に)少額の部分を、まるで単なる知識不足の大衆(まさか御本人も?!)受けを 狙った 軽薄きわまりないパフォーマンスであるかのように 声高に発言する前に?

 『能力不足の政治屋 が 責任有る立場につくと国民に実害がでる』なんて揶揄されないよう頑張ってもらいたいのですが。 もちろん、消費者相(特命担当大臣: 消費者及び食品安全担当) に 諫言できる官僚・官吏が出てくることを期待しますが、換言、甘言、還元 なんて言葉とは無縁の清冽な人物が。

北海道勇払郡 111MW巨大太陽光発電所 2日半サボっちゃったってよ の段】
勇払無断欠勤
 左図 は 北海道勇払郡にある 軟件銀行G最大(全体の40%以上を占める) 111MW出力巨大太陽光発電所<2016-05-07〜09日照(日射量) vs 発電電力量実績【グラフ】 です。

 7日夜明けから全く発電せず8日一日中 発電停止9日朝から発電停止、諦めかけていたら 突然 14時過ぎに発電再開、 そのまま 素知らぬ顔で日没まで日照に応じた発電を行い、得られなかった巨額の売電収入を取り戻そうとするかのように 稼いでいました。

怒り
 呆れ果てたことに、軟件銀行G最大、しかも相対的に電力需要つまり安定火力等既存発電余力の小さい北海道で、 不安定が売り太陽光発電所、それも土地代が安いからと言って111MW(メガソーラ 111個分)の巨大太陽光発電所を設置し、 既存発電所に おんぶにだっこ の甘ったれた姿勢巨額の売電収入(〜42円/kWh : 原資は皆様から強制徴収再エネ賦課金)を得ていながら 安定供給責任 なんて 気にもせず、
自分勝手気ままに発電停止している間の電力供給責任は、 既存電力会社にあると政府が言っている!』と 嘯いているかのような態度で 2日半も停止 するなんて!
 それも、発電停止中 は もちろん、発電再開後も何の説明も無く、 『後日確かめようとしたって、多分気付かないだろうし、気付いても 天候が悪かったのかな、とでも誤解してくれるかもしれない、証拠のデータ残っているわけじゃないし!』とでも嘯いているかのような傲慢な経営姿勢を現しながら。

ハテナ
 それにしても こんな発電業者認可した 監督官庁 経産相 は 何故 呆れ果てた無責任に見える傲慢な態度野放しにしているのでしょうか?
 既存電力会社には あれだけ厳しい態度で 監督・行政指導 を 行ってきたのに、こんな利益重視太陽光発電業者 が、 安定供給どころか 既存火力等発電網ダメージを平気で与えているのに、 しかも 〜42円/kWhという べらぼうな高額料金再エネ賦課金として 国民に強制負担させながら!

 もちろん 既存電力会社と比べ 『天下り先としての魅力も、集票マシン能力も イマイチ だし、圧力をかけて権力に従わせる快感という魅力も少ないしな〜〜』、なんて お考えとは思いませんし、思いたく有りませんが、 監督官庁が ここまで 利益目的 軟件銀行G の 横暴な態度を放置している理由が理解出来ないもので、
 まさか認可条件に『気が向いた時だけで良いから、もし金儲け したかったら 発電してね、』、
安定供給責任馬鹿まじめな既存電力会社押しつけてあげたから!』なんて文言が入っているのでしょうか。
 皆様は、干涸らびていない老人名物 社長経産相・官僚態度 を どうお感じですか?

 また、以前 社員の給料を削って 1%でも電気料金を安くしろ!』と強硬に主張した きな新聞の執筆者は、上記 『勝手な発電停止に対処』するために費やされる 『既存電力会社余力として無駄に待機させておかなければならない火力発電所等のコスト』がどのくらいになるのか試算したのでしょうか、
 出力 111MW(11.1万kW)の1.5〜2倍程度の火力発電機を 軟件銀行Gの利益目的不安定太陽光発電所何時 突然発電停止/再開しても良いよう 『常時アイドリング状態で待機させておくための費用』、 無駄な待機や低出力・低効率発電により余分に発生するCO排出量』、
それも太陽光発電側の責任なのに、 何故か既存電力会社火力発電側勘定 として計上されており、 太陽光発電のためとはわからない形税金による国民負担、電気料金に潜り込ませて(再エネ賦課金 としてですらなく) 国民が気付かず支払っているを ・・・・

 多分、(社内 電力消費削減のため) パソコン、ワープロ類の使用が禁じられ、 硯で墨をすったり、慣れない手つきで 必死に算盤を弾いている途中 だと信じたいのですが、なんて有るわけ無いか、ちゃんちゃん

【4月20日、21日 データ公開拒否したのは なんでだろう の段】
20−21拒否
 左図 は、軟件銀行GがHPでしている 全国25箇所・号基 太陽光発電所当日累積発電電力量25箇所積み上げ2016-04-19〜21について 当日内時間推移(間隔は一定では無い)【グラフ】として表示したものです。

 一目でわかるように、20日夜明け〜11時前 と 17時過ぎ〜21日夜明け〜10時前 の間、一切のアクセスが拒否されていました。

HTTP404
 それも、該社HPトップ のメニュー 『発電状況 各地の発電状況を確認』をクリックし、 直前まで正しく表示していたURLと同一URL に 跳んで行っているのに 何故か『HTTP404 Webページが見つかりません』エラー、 つまり 先ほどまで存在した『発電状況表示用HTMLファイルが 何故か削除』されているという、信じられない状況に。

 通常のメンテなどで表示できない場合は『ただいまメンテ中で表示出来ません』というメッセージ表示用ファイルと差し替え、 まともな組織体ならば『メンテが何時終了予定、いつから表示可能となるか』のメッセージを付与するものですが、非常識が当たり前であるかのように見える 軟件銀行G には通用しないようです。
 該発電会社HPによれば『新卒募集は行わず、経験者のみ採用』と謳っているようですので、社員の皆様は 前職で健全に培った『娑婆の常識全て捨て去れ〜〜』なんて 終戦(S21:1945-08-15)前の帝国陸軍・内務班 の 日常同様、鬼軍曹に 精神注入棒 で ぼこぼこに殴られ、しごかれ、 社風に染まり、疑問にも思わなくなってしまった、なんてことでなければ良いのですが、『当社の常識、社会の非常識!』てか。

怒り
 ただ機械的に 厳正なる社訓に従っただけかもしれませんが、何故、たとえ事後になってでも『していた情報 を突然停止/再開したのかの 理由説明』を 行おうとしないのでしょうか、従来の電力会社 では 些細なトラブルでもHP上で公開説明しているのと比べると、 『誠意無さ、社会に対する傲慢な態度』と感じざるを得ないのですが、皆様は如何お感じですか?
『不都合な事実は出来るだけ隠蔽する体質では無いか』 という疑いをもたれたら、『会社干涸らびていない老人名物 社長の沽券に関わる』なんて心配する風土では無いんでしょうか、 まさか 『いまさら・・・』なんて諦めているとか。

ハテナ
 今回の『表示拒否』はもっと大きな本質的な問題をはらんでいます。
 もし貴方が 20日19時に『今日の発電実績は如何ほどかな』とアクセスしても『おととい おいで!』とすら言われずアクセス拒否、 翌21日未明には『20日分発電実績量』リセットされ 『ゼロ』になっており、 20日17時になら確認できたはずの『当日(〜17時)発電実績量』は永遠に闇に葬られ、知るすべは無くなっている、と言うことになります。

 もちろん、19日時点の『稼働からの総発電電力量』を貴方がメモっていれば、21日のその値と比較することにより 大まかな『20日の発電量』推定出来ますが、 21日未明『前日分実績リセット』と同時(実際は少し遅れて)に行われる何の説明も無く、 数値もその都度異なる稼働来累積発電量の補正(後述)』により データの信頼度著しく低下していることを覚悟しての上ですが。

不適切情報開示
 さらに問題なのは、例えば『21日 日没後 20時にアクセスして得た当日発電実績』の値は、いったい何を表しているのか不明な点です。
 わんこのように、21日の日の出前から1時間毎にアクセスし拒否し続けられていた場合ですら 10時に表示再開で得られたデータが何を意味するのか理解出来ませんので、
だって『何時何分にアクセス許可を出し表示再開したのか、それ以前は発電不能だったのか、発電していたが 単にHPへの表示のみ拒否していたのか』 という最も重要な情報が『開示拒否』されているのですから。

 21日10時に得られたデータはどっちなのでしょうか、9時以降10時迄の間のどこかでアクセス許可・表示再開したとき、実績データは『ゼロ』からスタートしたのでしょうか、 それとも 当日、日の出時点からの累積値を突然ポンと出してきたのでしょうか、部外者には知るすべもありません。
 もちろん、『10時時点には公開再開しているはず』と事前にわかっていれば『9時以降、最小データ更新頻度である 1分毎に更新ボタンをクリックし、 アクセス許可が出た瞬間のデータを見ることにより、どちらか推定出来るとは思いますが、 『10時に再開されるのか、それとも今日も日没になっても拒否され続けるのか』不明の状態で 1分間隔のアクセス、それも無駄かもしれない作業を永遠に続けることを求められてもね〜〜 15分間隔ですら『パンツをあげながら』状態になることは実証されているのに。

 何故、『トラブルの内容、何時始まって何時回復したか、そのときデータをどう処理して表示したか』説明しようとしないのでしょうか、 政治屋であれ、経営屋であれ、組織であれ 自己に 不都合な情報積極的に公開してこそ 評価が高まると思いますよ、 隠蔽ばかりしていると 逆に 信用を失うのではありませんか?

こんな不誠実情報公開を行いながら、 『自然エネルギー64,724.6軒分の電力を供給し、354,279.8kgCO削減』(2016-04-21 21:00 HP : 勇払)と誇らしげに宣伝するなんて、 干涸らびていない老人名物 社長に率いられた軟件銀行Gは ある意味、『ご立派 というか たいしたタマだ!』(≠ 褒め言葉)、と言いたくなりますが、皆様は如何お感じですか、 『金儲け最優先なら当たり前の行動では無いか?』なんて、変に納得されても困りますが。

【太陽光発電所秒単位の激しい出力変動しているようだ の段】
えびの市朝寝坊
 左図 は 北海道・勇払 巨大111MW太陽光発電所の 比較的好天だった 2016-04-26 11:45〜13:00 一分間隔の発電状況 を示した【グラフ】です。
 『日照(日射計)データ kW/m『発電電力瞬時値 kW(定格比)』 は ほぼ同じ形の【グラフ】となっていますが、微妙に異なっています。

 例えば 12:18〜12:22激しい変動時 には、相当の 応答特性の差 からか、明らかに山の形が異なっています。 つまり、『発電電力は分単位では捕らえられない、秒単位で変動している』という事実を如実に示しています。
 外回りの皆様が日中 日差しの変化を感じて見上げると 『お天道様の前を小さな薄い雲が横切っていた』というのと同様の事象で、 これが いわば 太陽光発電の最大の特徴、欠点です。

干涸らびていない老人名物 社長の掌で踊っている』、 と 揶揄したくなるような 自然エネルギー協議会に集う 自治体首長』達『絶対に必要』として導入を求め、実施している 数百億円/基蓄電池 は この激しい短時間出力変動吸収するためだけ役立つものです、 長時間日照不足による発電力低下には能力不足対処出来ない半端な役割の。

カネ
 しかも、この蓄電池設置・維持管理・何年か後の交換費用は 全て 税金・既存電力会社の変電所設備費用(電気料金としてユーザ負担)とされ、 本来計上すべき太陽光発電コストとは無関係なように偽るという いわば 卑怯きわまりない形で 国民負担させるという、
 皆様が毎月ご覧になる『電気料金明細』に示されている 『再エネ賦課金』(軟件銀行G等の利益の原資) つまり 太陽光発電等の自然エネルギー発電導入により必然的に負担を強制していると明示されたコスト含まれていない別途負担金 であるのに 、太陽光発電業者利益拡大のために、 まるで 恥を知らないかのような態度で。

【太陽光発電所天候さえ安定なら使い物になるのだが の段】
インターバル
左図2016-05-04 09:53〜10:32各号基 1分間隔 発電量瞬時値【グラフ】です。
 なお、1分間隔データ採取できない(1分毎に採取しても意味の無い) 10分間平均(?)データ表示の3ヶ所・号基 は、除外してあります。

【グラフ】に明確に顕れていますが、上部に固まっている 天候安定(好天)グループ は、ほぼ一定の発電を保っており 問題有りませんが、
下部のグループは、天候に恵まれず 低い発電力のままか、日照に応じて 秒単位激しい発電出力変動 を起こしています。

ハテナ
 所詮、『日差しそのままの発電力』 という 太陽光発電の特徴というか本質的欠点 を現しているだけですが、 エネルギー論議を行う場合、特に『自然エネルギー信奉者』が、意図的か無意識下はともかく、議論の表面に出さないようにしているのではないか、という 視点を持っていただきたいのですが。

 実用化を目指して多くの研究者・技術者が 長年悪戦苦闘してきたのに、 宇宙、山間の無人中継所、観測所等の特殊分野で、しかも蓄電池とセットである意味、コスパの『コスト軽視パフォーマンス【性能!】優先』で 導入されてきたものを、出力が自由に調節可能な火力・原子力等の安定供給可能発電あたかも同等であるかのように扱う人々は、 『何か特殊な意図を持って主張しているのでは無いか?』という視点を持つことも必要ではありませんか、 実用化コスト無視したり隠した議論なんて 貴方の会社や組織で 相手にされますか
 例えば『太陽光発電 や 風力発電 には 数百億円/基の蓄電池 and / or 無駄に遊ばせておく火力発電等が必須』、 したがって 『その分のコスト太陽光発電のコストに含めて議論すべきだ』、 という自明の理言及しない自然エネルギー信奉者には、うさんくさいものを感じますが、皆様は如何お感じですか。

怒り
干涸らびていない老人 『具体的な補完効果、モンゴル〜日本・送電線構築コスト』を明確にせず、『現在より安く電力供給可能』と 『構想(まさか 大ボラ?)』のみ語る 名物社長 なんて ・・・

『都合の悪い情報は平気で隠避』したり、 上述のようなある意味でたらめな商用・売電・再エネ賦課金原資 発電所運用を行っている 利益重視・自然エネルギー標榜発電会社経営責任者』が、 何故 顔も伏せずに世の中を跋扈できるのか、という点についても どうにも理解出来ませんが、皆様はどのように 理解されていますか、

わんこ の 考えが古いだけだ! 今は カネがカタキの世の中なんだから』 なんて言われたら 引っ込むしか無いんでしょうが、厭な世の中になったなあ〜〜、日本人て不思議だなあ〜〜

【えびの市の太陽光発電所は 4月11日 朝寝坊したようだ の段】
えびの市朝寝坊
 左図 は 宮崎県えびの市に設置された太陽光発電所の 2016-04-11朝方発電状況 を示した【グラフ】です。
比較のため、近隣・佐賀県嬉野市のデータと併記してありますが、11日朝方の起き上がりが悪いことが一目瞭然です。
 13日 えびの市は、お天道様が 天岩戸10:00になっても 日射ゼロ 発電電力 0.00kW の状態が続き、 10:30にようやく 日射 0.56kW/m 発電電力 679.70kW に回復し、 11:30には 0.71kW/m 812.30kW ・・・と発電を続けていました。
 多分、前夜 芋焼酎を飲み過ぎて起きられなかったんでしょうね、

 軟件銀行Gの鉄の規律を守り、『朝寝坊して遅刻した』なんてみっともないことは絶対に公表しませんので、 当日昼頃、データを見た人は『今日発電量が少ないが、午前中 曇っていたのかな』と 思い込まされる、 という なんとも 電力会社らしくない というより まともな企業、社会人として有り得ない、ある意味卑怯な態度を貫いています、 干涸らびていない老人名物社長が 4年前にふかした大ボラなんて 公言する会社なんですから 仕方ないというべきなんでしょうか、
それにしてもね〜〜 こんな会社に『再エネ賦課金』を いわばむしり取られているなんて ・・・・

日本の夜明けは 北海道・紋別 太陽光発電所から始まるぜよ段】
徳島板野夜明け前
 左図は、北海道・紋別 太陽光発電所(2.4MW) 2016-04-26早朝 の 発電状況です。
 早朝5時というと日の出前後、ご承知のように 日の出は 位置が のほど、高度が高いほど、当然 南東面に障害物が無いほど 早くなります。

 紋別では 04:54時点、既に発電が開始されており、一時的に 0kWに成りますが、05:01には本格的に(太陽光発電パネルに)日が差し始め、以後 ぐんぐんと発電力が高まっているのが見て取れます。
 一方、日照(日射計)データは 一貫して 0.01kW/m を守り続けています。

 軟件銀行Gの伝統として『日照データを粗末に扱う』のは仕方ないのかもしれませんが、 やはり 分解能(≒精度?) 0.01kW/m なんて日照(日射計)データで良いのか 疑問を持たないようでは 『単にデータを表示しているのみ』『データの持つ意味なんて全く興味が無いんでしょうね、
もちろん 月末に口座に振り込まれる売電収入(原資は『再エネ賦課金』) と密接な関係にある 『累積発電電力量kWhデータ』 だけは 敵(カタキ)でしょうが!

日の出
 ちなみに、二番目に早起きの太陽光発電所は どこだと思いますか、北海道以外で?

データ を見ている限りでは 意外というか 『栃木県・日光』のようです、経度(東)では北海道に多少劣りますが、緯度が低い(南)こと、 紋別が海岸線近くであるのに対し 日光は山地で 標高 数100m、つまり高度を稼げることが アマ無線430MHz山岳移動 と同様、有利に働いていると思われます、団地の北側棟が 最上階から光り輝き始めるのと同様に。  もちろん、『めざまし』のメンバー が 早く床につくのと同様に おねむ になる時刻も早いはずです、もちろん 高度を稼いでいる分 起きている時間は他所より長いはずが。

エアコン
 そういえば ベランダ日照3時間嫌・忌・既存電力会社 ブレーカー5A記者何階にお住まいなのでしょうか、 『妻(w/ 子?)』のために エアコン導入を決意された ことを祈ります、

最近のエアコンは 省エネ化が進んでおり うまく使えば電力消費を抑えられますし、なによりも 中京地方の夏は暑い と聞いていますので。

【徳島・板野太陽光発電所は 5月11日 夜明け前発電したようだ の段】
徳島板野夜明け前
 左図は、徳島・板野 太陽光発電所(2.8MW) 2016-05-11早朝発電状況(日照、発電電力、当日累積発電量、稼働来累積発電量)を【グラフ】化したものです。
 軟件銀行G特有の 奇妙奇天烈摩訶不思議な現象 に おきづきになられましたか?『 夜明け前なのに断続的に発電している』という。
 わんこは、たまたま 01:30時点『前日累積発電量リセット、稼働来累積発電量修正』確認のためゲットしたデータを整理していて気付いてしまったのですが、
なんと『ゼロであるべき当日累積発電量が 0.67kWh』!

 慌てて 30分毎にデータゲットしたところ、まるで狐につままれたような状態、だって 発電電力量(その時点での瞬時値)が 『ゼロと13kWの間で脈動!』

徳島板野03:30
 いくら軟件銀行G日照(日射計)データ が 信用できない(0.01kW/m 分解能 ≒ 精度?)としても、 日照ゼロ、時刻から考えても明らかに日の出前なのに。
 左図をご覧頂ければ 泡沫(うたかた)の夢 で無いと信じて頂けるかと。

 なお、当方能力の限界から 30分毎のデータゲットしか出来ておらず、 残念ながら 発電電力13kW状態が、将に瞬時(03:30, 04:30, 05:30 のみ)現象だったのか、 それとも 03:30〜03:59の間 13kW状態、04:00に一瞬 0kW になり、再び 04:01〜04:59の間 13kW状態 を継続したのかは判別できていません。
 そのうち、日の出と共に 日照に応じた発電が始まり、異常発電データ が その中に隠れてしまったため、当方も しばし 微睡む ことに ・・・

徳島板野お利口おねむ
 日中は正常発電に埋もれて確認できないため、日没時点に再度挑戦してみましたが、左図のように ともちん(!)は 朝のようにぐずりもせず、おとなしく おねむになったようで、異常は確認できませんでした。

 『軟件銀行Gの厳正なる就業規則に則って』なんてことはないでしょうが、今回の異常現象も 当然 何の説明も為されていないので、原因は不明です、 『03:30に データゲットなんてしなければ気付かずに済んだはずだ』、と自分に言い聞かせるしか無いんでしょうね、いつものように。

鎮魂
 推定ですが、干涸らびていない老人名物社長が 4年前にふかした大ボラを 実現するため、日本の遙か東方 日の出の早い アリューシャン列島、 本土防衛のための捨て石として 日本軍守備隊 戦死2,700名、捕虜(負傷した)わずか27名といわれる『玉砕のアッツ島』 か、 深夜 駆逐艦主体により密かに守備隊 5,200名全員を無事救出した後の無人の日本軍陣地に 米軍が熾烈な艦砲射撃、爆撃を行った後上陸し無人(わんこ数匹、狐さんも居たとか)の地で同士討ちまでしたと伝えられる『奇跡の島キスカ』(映画化された時 カタカナの『カ』漢字の『力(りょく)』と 勘違いし 興奮した若者が居た、という都市伝説有り) あたりにでも お得意の秘密発電所を設置、『モンゴル〜日本 長大送電線』実現のための海底送電ケーブル実証実験を行っていたのが、 ちょっとした手違いで『徳・板野』のデータとして表示されてしまったのかもしれません、なんて有るわけ無いか。

【全国太陽光発電所では深夜密かに 成績査定がなされているようだ の段】
高砂データ
左図毎日未明に実施される『前日(日の出〜日没後・深夜)発電実績リセット後の 少し後に実施される 『稼働来累積発電電力量補正(変化)日毎推移』 (2016-05-01〜15)を示した【グラフ】です。

 縦軸は、各号基の『定格最大出力(kW)に対する比』に換算してあり、日毎、号基毎に異なりますが、 多い時で 定格最大出力1時間分20%近くの補正(報酬 追加支給 / 没収)が有ります、 日没後 『その日の発電実績 kWh』として申告・公表していた 値が誤りだった(サービス残業 / 残業 が ばれた?!)結果 を 厳しく問われて。

不実広報
 例えば 2016-05-13 05:00 に確認した 鳥取太陽光発電所(定格最大出力 42,900kW) は、 前23日まで『稼働来累積発電電力量』6,897kW(= 108,509,810 - 108,502,913 kWh)メガソーラ7時間近く フル発電したのに相当する電力量加算されていますが、なんの説明も為されていません

 どうせ、日中は1分毎の瞬時値累積しており、深夜・リセット後、別途測定していた 累積発電電力量計の値で置き換え、つじつま合わせをしているのでしょうが、 毎日のように、太陽光発電所 一箇所毎に 最大 数MWh もの 発電電力量実績修正しているなんて、 それも 皆様が気付かない深夜に、修正前のデータ(修正した証拠)の残らない形で!

プンプン
 最低限、前日実績発電電力量(= 稼働来累積発電電力量の当日増加分)を 補正前補正後対比できる形で 記録に残し、検証できるデータとして明示・残する義務があると思いませんか。

 だって、毎日 日の出〜日没間、この発電所では 『太陽光発電 により 一般家庭 何千軒分の電力発電し、 何万kgCO2削減した』と 誇らしげに 宣伝している数値を計算する 基になっているデータ なのですから。

ハテナ?
 『些細なことが気になる質(たち)なもので』口癖警部殿 と 同様な感覚を有する方は、 【グラフ】中で、0% を死守する直線 が あることにお気付きかもしれません。
 ただ、それに気付いた方でも 『0%直線3本 重なっているなんて、お釈迦様でも気づきめ〜〜』
実は その3本とは『群馬県北群馬郡』、『京都府京都市1&2』であり、常に(わんこ が 確認した 全ての日) で 0%、つまり 補正が為されていないことを。
 これには 深い理由(訳)があるので 『後述↓』します。

【タイムラグは 承知しているが 測定インターバル2種類あるなんて聞いていませんよ の段】
インターバル
左図2016-05-04 09:53〜10:32各号基 1分間各発電量累積【グラフ】です。 1分間隔 で データゲット を継続するのは 40分が限度でした、お察しください (^^;

 一目でわかりますが、『実質的なデータ更新』『1分間隔』『10分間隔』2種類混在 しているようです。

 軟件銀行G HP でも『注意書き』されていますが 通常、測定データをHP等で公開するまでに、各種処理時間がかかるため、多少なりともタイムラグ(lag : 遅れ、時間のずれ!』が 発生します。
このため、例えば 10:00 に クリックした時、『タイムラグ が 1分 or 2分』とすると 『09:59 or 09:58のデータ』をゲットできる と言うわけで、 逆に言うと『タイムラグ が 1分』の場合、『10:00のデータ』をゲットするためには 『10:01にクリックする』必要があると言うことです、現実には 10:00にクリックし、その後 10:00のデータ が 得られるまで 30秒間隔程度で更新し続けることになります。

ハテナ?
 しかし、【グラフ】には 大きな問題があります。25箇所・号基中、3箇所・号基のみ『10分間隔でしかデータ更新されていない』という重大事象が。

つまり 10:01にゲットすると、22箇所10:00のデータ が表示されるのに、 3箇所・号基のデータのみは、09:51更新データが表示され続け、10:01になって初めて 10:00のデータ表示、それが 〜10:10迄続く、という 階段状ピラミッド形状として。
 これは『タイムラグ』なんてものでは無く、明確な『測定間隔 2種類のデータ混在』であると言えます。

怒り
 軟件銀行Gは、何故 何の説明も無く こんな『稚拙な情報公を平気で行えるのでしょうか?

 こんな、ある意味でたらめ、小学生の宿題でも×が付くような【表】を作成するのでしょうか、最低限、『この3箇所・号基10分間隔毎時01,11、・・・51のみ更新されます』、という注意書きを掲示しないのでしょうか、常識有るならわかりきったことである タイムラグ にわざわざ言及するくらいなら、

 まさか、『毎時00分にデータゲットしている馬鹿が居るぜ、9分前のデータを混ぜてあるとも知らず』なんて 呵々大笑している なんてことは無いでしょうが、 そもそも『何のためにデータ公してるのか』、技術レベル(承知の上行って居るのなら品格が)が疑われかねない、という心配などしないのでしょうか。
干涸らびていない老人名物社長自身が 4年前にふかした大ボラなんて 恥じらいも無く公言する社風ですから、『あんなデータを まともに扱う馬鹿がいるのか!?』なんて かれる 違った しがられていなければ善いのですが、お互いのためにも。

蛇足
 該当する3箇所・号基(『群馬県北群馬郡』、『京都府京都市1&2』)と聞いて何かピンとくることはありませんか?
軟件銀行G発電会社HP 『発電所一覧』 を ご覧になったことがある方なら、『あれ? 一番下の3箇所(『発電状況一覧表』なら最上部)じゃないか!』と、 そうです、最も運転開始日が古い(2012年07月、09月)3基 なのです。
 何の説明も無いため 事情・実状は不明ですが、この古い3基のみ、それ以降の22基とは異なり、 10分間の計測データを蓄積・集計(平均?)し、10分毎(01分、11分、・・・頃)に 集計・HP表示担当人型ロボット に 送信しているのでは無いか、と推定されます。

 『深夜リセット時の補正量が、この『3基のみ常にゼロ』だったのも 『既に 10分間分を集計する時に補正済み』(or 補正済みと見なし)(他の22基は 未明に1日分まとめて補正)だったからではないか、 と思われますが、如何せん、秘密主義の軟件銀行G ですので パナマ文書の おこぼれ でも回ってこないと確認するすべは無いようです。

【高砂2号基気温計・日射計購入稟議却下され続けているようだ の段】
高砂データ
左図2016-05-15 21:00時点高砂2号基のポップアップ情報です。
 高砂の賢弟(2号基)は、一ヶ月以上経っても 暗黒・氷温での発電 が 続いているようです。

利益重視干涸らびていない老人軟件銀行G名物社長から、 『おまえのように稼ぎの悪い小身者(0.5MW!)が 一人前に日射計気温計 を欲しがるなんて贅沢だ!』と虐待され続けている、なんてのはゲスの勘ぐりなんでしょうね、多分。
カネ!
 低迷する軟件銀行Gの株価を下支えするため 巨額の自社株買い を表明したとのことですから、『無駄なカネ一銭でも使うな』という厳しい社内通達でもでたのでしょうか。
 半年で 165億円に続き、 『2015年度は 後継者と目される副社長に 80億4,200万円の報酬を支払った』とのこと、契約一時金が無くなったので 半減した結果で!(2016-05マスコミ報道)

後継者(?)への巨額報酬支払いは そのカネで自社株を購入してもらい、将来 MBO時 軟件銀行Gの支配権確保に役立ててもらえるが、 『日射計、気温計 購入稟議書』 なんて 金儲けに何の役に立つのか! なんて判断があるのかもしれませんが、まさかね〜〜

蛇足
: 会社の資金で 市場に出回っている自社の株を買い集めること。
 株価は値上がりし、株主はほくほく顔になる。もちろん 自社株買いを決定した 大株主である 経営陣自身(名物社長、後継者等)も当然、大きな含み益を 得ることが出来るはず。
 それ以上に、軟件銀行Gの株を ある意味 信用・担保 として集めた 巨額の資金 を利用した 企業買収・支配権拡大には、高値に吊り上がった株価維持 が 企業運営に必須 と思われるので、 自社株買い は 経営陣にとって 一石二鳥 どころか 三鳥 ・・・・妙案 と思われます、だって 会社のカネで 結果的に経営者自身の利益が期待できるはずですから、取締役さえ反対しなければ。

【富山では ホタルイカ大活躍 が続いているのだ の段】
富山データ
烏賊
 富山では、一ヶ月以上経っても ホタルイカの産卵 が 続いているようです。
 軟件銀行Gの感覚(共通意識)では 『些細なことにこだわるのは馬鹿な野郎!』と言うことなんでしょうね、 だって 干涸らびていない老人名物社長が 4年前にふかした大ボラ(が 実現しつつある)』なんて 公然(昂然!)と宣う風土なのですから、虚業ならともかく 一応 実業に携わっているのに。
公正さの象徴
 貴方は 『豚肉細切れ500グラム』を購入した時、肉を受け取った後 ふと見た 『ゼロに戻っていない』なんて 肉屋の親父 を 信用できますか?
『大安売り』の赤札が何枚も貼られていたり、『おまけしておいたよ!』なんて言われたって嬉しいと思いますか? 何より先に 正しい表示の秤を使え!』と思うのが正常な感覚のはずです。
以前は、こんなふてぶてしい態度はあり得ず、もしあったら 鼻つまみ者になっていたはずなんですが、実業、技術の世界では 。

 何故、『日没後 深夜 翌朝 日の出前でも日照実測データがゼロにならないのか』、正当な理由があるなら それを説明し、解決できない技術力のなさを正直に告白し、謝罪すべきでしょう、 データ表示の近くに明確な説明文を掲示して、だって『質問は受け付けない』と 明示しているのですから 『疑問を持たれないだけの十分な説明』 を付けて。
 まさか、最低限の倫理観すら持ち合わせていない というのなら、 軟件銀行Gは 都合の悪いデータ無視、頬被りするか、穴を掘って埋めるのが 当たり前田のクラッカー®?』と 自(おのず)から 然と していることになると思いますが、皆様は 如何お感じですか。

地蔵菩薩
 下記をお忘れ無く、
 
『新・映像の世紀・百年の悲劇は ここから始まった』
・第一回 『第一次世界大戦』 NHK総合(地デジ) 2015-10-25(日) 21:00〜22:15 (再放送 : 2015-10-28(27深夜),2015-12-18(金)17深夜 00:10〜01:25)は ご覧になりましたか。
 戦争の悲惨さ、戦争に至った経緯(『武力により紛争を自国が有利になるよう行動する『積極的平和主義』)、西欧大国欺瞞と裏切りによる 非(否?!)アラブ 軍事国家建国と 民族・宗教対立『パレスチナの悲劇』!
・第二回 『グレートファミリー 超大国アメリカの出現』 NHK総合 2015-11-29(日) 21:00〜22:15(再放送 : 2015年12月2日(水)午前0時10分〜0時59分(1日深夜)2015-12-18(金)17深夜 01:25)
・第三回 『時代は独裁者を求めた 第二次世界大戦』 NHK総合 2015-12-20(日) 21:00〜22:15(再放送 : 2016-01-08(金)(07(木)深夜) 01:30〜)
・第四回 『世界は嘘と秘密に覆われた 冷戦』 NHK総合 2016-01-24(日) 21:00〜21:49(再放送 : 2016-01-27(水) (26日(火)深夜) 02:10〜03:00)
・第五回 『NOの嵐が吹き荒れる 若者たちの反乱』 NHK総合 2016-02-21(日) 21:00〜21:50(再放送 : 2016-02-24(水)(23(火) 深夜) 00:10〜01:00)
・第六回 『あなたのワンカットが世界を変える 21世紀の潮流』 NHK総合 2016-03-20(日) 21:00〜21:49(再放送 : 2016-04-05(火)(04(月) 深夜) 00:10〜00:59)
多分、これだけの良質番組ですから、これからも再放送されると思います。
NHK HP : NHKスペシャル 「新・映像の世紀」で ご確認を!】

地蔵菩薩
 なお、【旧版】『映像の世紀』 NHK BS12016年1月1日 一挙再放送がありまました、ご覧になり(録画され)ましたか!
・2016-01-01(金) NHK BS1 00:00〜01:15 『第1集 20世紀の幕開け』
・2016-01-01(金) NHK BS1 01:20〜02:35 『第2集 大量殺戮の完成』
・2016-01-01(金) NHK BS1 02:40〜03:55 『第3集 それはマンハッタンから始まった』
・2016-01-01(金) NHK BS1 04:00〜05:15 『第4集 ヒトラーの野望』
・2016-01-01(金) NHK BS1 05:20〜06:35 『第5集 世界は地獄を見た』
・2016-01-01(金) NHK BS1 06:40〜07:55 『第6集 独立の旗の下に』
・2016-01-01(金) NHK BS1 08:00〜09:15 『第7集 勝者の世界分割』
・2016-01-01(金) NHK BS1 09:20〜10:35 『第8集 恐怖の中の平和』
・2016-01-01(金) NHK BS1 10:40〜11:55 『第9集 ベトナムの衝撃〜アメリカ社会が揺らぎ始めた〜』
・2016-01-01(金) NHK BS1 12:00〜13:15 『第10集 民族の悲劇果てしなく』
・2016-01-01(金) NHK BS1 13:20〜14:36 『第11集 JAPAN 世界が見た明治・大正・昭和』

児童
 どれも必見ですが、とりわけ 『第2,4,5,9集』は お見逃し無く(録画をお勧め)、せめて『第5集』だけでも
どこかの坊ちゃん政治屋なら いざ知らず、ちゃんとした子供さんなら『何かを感じてくれるはずですから、
録画して(小学生(高学年)なら 親御さんが一緒録画したものを、それ以下なら 何年か後に)ご覧になることをお勧めします、せめて 『第5集』だけでも。

 見逃してもご心配なく、これだけの『良質ドキュメント番組』 ですから、 従来から CS放送(チャンネル銀河、ヒストリーチャンネル 他)毎年繰り返し放送されています、
特に、春先から沖縄戦終結の日、終戦の日 のころなら 確実に。
 『戦争を知らない子供達』 は 録画し折に触れ視て、坊ちゃん政治屋 が 憧れ、 皆様を連れ込もうとしている『美しい国・日本』、『積極的平和主義』という名の 力尽くで他者を支配したがる政治屋達の目指す 『皆様の未来に成り得る悲惨な世界』 の 実態 と 『犠牲になった 国内外 多数の庶民』想いを馳せて頂けたら、と願います、 それらの 『責任を負うべき指導者達犠牲者同列に扱う 呆れ果てた政治屋達』 に 対する 厳しい目も。

日本
 これらを見ておけば、 後日『知らなかった、(政府に)だまされていた!』なんて被害者面(づら)しないですみますから ・・・
 『政権与党による公共放送支配』が 強化され続ければ 『このような良質番組』は 真っ先に制作・放送禁止になるのでしょうね、多分。
『ベトナム戦争での報道の力』を 思い知らされた 軍事大国が 『イラク以降では徹底的な戦場報道管制を実施』と言われる 前(≠善)例を踏襲して、 親分に憧れ 下っ端子分の座を目指しているように見える 坊ちゃん政治屋なら 充分あり得ることと思いませんか 『放送法解釈を変更した』なんて、恥ずかしげも無く。
 『気骨ある報道マン』に 期待するのみですが ・・・

軟件銀行G 北海道・太陽光発電試験場残光

筆注 2016-05-15版 (その後の変化次回以降 追加)
『色付け』『フォント大』『強調』、『改行挿入』等 は By わんこ
【記載箇所】 2016-04-26確認 2016-03-31確認 2016-02-24確認 2016-02-19確認 2016-02-04確認 2016-01-21確認 2015-12-29確認 2015-12-09確認 2013-03-25確認 2013-02-10確認
太陽光発電試験場
【最上部】
そこで、2011年12月から2016年1月までの約4年間、北海道に国内外10社のパネルを並べた試験場を設置し、発電特性や積雪対策などの研究を行ってまいりました

【再び 『公開』を削除、過去形】

『[注] ・・・(海側)は2015年10月5日までのデータとなります。』行 そのものを【再び削除】
そこで、2011年12月に北海道に国内外10社のパネルを並べた試験場を設置し、発電特性や積雪対策などの研究を開始いたしました

データは広く自然エネルギー普及・促進のために公開してまいります【復活!】してまいります


[注] ※【胆振地方】太陽光発電場(海側)は2015年10月5日までのデータとなります。【復活!】
そこで、2011年12月から2016年1月までの約4年間、北海道に国内外10社のパネルを並べた試験場を設置し、発電特性や積雪対策などの研究を行ってまいりました

【『公開』を削除、過去形】

『[注] ・・・(海側)は2015年10月5日までのデータとなります。』行 そのものを【削除】
そこで、2011年12月に北海道に国内外10社のパネルを並べた試験場を設置し、発電特性や積雪対策などの研究を開始いたしました

データは広く自然エネルギー普及・促進のために公開してまいります


[注] ※【胆振地方】太陽光発電場(海側)は2015年10月5日までのデータとなります。
そこで、2011年12月に北海道に国内外10社のパネルを並べた試験場を設置し、発電特性や積雪対策などの研究を開始いたしました

データは広く自然エネルギー普及・促進のために公開してまいります


【『移設予定』削除されている】

[注] ※【胆振地方】太陽光発電場(海側)は2015年10月5日までのデータとなります。
そこで、2011年12月に北海道に国内外10社のパネルを並べた試験場を設置し、発電特性や積雪対策などの研究を開始いたしました

データは広く自然エネルギー普及・促進のために公開してまいります


[注]※尚、【十勝地方】太陽光発電試験場については2013年2月を以て運用を停止し、別地域へ移設する予定となります。
太陽光発電試験場
[表]【胆振地方】太陽光発電試験場(陸側)
試験開始 2011年12月22日
※2016年1月31日運用停止
試験開始 2011年12月22日
※2016年1月31日運用停止
試験開始 2011年12月22日
※2016年1月31日運用停止
試験開始 2011年12月22日
※2016年1月31日運用停止予定
試験開始 2011年12月22日 試験開始 2011年12月22日
太陽光発電試験場
[表]【胆振地方】太陽光発電試験場(海側)
試験開始 2011年12月22日
※2015年10月5日運用停止
試験開始 2011年12月22日
※2015年10月5日運用停止
試験開始 2011年12月22日
※2015年10月5日 運用停止
試験開始 2011年12月22日
※2015年10月5日 停止
試験開始 2011年12月22日
※2015年10月5日 停止
試験開始 2011年12月22日
太陽光発電試験場
[表]【十勝地方】試験場
試験開始 2011年12月15日
※2013年2月24日運用停止
試験開始 2011年12月15日
※2013年2月24日運用停止
試験開始 2011年12月15日
※2013年2月24日運用停止
試験開始 2011年12月15日
※2013年2月24日運用停止
試験開始 2011年12月15日
※2013年2月24日運用停止
試験開始 2011年12月15日
2013年2月24日運用停止
太陽光発電試験場
リアルタイムの発電特性測定データ
(運用レポート)
運用レポート
ここでは、2013年3月から2015年12月までの試験場運用結果について詳細レポートを掲載いたします。
【胆振地方】太陽光発電試験場 運転状況レポート(PDF形式:539KB/36ページ)』

初回、第二回(下記 内容無残)】リンクを削除し、レポート存在そのものを隠蔽
[十勝地方]・[胆振地方] 太陽光発電試験場運転状況【開設案内
[十勝地方]・[胆振地方] 太陽光発電試験場運転状況レポート【2012年度
もちろん、『どのような(不具合)理由閲覧できなくしたか、一切記述無し

運用レポート
ここでは、試験場の運用状況の詳細を、不定期にレポートいたします。
※ 運用レポートは、2016年4月中に最新版の掲載を予定しております。

初回、第二回(下記 内容無残)】リンクを削除し、レポート存在そのものを隠蔽
[十勝地方]・[胆振地方] 太陽光発電試験場運転状況【開設案内
[十勝地方]・[胆振地方] 太陽光発電試験場運転状況レポート【2012年度

もちろん、『どのような(不具合)理由閲覧できなくしたか、 最新版では『差異(隠蔽した【旧版】の誤り箇所)を明示』するのか、 いまだ発行されていない2013年度以降のレポート』は含まれるのか、 一切の記述無し

運用レポート
ここでは、試験場の運用状況の詳細を、不定期にレポートいたします。
初回、第二回2行 再び削除
[十勝地方]・[胆振地方] 太陽光発電試験場運転状況
[十勝地方]・[胆振地方] 太陽光発電試験場運転状況レポート
運用レポート
ここでは、試験場の運用状況の詳細を、不定期にレポートいたします。
【復活】初回は試験場の建設開始からこれまでの状況ご報告いたします。
【復活】第二回として、2012年の運用状況をご報告いたします。
[十勝地方]・[胆振地方] 太陽光発電試験場運転状況
[十勝地方]・[胆振地方] 太陽光発電試験場運転状況レポート
運用レポート
ここでは、試験場の運用状況の詳細を、不定期にレポートいたします。
初回、第二回2行削除
[十勝地方]・[胆振地方] 太陽光発電試験場運転状況
[十勝地方]・[胆振地方] 太陽光発電試験場運転状況レポート
運用レポート
ここでは、試験場の運用状況の詳細を、不定期にレポートいたします。
初回は試験場の建設開始からこれまでの状況ご報告いたします。
第二回として、2012年の運用状況をご報告いたします。
[十勝地方]・[胆振地方] 太陽光発電試験場運転状況
[十勝地方]・[胆振地方] 太陽光発電試験場運転状況レポート
運用レポート
ここでは、試験場の運用状況の詳細を、不定期にレポートいたします。
初回は試験場の建設開始からこれまでの状況ご報告いたします。 第二回として、2012年の運用状況をご報告いたします。
[十勝地方]・[胆振地方] 太陽光発電試験場運転状況
[十勝地方]・[胆振地方] 太陽光発電試験場運転状況レポート
運用レポート
ここでは、試験場の運用状況の詳細を、不定期にレポートいたします。
初回は試験場の建設開始からこれまでの状況ご報告いたします。
第二回として、2012年の運用状況をご報告いたします。
[十勝地方]・[胆振地方] 太陽光発電試験場運転状況
[十勝地方]・[胆振地方] 太陽光発電試験場運転状況レポート
【記載箇所】 2016-04-26確認 2016-03-31確認 2016-02-24確認 2016-02-19確認 2016-02-04確認 2016-01-21確認 2015-12-29確認 2015-12-09確認 2013-03-25確認 2013-02-10確認
太陽光発電試験場
リアルタイムの発電特性測定データ
(【グラフ】を見るための『入り口ページ』案内)
骸骨 【発電特性測定データ】の説明項目 そのもの 及び
【グラフ・データ表示】へのリンク
完全削除
『不都合な真実』
存在を闇に葬る!
リアルタイム【復活!】の発電特性測定データ
現在の【復活】試験場の発電特性の測定状況は以下【リンク】よりご覧いただけます
[注] ※1 2012/1/31のデータより参照可能
(2016年2月以降参照停止予定

【十勝地方】太陽光発電試験場については、2013年2月24日までの測定データを公開しています。

【胆振地方】太陽光発電試験場(海側)については、2015年10月5日までの測定データを公開しています

【この行削除】※【胆振地方】太陽光発電試験場(陸側)については、2016年1月31日までの測定データを公開しています。
【リアルタイム】削除発電特性測定データ
2016年1月31日をもって、太陽光発電試験場は運用停止いたしました。
【現在の】削除 以下のリンクより、2012年1月31日〜2016年1月31日の測定データをご覧いただけます。
[注] ※1 2012/1/31のデータより参照可能
(2016年2月以降 参照停止予定)
【十勝地方】太陽光発電試験場については、2013年2月24日までの測定データを公開しています。

【胆振地方】太陽光発電試験場(海側については、2015年10月5日までの測定データを公開しています。

※【胆振地方】太陽光発電試験場(陸側)については、2016年1月31日までの測定データを公開しています。
リアルタイムの発電特性測定データ
現在の試験場の発電特性の測定状況は以下【リンク】よりご覧いただけます
[注] ※1 2012/1/31のデータより参照可能
(2016年2月以降参照停止予定

【十勝地方】太陽光発電試験場については、2013年2月24日までの測定データを公開しています。

【胆振地方】太陽光発電試験場(海側)については、2015年10月5日までの測定データを公開しています
リアルタイムの発電特性測定データ
現在の試験場の発電特性の測定状況は以下【リンク】よりご覧いただけます
[注] ※1 2012/1/31のデータより参照可能

【十勝地方】太陽光発電試験場については、2013年2月24日までの測定データを公開しています。

※【胆振地方】太陽光発電試験場(海側)については、2015年10月5日までの測定データを公開しています。
リアルタイムの発電特性測定データ
現在の試験場の発電特性の測定状況は以下【リンク】よりご覧いただけます
[注] ※1 2012/1/31のデータより参照可能

【十勝地方】太陽光発電試験場については、2013年2月24日までの測定データを公開しています。
リアルタイムの発電特性測定データ
【グラフ】を見るための『唯一の入り口』ページ
【表題】
骸骨 [ここへの リンク無]【グラフ】表示閲覧不可能 表題【発電特性測定データ】
 『リアルタイム』表現を削除

2016年1月31日をもって、太陽光発電試験場は運用停止いたしました。
本ページのリンクより、2012年1月31日〜2016年1月31日の測定データをご覧いただけます。
表題【発電特性測定データ】
 『リアルタイム』表現を削除

2016年1月31日をもって、太陽光発電試験場は運用停止いたしました。
本ページのリンクより、2012年1月31日〜2016年1月31日の測定データをご覧いただけます。
表題【リアルタイムの発電特性測定データ】
表題【リアルタイムの発電特性測定データ】
表題【リアルタイムの発電特性測定データ】
表題【実証実験データ公開中
表題【実証実験データ公開中
リアルタイムの発電特性測定データ
発電特性表示モニターにおける注意事項
骸骨 [ここへの リンク無]【グラフ】表示閲覧不可能 2012/01/31〜2016/01/31の期間において、
試験場3カ所における現在の日射量、気温、10社分の発電特性を測定し、発電出力状況を5分に1回の間隔で取得してデータを更新しております。
[注] ※【十勝地方】太陽光発電試験場については、2013年2月24日までの測定データを公開しています。
※【胆振地方】太陽光発電試験場(海側)については、2015年10月5日までの測定データを公開しています。
※【胆振地方】太陽光発電試験場(陸側)については、2016年1月31日までの測定データを公開しています。
2012/01/31〜2016/01/31の期間において、
試験場3カ所における現在の日射量、気温、10社分の発電特性を測定し、発電出力状況を5分に1回の間隔で取得してデータを更新しております。
[注] ※【十勝地方】太陽光発電試験場については、2013年2月24日までの測定データを公開しています。
※【胆振地方】太陽光発電試験場(海側)については、2015年10月5日までの測定データを公開しています。
※【胆振地方】太陽光発電試験場(陸側)については、2016年1月31日までの測定データを公開しています。


試験場3カ所における現在の日射量、気温、10社分の発電特性を測定し、発電出力状況を5分に1回の間隔で取得してデータを更新しております。
[注] ※【十勝地方】太陽光発電試験場については、2013年2月24日までの測定データを公開しています。


試験場3カ所における現在の日射量、気温、10社分の発電特性を測定し、発電出力状況を5分に1回の間隔で取得してデータを更新しております。
[注] ※【十勝地方】太陽光発電試験場については、2013年2月24日までの測定データを公開しています。


試験場3カ所における現在の日射量、気温、10社分の発電特性を測定し、発電出力状況を5分に1回の間隔で取得してデータを更新しております。
[注] ※【十勝地方】太陽光発電試験場については、2013年2月24日までの測定データを公開しています。


試験場3カ所における現在の日射量、気温、10社分の発電特性を測定し、発電出力状況を5分に1回の間隔で取得してデータを更新しております。
[注] ※【十勝地方】太陽光発電試験場については、2013年2月24日までの測定データを公開しています。


試験場3カ所における現在の日射量、気温、10社分の発電特性を測定し、発電出力状況を5分に1回の間隔で取得してデータを更新しております。
リアルタイムの発電特性測定データ
発電特性測定対象の定格出力
骸骨 [ここへの リンク無]【グラフ】表示閲覧不可能 [注] ※1【十勝地方】太陽光発電試験場については、2013年2月24日までの測定データを公開しています。
※3【胆振地方】太陽光発電試験場(海側)については、2015年10月5日までの測定データを公開しています。
※4【胆振地方】太陽光発電試験場(陸側)については、2016年1月31日までの測定データを公開しています。
[注] ※1【十勝地方】太陽光発電試験場については、2013年2月24日までの測定データを公開しています。
※3【胆振地方】太陽光発電試験場(海側)については、2015年10月5日までの測定データを公開しています。
※4【胆振地方】太陽光発電試験場(陸側)については、2016年1月31日までの測定データを公開しています。
[注] ※1【十勝地方】太陽光発電試験場については、2013年2月24日までの測定データを公開しています。 [注] ※1【十勝地方】太陽光発電試験場については、2013年2月24日までの測定データを公開しています。 [注] ※1【十勝地方】太陽光発電試験場については、2013年2月24日までの測定データを公開しています。 [注] ※1【十勝地方】太陽光発電試験場については、2013年2月24日までの測定データを公開しています。 【十勝地方】太陽光発電試験場 : 【停止予告】無し
【記載箇所】 2016-04-26確認 2016-03-31確認 2016-02-24確認 2016-02-19確認 2016-02-04確認 2016-01-21確認 2015-12-29確認 2015-12-09確認 2013-03-25確認 2013-02-10確認
【グラフ】表示 3カ所共通
[過去データ の 存在すら 隠蔽]
定格最大出力でも【瞬時値グラフ】下部1/10にしかならないように 圧縮した
激しい出力変動を隠すかのような表示
公開開始前日である2012-01-30データ瞬時値日報 には 存在せず
but 1月分 月報値30日(データ存在) + 31日2日分加算値 表示
稼働状況
【胆振地方(陸側)】
[過去データ の 存在すら 隠蔽]
2016-02-01以降も発電
本当ラストラン
KaS社以外 9社 〜09:31 発電した2016-02-09
2016-01-01迄全10社なんとか発電
2016-01-02以降 KaS社のみ 何の説明も無く 終日停止 他9社発電継続
全10社なんとか発電
但し何の説明も無く
2013年 二ヶ月間夏休み
のように
 運転停止によるデータ欠損多く長期評価に適さず
稼働状況
【胆振地方(海側)】
[過去データ の 存在すら 隠蔽]
本当ラストラン10社Pa(三)社のみ 14:21〜19:11発電した
2016-01-31
二ヶ月以上経った 2015年12月公表
『停止日』(2015-10-05)以降断続的に発電
2015-11-18〜21 の例
2015-11-22 の例
[過去データ の 存在すら 隠蔽]
最も稼働率が高いため ウォツチ対象 としていたが、 2015年10月上旬『要介護5』認定
よれよれで這いずり回るが力尽き 仕方なく『ウォッチ対象』を以後、『陸側』に切り換える羽目に

公式声明(上述) では 『10月05日迄のデータ公開』と謳っているが、 実際は全10社とも 翌06日 好天に恵まれ完全に理想的な正常発電(メーカ別瞬時値、日報【グラフ】)』
但し『月報【グラフ】表示(左図は月報からデータ採取 + α)対象データ採集条件プログラム誤りと思われる不具合(【月報グラフ】では各所(月)で頻繁に発生)により 『05日迄のデータしか存在しないと誤判定(06日データ非表示)』している為、『06日の理想的発電データが存在』するのに 公式声明では『05日迄』と、事実とは異なるみっともない表現をしている模様。
 稼働当初から【月報グラフ】事実と異なる表示多数存在、こんなていたらくでは (みっともなくて人に見せられない データ全体の)参照停止』を宣言(上述)、幕引きをはかりたくなる気持ち も理解出来ますが。
 それにしても 技術者の尊敬の的である (技術監修(?)の)大岡山 は いったい【月報グラフ】を どんな見方で扱っていたんでしょうかね? ここの出身者は尊敬できる方々ばかりだったんですが、昔は。
 もちろん、直接 生データ を もらっていたでしょうから、『HPでの素人向け【グラフ】表示なんて知ったことか!』と言われかねませんが。

稼働状況
【十勝地方】
[過去データ の 存在すら 隠蔽]
ラストラン : 2013-02-24
長期評価を謳って構築したはずなのに 開始からわずか一年で閉鎖
  4年間掲げていた『移設予定』説明無しにさりげなく削除!、   呆れ果てるのみ評価対象になり得ず
【記載箇所】 2016-04-26確認 2016-03-31確認 2016-02-24確認 2016-02-19確認 2016-02-04確認 2016-01-21確認 2015-12-29確認 2015-12-09確認 2013-03-25確認 2013-02-10確認

2016-05-15記
怒り
干涸らびていない老人『買収・投資、携帯キャリアもやってるよ』 名物 社長 に率いられた 軟件銀行G 北海道・太陽光発電試験場【↑上記】 は、 『激しい発電出力変動を隠すかのような【グラフ】 のみならず『でたらめなデータ存在した事実そのもの までを 隠蔽し続けています。
 該社 HP トップ右下 に 『2016-04-26 更新』と 記載されていたため、 終に『4月中に発行』と 予告されていた『最新版運用レポート』が 発行されたのかとワクワクしながら 『太陽光発電試験場』の頁を閲覧したら、なんと言うことでしょう、期待外れというか 予想どおりというか、ある意味 『滓のような報告書』が鎮座していました。
『ここでは、2013年3月から2015年12月までの試験場運用結果について詳細レポートを掲載いたします。』なんて、白々しいというか、厚かましいというか、呆れ果てるのみです。

2016年10月レポート
 そのレポートですら、例えば、2015年10月の頁(左図 : 一部モザイク、詳細は原本PDFを 軟件銀行G該HP よりダウンロードしてください、隠蔽される前に!)』では、 【胆振・海側】10月全体が『運用停止』、『欠測日数31日』とされていますが、
2015-10-01〜03正常発電(下図 左)データや、 2015-10-04の断続発電、5日、6日正常発電(下図 右)データは 何処に消えてしまったのでしょうか?
 将に 『生データベースそのものを隠避してしまったのだから 確かめようが無いだろう!』、 とでも言うような 傲慢というか、馬鹿にした態度そのもので。

2015-09-27〜10-03 2015-10-04〜10-10

 『最新版運用レポート』には、その他でも
2013年3月は
・【陸側】『Knk社1日欠測』ただし『原因・理由説明 一切無し』

2013年4月は
・【海側】『SoF社1日欠測』ただし『原因・理由説明 一切無し』
・【陸側】『Pan(三)社1日欠測』ただし『原因・理由説明 一切無し』

   ・・・・・
2013年8月は
・【海側】一ヶ月全メーカー10社が『通信機器の故障により欠測』、『欠測日数31日
・【陸側】『各社日替わりで7日欠測』ただし『原因・理由説明 一切無し
 なんて データの重要性なんて歯牙にもかけない素っ気の無いものばかり、

何処の会社の通信機器を使用していたのかしれませんが、『信頼できる通信会社』を何故見つけられなかったのでしょうか、 通信機器故障一ヶ月も測定できない状態を放置(!?)して平気だなんて、長期評価を謳っていた試験場で。

研究体制
 つまり『最新版運用レポート』とは、
 ・初回は試験場の建設開始からこれまでの状況ご報告いたします。 [十勝地方]・[胆振地方] 太陽光発電試験場運転状況 【2012-01-31付】
 ・第二回として、2012年の運用状況をご報告いたします。[十勝地方]・[胆振地方] 太陽光発電試験場運転状況レポート【2013-03時点?】
 の双方とも、発行されていたことすら隠蔽し、2年もの間放置していた 2013年〜2015年データ【これも隠避済】を 従来同様のスカスカレベル、ある意味 いい加減に掲載したもののようです。
 特に大岡山(院・理工学研究科・電子物理工学専攻)』『研究体制・鼎の一脚』を占めていることを 2016年2月まで 長年にわたり誇らしげに掲載(左図)していた『初回・建設開始からこれまでの状況』レポート存在を隠蔽、抹殺しているのは、どんな倫理観に基づく行為なのでしょうか?
 『レポート【旧版】の矛盾点』、『今回の日照ゼロ発電の原理』 等々を どのように説明するかで 軟件銀行G名物社長大岡山(院・電子物理工学)の 『人間としての真価が定まるはずだ』、と思われませんか。 と書いたことが 虚しいばかり。

学生
 『こんな↑ ふざけたことを書いている馬鹿が居るぞ、何故放置するのだ!』
『事実無根なら、馬鹿に対し 厳重に抗議し、謝罪訂正させるべきだろう』
軟件銀行G大岡山の名前を無断使用したのなら、一切の協力関係、寄付や便宜供与などが全く無かったことを証明し、 軟件銀行Gに正式に 謝罪・HPに公告させるべきだろう』
『万一、馬鹿が主張していることが事実なら、直ちに 開設当初から停止までの運用、不具合発生の原因・対策を明記した まともな運用レポートを発行し、 生データベース公開を再開、誰もが検証可能にすべきでは無いか!』

 『面接を受ける就活生や、何か失敗した新入社員』が、面接官や先輩社員との雑談で
『どこかでは 不都合なデータや 雑な報告書穴を掘って埋める習慣があるそうですが、何かご存じですかね?』 なんて言われ、耳まで真っ赤になってうつむく なんて事態を招いたら どう責任をとるのだ!』
 と叱責してくださる方はおられないのでしょうか、技術的にも人格的にも素晴らしい方々ばかりだった 大岡山OB の中に、なんてのは 所詮 夢のまた夢 何でしょうか、
『日本人て不思議だなあ〜〜、哀れな話だなあ〜〜』、なんちゃってね!

ハテナ?
 こんな状況ですので、『最新版運用レポート』と 手持ちの『太陽光試験場実績データ』との 突き合わせ は 馬鹿馬鹿しいので 暇な時、違った 時間を捻出できた時 にすることにし、 軟件銀行Gが全国25カ所営業発電(売電 = 巨額の賦課金収入)している 商業用太陽光発電所群(定格出力0.5〜111MW 総計 260.2MW)での 珍奇(チンケ?)な公開データ解読を優先していますが、前回 に続き ひどい有様!

 『別の箇所』で記述 していますので 是非 ご一読を!

2016-04-10記
怒り
干涸らびていない老人『買収・投資、携帯キャリアもやってるよ』 名物 社長 に率いられた 軟件銀行G 北海道・太陽光発電試験場【↑上記】
『激しい発電出力変動を隠すかのような【グラフ】 のみならず『でたらめなデータの存在そのもの』 までを 隠蔽し続けています。

 該社 HP トップ右下 に 『2016-03-31 更新』とのみ 記載されて居ましたが、『どうせ関係の無い部分の変更だろう』と 諦めながら 傘下を丹念に調べていくと、なんと 素晴らしい情報 が !
ついに 太陽光発電試験場 説明頁変化が!それも 期待を裏切らぬ 素晴らしい情報 が!
 あの 『理解不可能な運用レポート』削除・閲覧不能 にされたのみならず、 その 内容を推察できるタイトル名(2012-01[データ公開開始時]『 太陽光発電試験場運転状況』、2013春?: 『[2012年度]太陽光発電試験場運転状況レポート』)迄が 削除・抹殺されていました。

蛇足
 2016-03-24, 29、2016-04-07 にも 『更新のみ 記載』されていましたが、直接『太陽光発電試験場』に関係する部分での差異は発見できませんでした。もっと小まめにHP改版しているのかもしれませんが。
『太陽光発電電力 1円/kWh高く買い取り新規募集をしていません』とか、 『電力小売り自由化(FIT電気)参入』とか、 『エネルギー会社(発電、試験場)のHP』を閲覧中 『パワー会社(販売)HP』に ジャンプして(リンクされて)いたのが、 『軟件銀行G(親・持ち株会社)HP の "グループ企業紹介HP(フレーム内)"』に (『このサイトを離れ別サイトへ移ります】なんて)説明も無く 強制的にジャンプするようになったのは何時からか、なんてのはトレースしていませんので。 多分、HPを閲覧する一般人なぞ 意識することも無く、軟件銀行G内垣根なんてのも 頭に全くないほど一体化して(ごりごりに固まって)いるのでしょうね、社員は ・・・
 それとも 鋭鋒LED電球35℃Max広報を参考にし、 『出来るだけ読まれないようなHP作成』を心がけているのでしょうか、まさかね〜〜〜

ハテナ
『※ 運用レポートは、2016年4月中最新版掲載を予定しております』と記載するのなら、 それまで 過去3年以上 堂々と やけに していた 上記レポート2件を閲覧可能状態で残したまま、 『内容に不備があるため(誤りの箇所を訂正した)最新版置き換え予定です』、と くらい 書く気持ち には成レれないのでしょうか?

 まさか、レポート2件 に まるで『推理小説のように ちりばめられた 数々の秘密と謎』 に頬被りし、 『都合のよいことのみ記載した最新版とやらに 差し替え公開すればすむ、今まで3年以上公開していた運用レポート も、それを検証するための 【グラフ表示】(生データDB) も 既に非公開に(隠蔽)してあるし!』なんてお考えとは思いませんが。

 何故 閲覧不能にしたのか 例によって一言の説明も無いので不明です。まさか 軟件銀行G関係者 が、こんな 『イゼルローン要塞』のような辺境 HP を 訪れることは無いとは思いますし。
 だって 何万人居るか知りませんが 軟件銀行G 関係者のうち たった一人でも (億、兆、京)が一 このHPをご覧になっていたら、 干涸らびていない老人名物社長肝いりの事業である太陽光発電事業の根幹に関わる 自社HP(広告塔!) なのですから 3年以上前【グラフ表示】の見直し に着手していたはずですし、 最低限、2年前の【グラフ内 数値隠蔽(?!)事件】時に 何らかのアクションを起こしていたはずですから。

 もしかして、本HPを 偶然見た『標準化に関心をお持ちの方』が お知り合いの 大岡山関係者に、 『こんな ふざけたこと を書いている馬鹿がいるぞ!』、 『こんなことを書く けしからん輩を 放置せず 事実無根なら 謝罪させなくて良いのか!』とでも言ったのでしょうか。
 わんことしては 『これ以上の情報非開示(隠避?!)強化』を ("たく" = 企てる、計画する)まれない(敬意 and/or 受動)ことを祈るのみです、 特定秘密 じゃあ無いんだから 『存在そのものを隠せば批判など出来ないだろう!』なんてね。

希望
 こんな状況ですので、手持ちの『太陽光試験場実績データ』整理 は 黄金週間での多少の処理 を 目指して 細々と続けていますが、 気分を切り換えるため 軟件銀行Gが全国25カ所営業発電(売電 = 巨額の賦課金収入)している 商業用太陽光発電所群(定格出力0.5〜111MW 総計 260.2MW) に関心を向けたところ 『4年間に及ぶ試験場運営』で得られた ノウハウ・極秘技術遺憾なく発揮した 新(珍?)技術のオンパレード! に ぶち当たってしまいました。

 『別の箇所』で記述 していますので 是非 ご一読を!

2016-03-21記
怒り
『人間味溢れる 英雄群像』と比較するのも恥ずかしいような 干涸らびていない老人 『何でも 犬(走狗) に こじつけるしか無いようなCM』だのみにしかみえない『買収・投資、携帯キャリアもやってるよ』 名物 社長 に率いられた 軟件銀行G 北海道・太陽光発電試験場
『激しい発電出力変動を隠すかのような【グラフ】 のみならず『でたらめなデータの存在そのもの』 までを 隠蔽し続けています。
 仕方が無いので 採(≠ 盗)り貯めたデータの整理を細々と継続していますが、期待を裏切るというか、期待を裏切らないというか 奇妙奇天烈摩訶不思議データのオンパレード

十勝201203
 左図は 【十勝地方】太陽光発電試験場の 2012年03月の実績データです、見るも無惨な!

 前回ご紹介したような『超新星爆発』こそ発見できていませんが、 2月 と 同様、日替わり1〜2社が 早朝4時〜日没後20時の間、 日照がフルパワー相当の1kWhが継続 なんて とんでもないデータ が 31日中10日間、つまり 1/3を占めるというていたらく。
 更に 2012-03-03 Shp社kWh/h x 17h = 16kWh なんて 首をかしげる理解不能なモノ まで有ります。

 もちろんそれだけでは無く、4日の Mit社12.73kWh(13:36〜20:00の間 日照1kWh/h継続)5日の KaS社11.57kWh(12:11〜20:00の間 日照1kWh/h継続)24日の InG社7.57kWh(04:00〜10:21の間 日照1kWh/h継続)なんて、うっかりすると見逃しかねないものが 大きな顔をしてのさばっています。

ハテナ
 極めつけは 26日のMit社 です、早朝04:00〜日没後20:00の間 日照 0kWh/h(0kWh/日)で有るにもかかわらず 発電は他社に引けをとらない 5.86kWh/日 なんて 『エネルギー保存の法則』打破するノーベル賞級の発見に繋がるモノまであります。

 多分、データ公開開始一ヶ月前の試験開始当初(2011-12-15)から 3ヶ月に渡り 太陽光発電パネル蓄積していた日照or電力エネルギーを ここぞとばかり放出したんでしょうね、
 しかし、なぜ 大岡山 は このような希有な現象を解析し論文発表を行わなかったのでしょうか、
『超新星爆発』 は 専門外の天文現象でも、 『日照ゼロでも発電できる貯エネルギー機能』解析は 専門の電子物理工学で立派な業績を挙げられる千載一遇のチャンスのはずなんですが?
 すくなくとも 軟件銀行G 名物社長が事務局長として実質的に率いている 『首長の集まり・自然エネルギー協議会』公費で整備するよう求めている 『不安定な太陽光発電、風力発電安定化するために必要な 数百億円/基の蓄電池 や、 数千億円の送電線 という国民負担(電気料金上乗せ+税金)を ゼロに出来る可能性 が大の 全世界のエネルギー不足を解消するような 立派な研究テーマ なのですから。

蛇足
 なお、『2012年の運用状況レポート・月別レポート:2012年3月によると、 2012年03月十勝試験場は 欠測日数1日とのことですが、上記のような 『一ヶ月の1/3日照が異常データ』なんてちゃちなモノのことでは無く、 『発電データが異常の日』ではないかと思われますが、上記【3月グラフ】で見るように、1日〜31日 全て日照に応じた発電をしており、欠測の存在は確認できていません
 【月報グラフ】上記2016-03-26Mit社を含めて 発電量に関しては全10社正常表示しているのに欠測が存在しているとは何を意味しているのでしょうか?
もし 『日照データに異常があったのが 欠測』 というのなら 1日では無く 10日以上 とすべきはずですし。
 今は見ることの出来ない隠蔽された【全システム月報グラフ 2012-03(全10社の発電量月累積値を比較)】の右上に 月総日射量 : 163.752kWh/m2 とあり、 上記数々の異常日照データを含んだ10社分そのまま加算1/10した 単純計算 そのものの 『異常値そのまま含んだ日毎の日照平均値を31日分加算した値』 と 一致していますが、 【該・3月レポート】では、『観測日射量 = 151.8kWh』となっています。
 この差 11.9kWh は どうやって求めた(加工した)のでしょうか、 3月の日毎平均日射量は 17kWh(10社中1〜2社)/日 なんて異常データを含め最大の日でも 8.5kWh/日 にしかならないのに どの1日を異常として発電量、日照データを除外したらこんな -11.9kWhなんて値が導き出されるのでしょうか、何の説明も無いので 見落としがあるのか、作成者と当方に論理的齟齬があるのかもわかりませんが。

 ちなみに、一例ですが Kyse社発電量【該・3月レポート】では 『定格1kW当たり出力 147.2kWh』であり、 【全システム月報グラフ】の『Kyse社の[定格1kWh当たり全31日分累積]発電量 147.18kWh』と一致しています。 つまり、どう見ても 発電量 では 欠測日数0日 なのです。

怒り
 なにぶん、当今は『博士様の研究ノート』が 目を疑うようなモノだったりする世の中ですので仕方ないのかもしれませんが、 『評価レポート』『データ欠測』『どの日にどのような現象として発生し、どのデータをどう処理したのか』 記載しないですむ と考えているとしたら 日本の科学技術、というより科学・技術者の倫理(まさか 論理?)レベルの低下 は 目を覆いたいような状態になっているのかもしれません。
 だからといって 証拠となるデータ(【グラフ】とその元(素、基!)になるDB)を 隠蔽(隠避)してしまえば問題解決!なんて、 干涸らびていない老人名物社長に率いられた 軟件銀行G内では通用するかもしれませんが、世間の常識では論外のはずですが 皆様は どうお考えですか?

十勝201207
 仕方なく 『データ公開開始から半年以上たった頃なら正常なデータにありつけるのでは』と
2012年07月の実績データ を グラフ化【左図】 してみたのですが、

  2012-07-04 SoF社早朝4時〜日没後20時の間 日照がフルパワー相当の1kWhが継続(17kWh/日) なんて
立派なデータ が 大きな顔をしていました。
蛇足
 『2012年の運用状況レポート・月別レポート:2012年7月によると、 2012年07月十勝試験場は 欠測日数0日とのことです、こんな日照データ が 有っても 正常測定なんてね。
 なお、『観測日射量 128.4kWh』 であり、 『全システム月報グラフ右上記載の(異常データを含めた単純平均の累積) 日照 128.417kWh/m2一致しており、この値からは『欠測は0日(として処理されているの)』が裏付けられているようです。

十勝201208
 呆れ果てながら 翌月 2012年08月の実績データ を グラフ化【左図】 してみると、
  2012-08-19 SoF社、2012-08-22 ItM社早朝4時〜日没後20時の間、
日照がフルパワー相当の1kWhが継続(17kWh/日) という ご立派なデータ が いまだ ご健在でした。

 しかも そんな ちゃちなデータ など ものともしない 強者(つわもの) が ・・・

ハテナ
2012-08-31 発電量日照より微妙に少ないのを不審に思い 全10社日照量を 丹念に追いかけていくと、なんと
Shp社 の 当日日照データ早朝4時〜日没後20時の間 日照がフルパワー相当の1kWhが継続
つまり 1kWh/h x 17h = 17kWh/日(この値自身 誤り) で有るはず ですが、 kWh/日 という 不思議ちゃん の 世界 出現!
ちなみに 発電量他社なみ1.8kWh/日他9社日照量2.19〜2.24kWh/日 でした。

 高校で 算数 から 微積に移る 大事なタイミング で何日も病欠してしまい、それ以来 論理的思考能力 が 不如意 と 自覚している ワンコ両前足の指(5x2)を使って 1+1+1+・・・ と 17回 数えたのですが どうしても で 止まらず、後ろ足の指まで行ってしまい 悩みは深まるばかり ・・・

蛇足
 ずいぶん前ですが 新・西洋事情(深田祐介著)だったかで読んだ 英国ビジネスマンの言葉 でしたっけ、
『君は "1+1=2" と思っているようだが 交渉相手そう思っている保証は無い』(標準化以前の世界!)というのを久しぶりに思い出しました。
 干涸らびていない老人軟件銀行G 名物社長 以下 多分、この言葉のような 異文化の世界 に生きているのでしょうね、『恥』という言葉 とは無縁の。
『超新星爆発』 という希有現象はもちろん、 『17回足す (そういえば 16なんてのもありましたっけ)』 というデータを平然と4年間も公開しておきながら、何の説明も無く
データそのものの存在を世間から遮断・隠蔽(隠避?)する行為顔を赤らめることも無く出来る 企業風土なんでしょうから ・・・

怒り
 もちろん、『なんとかの半兵衛さん』 を 彷彿させる 『大岡山』 も もしかしたら 同じ風土にどっぷり と、
ただ こちらの方は
利益が出なければ(公益事業である)発電(長期高額固定価格買い取り保証)事業に参入しない』と 公言(高言?)している 利益追求企業 ではなく、
多額の国民負担で 運営されている組織 のはずなんですが・・・

蛇足
 なお、『2012年の運用状況レポート・月別レポート:2012年8月によると、 2012年08月十勝試験場は 欠測日数0日とのことです。
『観測日射量 99.9kWh』 であり、隠蔽され今は 存在を知ることすら叶(適、敵!)わない 『全システム月報グラフ右上記載の(異常データを含めた単純平均の累積) 日照 99.858kWh/m2一致しています、少なくとも 大切に保存してある 貴重な骨董品的グラフデータ】 では。

 言い訳(≠ 分) : 以前から わんこお天道様の恵みについては 一般人に身近な 『日照 (お様がった!)を使用しており、 『レポート記載の日射量』、『日射計』等は 時代背景とオリジナル性と技術性を尊重して『日射』と記載するようにしています、あくまで『心がけ』 ですが (^^;

2016-02-28記
怒り
『人間味溢れる 英雄群像』と比較するのも恥ずかしいような 干涸らびていない老人 『何でも 犬(走狗) に こじつけるしか無いようなCMだのみにしかみえない『買収・投資、携帯キャリアもやってるよ』 名物 社長 に率いられた 軟件銀行G 北海道・太陽光発電試験場 は ついに
『激しい発電出力変動を隠すかのような【グラフ】 のみならず『でたらめなデータの存在そのもの』 までを 隠蔽する暴挙に!

2016-02-19 該試験場運営会社HP が 変更 されているので調査しましたが、相変わらず『どの頁を変更したか』の記述が一切無く、手間取りましたが
『※【胆振地方】太陽光発電試験場(陸側)については、2016年1月31日までの測定データを公開しています。』 という記述を 削除したり、
2016-02-04時点HP【公開】→【非公開】 等、非常識な記述が 2016-01-21の状況に 復帰 した部分も有り、 『さすがに恥ずかしくなって 考え直したのか』、と 甘い幻想を ・・・・

蛇足
例によって 該HP『ニュース、お知らせ』には 太陽光発電試験場に関する記述は 一切ありませんでした。
2016-02-19付 の『おしらせ WEB問合せフォームの障害について」は、
2016-02-08〜18にWebから問い合わせたモノは受信できていない可能性があるため再度問い合わせください』というものです。

怒り
 わずか5日後の 2016-02-24 該試験場運営会社HP が 変更 されており、呆れ果てました。
だつて、『激しい太陽発電出力変動を隠すかのような【グラフ】表示』 の 存在はもちろん、 『でたらめだらけのデータの存在』 も 一切削除されているのですから、
4年間恥ずかしげも無く掲載していたのに 何の釈明も無く、 まるで 不都合な真実など存在しなかったかのように!
 さらに 『運用レポート』が、 建設当初と2012年分しか公表されていない事実まで 隠して。

蛇足
例によって 該HP『ニュース、お知らせ』には 太陽光発電試験場に関する記述は 一切ありませんでした。
 2016-02-24付 の『おしらせ 本日の一部報道について』は、
『当社の発電所[該社群馬県北群馬郡]ソーラーパーク』は、群馬県[該]村より土地を賃借して運営しております。 今後の対応については、土地所有者である[該]村のご判断をお待ちしている状況です。』
という 何のことだかわからない内容 ですが、
多分、『該メガソーラー敷地に環境基準を超える有害な鉄鋼スラグが使われ 村が撤去を検討している』ことに対し、 『当社は土地を使わせてもらっている事業なので村に処理方針を決めてもらった上で協議したい』、つまり、『当社の責任では無い』と言うことを 分かり難く広報しているのでしょうね。
 まさに 該・名物社長企業G の 『広報精神の神髄』 を 示していると思われませんか!

超新星爆発
 仕方なく、過去に採(≠ 盗)り貯めたデータ を 整理していたら 恐ろしい事実に直面!
 2年前に 太陽が 超新星爆発
  地球が滅亡の危機 に 陥っていた なんて!

 まさか そこまではやらないだろうと思っていたのに、軟件銀行G 名物社長 が 自ら 社長を務める
自然エネルギーの普及・拡大を目指し、全国の地方公共団体や民間所有の土地等を活用した自然エネルギー発電所建設その運営を推進』
 と 高らかに事業ビジョン を 掲げている 高額長期固定価格買い取り制度最大限に活用』している営利企業は、 卑劣とも言える仕打ち 北海道・太陽光発電試験場 で 過去四年間 堂々と行っててきた 激しい発電出力変動を隠すかのようなグラフ表示】、でたらめだらけのデータ存在そのものの隠蔽 を 実行に移しました、一言の釈明無く該【グラフ】、データ関連情報説明頁』丸ごと 抹殺して。

 皆様は、『奇妙奇天烈摩訶不思議4年間にわたる膨大なデータ』の存在や、 それが紡ぎ出す『理解不能なグラフ』に悩まされずに済み、軟件銀行G 経営陣と一緒に胸をなで下ろすことが出来るようです、
 『これでやっと 五月蠅いハエ を 追い払うことが出来たぞ!』 なんてね。

  わんこ は 落胆では無く呆れ果ててしまいましたが、仕方なく 過去に採(≠盗)り溜めた未整理データのチェックにかかったところ、驚愕の事実 に ぶち当たりました、
なんと、4年前全人類、というより 地球滅亡の危機 に 曝されていた という。

十勝201602
 開設・データ公開後、わずか1年で閉鎖 された 十勝地方太陽光発電試験場公式データ公開前日(2012-01-30)〜一ヶ月後(2012-02-29)のデータ【左図】 を整理していたら 卒倒しかけました。 『超新星爆発』と言っても 『隣国のダンス・ボーカルユニット が 武道館で喝采を浴びた』なんて暢気なモノではなく、『地球滅亡の危機』 に 曝されていたのに気付かなかったなんて!

超新星爆発
 2012-02-16、10社平均日照が異常に高いのは、 例によって『朝4時〜夜8時、太陽が かんかん照り』だったんだろう、と 高を括って調べ初めて 驚愕しました。
 朝6時半に お日様が顔を出すと ギラギラと輝きはじめ、通常の8倍の強さで 地球を照らし始めたのですから。
 そのまますすむと地球は焼き尽くされ、巨大化した太陽に飲み込まれるところだったのですが、ご承知のように 太陽は その質量が充分大きくは無かったことにより ブラックホール は もちろん 白色矮星 にも、赤色巨星 にすらなり損ね 11時をピークに燃え尽き、それ以降は何故か通常の輝きに戻ったようです。
  皆様、神仏のご加護(無神論者は、宇宙の真理)に感謝を!

 なお、当日 磁気嵐・Eスポ が 大発生し、『電力送電網が不安定化し世界的大停電発生、ハム(アマチュア無線家)達が 狂喜乱舞しながら超短波無線機の前にかじりついた』とか、 赤道上でオーロラ が 観測されたとか、当日午前中、北海道・十勝地方(の特定地域、数m2)戸外にいた人達に 『異常な日焼け(皮膚癌の素)』が発生した、なんて話は伝わってきていません。
 また、金環日食(北海道では 部分日食) が 観測されたのは 2012-05-20朝 であり、今回の稀有な事象 とは 無関係(三ヶ月前の予告編?)のようです。

ハテナ
 しかし、何故 Shp社のみ この希有な天文事象を観測できたのでしょうか? 他9社のデータ を 調べてみても それらしき痕跡は発見できていません。
なによりも 超新星化の過程 においても、他9社はもちろん Shp社 を含め 発電力通常晴天時の最大定格(1kW)を目指す いたってまともなカーブしか描いていません。
 何かと物議を醸すメーカ での希有な事象観測 とはいえ、メーカ別 発電力測定が正常値に見えるのに、 全10社共通の日射計を使用していると思われる日照量が 何故Shp社のみ通常の8倍という値を日の出〜11時まで観測したのでしょうか? 従来から各メーカ毎に異なる【日照グラフ値】を示しており、『共通』とはつじつまが合わないことは承知していますが、何処にも説明がないもので。

: 個人的に反原発活動を行っているとされる古の清純派女優を 数千万円/本と言われる報酬で起用したCMで 室温35℃超えで使用してはいけないLED電球 を 大々的に宣伝・発売しながら、 35℃Maxという事実を該社HPの注意事項から徐々(ある意味巧妙)に目立たなく撤退させる等、 今回の軟件銀行G先達・模範となるかのような情報開示方針(精神!)を発揮、 最近も『中高年従業員雇用は保障しない(解雇・人員整理!?)が (どんな年寄りであろうと)現・経営陣の(経営不振の)責任は問わない(つまり 損害賠償も請求せず、退職慰労金も 満額支払う?)』 という契約条項が目立つ(マスコミ報道)買収案の方を選択(他方は経営責任を問う)した、とか。

怒り
なによりも 『運用レポート』『研究体制』鼎の一脚 として 名を連ねている (技術監修(?)の)『大岡山』は何故 あの話題となった英国『自然』誌 に 論文発表を行わなかったのでしょうか?
 たとえ 天文学、宇宙物理学 が 専門ではなく、電子物理工学 しか興味が無くとも、これだけ稀有な天文事象なんですから 興味を持ちそうな同僚や専門家に教えてあげることも しなかったんでしょうか?
  のような不安定な もたれ合い体制、特に 他の2脚が当てにならない場合こそ 頑丈な1脚が深く固定層まで脚を打ち込まれ、体制を支える必要があるはずなんですが、 単なる『看板(権威付け目的の名義貸し)』とも 思えないし、思いたくも有りませんので。日本がそこまで落ちぶれていたら 堪えられませんが、皆様は如何お感じですか。

 軟件銀行G からの 寄付・報酬 の有無はもちろん、『現在も研究体制の一員なのか』、すら不明(2013年度の運用レポートすら いまだ公開されていないていたらく) ですが、 2012-01-31付運用レポート には (勝手に名前を使われたのなら別ですが) 正式に名を連ねているのですから。

 もしかしたら 『[2011-12-22に構築し、一ヶ月経ってやっと公開できるようになったぞ!]レポート発行日(2012-01-31 = 試験場データ公開初日)の翌日 2012-02-01以降は手を引き、一切の関わり合いを持っていない』ため、 半月後 2012-02-16の超新星爆発なんて 関知(感知!)しない』のかもしれませんが、 そうで無かったら 日本トップレベルの研究者・技術者 としても、人格的にも 尊敬される方々ばかりだった 大岡山出身者の皆様が 振り返ってみた光景、 その胸中を察すると 心が痛みます。

 因みに『第二回(運転状況)レポート(発行日無記載ですが 多分 2013年春)』の『2012年2月 月別レポート』には、
『十勝試験場 (データ採取に不具合のあった)欠測日数 0日 と 明記されています。
超新星爆発 は もちろん、 『日照が 日の出〜日没の間 かんかん照り』なんて ちゃちなデータは、全て正常測定とされているようです。

蛇足
蛇足ですが 同月、西南西 100kmほど離れた 胆振・海側試験場は 『(2012年2月の 29日間中)欠測日数 5日 (多分 レポートではほとんど問題にされていない『日照』測定では無く 『発電量』測定に関して と思われますが、具体的内容 一切記述無し) とのこと。
 また
*) [胆振]海の2012年2、3月、[胆振]陸の2012年2月は、欠測[多分 発電量]の影響が大きい
*) 2012年11月[胆振]海、2013年2月[十勝]は、日射計測異常(発電量計測は正常)
という記述は見つけましたが、[十勝]2012年2月異常(日照17kWh/日 = 1kWh * 17h、超新星爆発等) に 言及した箇所は『PDF簡易検索機能』ではヒットしていません。

2016-02-14記
注
 親・投資・買収(兼 携帯電話キャリア、元 PCユーティリティソフトかき集め収録CDROMが付録雑誌発行)企業G 名物社長 運営の 『北海道 太陽光発電試験場』が
予想通り 3カ所とも 全面運用停止 されました。、
 何の説明(釈明)もなく、世界中『恥』と『疑念、欺瞞』撒き散らかす 傲慢な態度
しかも 『2016年2月以降 参照停止予定』 なんて、『恥ずべき予告』付で!
怒り
 下[表]【↑上に移動】は 該・試験場運営会社 HP 記載内容を時系列で整理したモノです。
 『言ってること』『やってること』齟齬に呆れ果てませんか!

 パフォーマンス用『氷水入りバケツ』(まさか経費なんてことは?)は用意できても、『入れ歯の費用(三割自己負担)』も 無いんでしょうか、大富豪なのに ・・・
カネ
 この を ご覧になって どう感じられましたか。
 これが 日本を代表する なんてとりあげられることもある 名物社長声高『自然エネルギー』唱(称!)え、マスコミ露出 している 大企業Gのやることでしょうか、
 いくら 利益追求に 血道を上げている 投資・買収・携帯キャリア事業Gとしても。
 どんな顔 を して 電力小売り事業に 参入するのでしょうか?
蛇足
 該・企業Gでは『メガソーラ用地募集』を行っています(HP記載)が、条件があるそうです。
『土地のみは対象外』、対象となるのは『設備認定済み案件であること』とのこと。

これが意味するのは、『〜42円/kWhで長期固定価格買い取り契約済み』でありながら『未だメガソーラ建設に至らない用地』、 具体的なメガソーラ建設計画が無いのに『高額契約だけ済ませた』
いわば『利権(
42円確定物件)』買い漁ろう と言うことのようです、
国が『利権目的の契約無効として 契約解除する方針』であることを、いわば逆手にとって!
 こんなことを謳っているなんて恥ずかしくないんでしょうか、いくら『利益が出なければ(公益事業である電力事業に)参入しない』と 公(高、広、巧?)言している 名物社長といえども。

ハテナ
 さらに 名物社長の配(輩)下にある 全国20数カ所のメガソーラ で 発電している 太陽光発電による電力はどうするのでしょうか?
 まさか、今後 10数年、『あなた方 一般ユーザ売電する価格の数倍(〜42円/kWh)』既存電力会社強制的に購入させ小売りに必要な 電力調達既存電力会社 から 大口割引で数分の一で購入差額を懐に入れるなんて、非道なことはやらないんでしょうね、
その差額『再エネ発電賦課金』(電気料金明細をご覧あれ!)として 目立たない形で 皆様 全国民強制負担させながら、 この『うま味のある仕組み』を 皆様に気付かれない形で継続しながら ・・・

 名物社長 配(輩)下いわば 広告塔 としての 太陽光発電試験場 が、 激しい発電出力変動を隠すかのような【グラフ】表示長年にわたり続けてこなければ、 この様な 『多額の国民負担』に焦点が当たらない形での 長期・高額買い取り制度 が はたして成立したと思われますか。
 『【グラフ】表示の修正の機会 は 何度も有り、費用もかからず、簡単にできるはずであるのに かたくなに異常表示を続けてきたのは 『どんな意図』 だったのか 説明責任 が あるはずだ、と 思われませんか?  たとえ 巨額の個人資産を抱えて 引退・悠々自適の生活に入るつもりであろうとなかろうとも。

怒り
 2015-03 大(きな)新聞 の 上級執筆者 が、『脱原発』を表題とする署名入りコラムで、該・投資買収携帯キャリアG(当時はGが付かない)顧問(名物社長の腹心と思われる)の言葉として
ドイツエネルギー政策をきちんとやって 脱原発を選んだが、日本の現状利害関係者が働きかけるロビー活動の総和でしかない原発維持派のロビーは強いから、脱原発はまけるのです』という 主張肯定的(批判的で無く)に紹介していたため、
 『ドイツは国内原発をゼロにしようとしていても、必要な電力は 隣国フランスの原発から大量購入して補っているのでは無いか』
 第一、『脱原発の議論』のあるべき姿ゆがめた 張本人は、他ならぬ 『激しい発電出力変動という メガソーラ最大弱点を隠しているかのような【グラフ】表示を改めず、 高額長期固定価格買い取り制度を獲得、激しい出力変動を吸収するため必須の蓄電池巨額設置費用 までを 目立たなく国民負担させる行動をとっている 顧問(名物社長)の(投資買収携帯キャリア)企業では無いか』と 過去の本HP記述 を引用して投稿指摘しましたが、何の反応もありませんでした。

朝日
 該 名物社長 を 紙面の半分もさいて(好意的に)紹介した2015-11の経済欄記事(Ver2、脱皮!)に対しても、『前記 コラム への意見』を添付して意見提出しましたが 音沙汰無し。
 多分、該 (きな)新聞では 総力を挙げて裏付け取材、『脱皮、Ver2真相に迫る 紙面半分程度の検証記事』の執筆準備中 なのでしょうね、 『なんて あるわけ無いか ・・・・・』 チャンチャン!

地蔵
 しかし、こんな『無残』 と 言うより 『無様』な形で、まるで不都合な真実を覆い隠すかのように強制的に安楽死を させられた 『北海道・太陽光発電試験場』 と、 経営陣の支援無し、無理解(まさか 横暴?!) に苦しんだであろう 『責任のみ負わされた 実務担当者』 が 憐れでなりません。

 CMで こき使われたワンコ同じ運命を辿らなければ良いのですが ・・・・
最近は『不要になったから処分して』という理由での持ち込みは拒否している自治体が多いとは聞いていますが。


Oldこれ以前のお知らせ


Topics標準に関する話題・情報
簡単にご紹介するコーナです。 Updated2016-05-15

EU Topics欧州に関する話題・情報
簡単にご紹介するコーナです。(一般の話題から分離) Updated2016-05-15

FAQ Q&A
 基本的な事項に対するQ&A集です。

コード一覧 分類コード関係の情報です。

用語 IEV 国際電気標準用語集(IEC 60050シリーズ) 6th ed. 2005年1月版 CDROM の紹介 を掲載しました。
New2005-03-13

非常口 JIS Z 8210:2002 案内用図記号の紹介です。
New2005-02-27

分野別JIS一覧 JISを分野別に紹介するものです。徐々に追加しますのでよろしく。
Updated2003-10-05
お詫び工数確保できず 言うだけ番長(本家より随分小物) に成りました。
JIS 規格票原本 無償閲覧 は JISC のHP で可能です。
  ここの頭(Box内) 参照。

国際標準化機関(Big 3)
Logo
IEC
国際電気標準会議 UpdatedURL等見直し:2003-12-21
電気分野における国際標準化機関。
JISの電気分野は、IEC規格と整合がとられている。
N 内容項目を見たい時/消したい時は、この文字列を クリックして! N
ISO
ISO
国際標準化機構
非電気分野の国際標準化機関。JISの非電気分野は、ISO規格と整合がとられている。
ISO 9000(品質)、14000(環境)、OHSMS/OHSAS(労働安全衛生)等、管理(マネジメント)規格分野で、大きな影響力を持っている。
TC/SC一覧表(和文名称あり)
ITU
ITU
国際電気通信連合
電気通信分野の国際標準化機関。
各国政府が参画し、通信/放送方式の標準化、無線周波数の割り当て等も担当
Top

国際及び地域 標準化・関連機関
JTC1
JTC1
ISO/IEC合同技術委員会 No.1 情報処理分野を担当する ISOIECの合同委員会
BIPM
BIPM
国際度量衡局
Bureau International
des Pois et Mesures
度量衡の総元締め。国際キログラム原器などを保管している。
WTO
WTO
世界貿易機関 貿易における国際協議の場。TBT(貿易の技術的障害に関する)協定で有名
CEN
CEN
欧州標準化委員会 非電気分野の欧州地域標準化機関。 欧州規格(EN)の非電気分野を担当。
CENの技術委員会(TC)一覧
CENELEC
CENELEC
欧州電気標準化委員会 電気分野の欧州地域標準化機関。 欧州規格(EN)の電気分野を担当。
ETSI
ETSI
欧州通信規格協会 通信分野の欧州地域標準化機関。 欧州規格(EN)の通信規格分野を担当。ETS(欧州通信規格)を制定。両者とも無償ダウンロード可能 FAQFAQ参照
Top

各国の標準化機関
各国標準化機関
世界各国
各国の標準化機関 日本の日本工業標準調査会(JISC)、米国のANSI、 英国のBSI、ドイツのDIN等、 各国の代表的な標準化機関についての説明です
Updated2004-07-04
Top

関連情報
用語、略語 索引 Book略語、用語索引
アルファベット順、五十音順に整理して掲載Updated2003-07-04
規格関係解説書 Book海外規格の基礎知識シリーズ
IECISOANSIBSICSADINGOSTMILUL、 等の海外規格の解説書シリーズの紹介。
日本の官庁、地方自治体関係のWWWサーバリスト Japan http://www.kantei.go.jp/jp/link/server_j.html
首相官邸にある官公庁ウェッブサーバリスト(Hot Link)

日本の国家機関、地方自治体をカバー

Top


FAQ 質問l ご意見、ご要望、ご質問 はお気軽に

©1999-2015 H.Ishiguro