本文へスキップ

心理カウンセリング、心理療法でうつや摂食障害、対人恐怖症なども解決

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6305-9595

大阪市淀川区西中島5-7−17ビジネスVIP第2新大阪905号室

心理カウンセリング、心理療法で幸せになる

幸せになる!病気が治る!恋愛や仕事が楽になる!

■ こんな症状のある方
 ・対人恐怖症
 ・視線恐怖症
 ・あがり症
 ・パニック障害
 ・PTSD(心的外傷後ストレス障害)
 ・摂食障害(拒食症、過食症)
 ・抑うつ症
 ・強迫神経症
 ・不眠症
 ・家族間トラブル
 ・恋愛、性の悩み
 ・酒、タバコ、ギャンブル他、各種の依存症

心理療法

■ こんな悩みのある方
 ・恋愛がうまくいかない
 ・なかなか結婚できない
 ・やりがいのある仕事が見つからない
 ・対人関係がうまくいかない
 ・いつも自分ばかり損してしまう
 ・人と比べて明らかに運が悪い


■ こんな人生に変えませんか?
・自分に自信が持てる!
・他人の目や言動が気にならなくなる!
・仕事や人生が楽しくなる!
・夫婦・家族関係が良くなる!
・明るく社交的になれる!
・悩みや苦しみが楽になる、解決する!
・人や物に依存せず自立した性格になれる!
・幸福感に満たされた毎日が送れるようになる!
・積極性が出て、物事を前向きに捉えられるようになる!
・異性との付き合いも、自信を持って抵抗なくできるようになる!

心理カウンセリング

◆ 心理カウンセリングには2種類ある!

はじめまして。 行動・環境心理療法士の天地(あまち)と申します。

『えっ、心理療法士?カウンセラーじゃないの?』 と、心理カウンセリングや心理カウンセラー で検索いされた方は、心理療法士という肩書に 違和感を持たれた方もいらっしゃるかもしれま せんね。

以前は私も心理カウンセラーを名乗っていました。

いや、今でも名乗っていますが、最近の心理ブーム(?)で、テレビなどでお悩み相談的な心理カウンセラーの露出が増えるにつれて、心理カウンセラーと名乗ることが安っぽく気恥ずかしくすら思えるようになってしまいました。

それに加えて、もともと私のカウンセリングは、一般的な心理カウンセラーの行なう傾聴カウンセリングとは大きく異なり、ご相談者の心の状態を診断、分析して、心の状態を変えていく専門的な療法を主体としているため、その違いを明らかにするためにも、心理カウンセラーりも心理療法士と名乗るようにしているのです。

そんなことから、もうお分かりかと思いますが、心理カウンセリングには2種類あるのです。

その違いとは、カウンセリング手法だけではありません。 もっと本質的な部分、カウンセリングの特徴、あるいは、目的といった方がいいかもしれません。

その2種類のカウンセリングとは、次のとおりです。

【問題を解決しない(する必要がない)カウンセリング】
【問題を解決するためのカウンセリング】  

問題を解決しない心理カウンセリングとは

『問題を解決しない心理カウンセリングなんかあるの?』
『問題を解決しないんなら意味ないじゃないの』

と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

例えば、アメリカのテレビドラマなどで、離婚した女性が心理カウンセラーのもとを訪れるようなシーンをご覧になったことはないでしょうか。

このようなカウンセリングでは、相談者が離婚した事実はどうにもなりません(する必要もありません)し、親権を争っているとか、訴訟沙汰になっているといった問題があっても、カウンセラーがそれについて何らかのアドバイスを与えたり、手助けしたりすることはありません。

心理カウンセラーとしては、相談者の不安や不満、愚痴、あるいは悩み事など、思いの丈をじっくりと聞いてやることで、心の負担を軽減したり、落ち着かせたり、癒しを与えたりして、相談者が自分でしっかりと現実の問題に向き合えるように力づけるカウンセリングをおこなうだけです。

ですから、このようなカウンセリングは心理療法と言うよりもやはり心理カウンセリングと言ったほうがいいでしょう。

日本的に、【お悩み相談】と言えば、もっとピッタリくるかもしれません。

そしてもちろん、カウンセリングを受ける側もカウンセラーに対して、それ以上の専門的な問題解決のアドバイスなどは、まったく望んでいません。

これが【問題を解決しないカウンセリング】です。

  もうひとつ、もっと日本的なものを挙げると、嫁姑問題などは典型的な例です。

嫁姑の関係も家族構成も、外部の人間がどうこうできる問題ではありませんね。

嫁姑問題で、家庭環境も相手の態度も変えることが出来ないとなれば、残された手段はひとつ。

そう。

『自分の心の持ちようを変えること』だけですね。

この場合の心理カウンセリングも相談者の心の負担は軽減されるかも知れませんが、現実問題自体はなにも解決できるわけではありません。

もちろん、相談者の心理状態が改善して家庭内での態度が変わることで、徐々に嫁姑の関係が良くなるという場合もありますが、これはカウンセラーが意図して導いた結果ではなくて、あくまでも偶然の産物です。

このように現実問題は扱わず、ただ相談者の心の問題だけを対象とするカウンセリングが、私の言う『問題を解決しない(する必要がない)カウンセリング』なのです。

問題を解決するためのカウンセリング

それでは、もう一方の『問題を解決するためのカウンセリング』というのは、どういう問題に対応するものなのでしょうか。

例えば、次のようなケースが挙げられます。

・対人恐怖症、視線恐怖症でまともな人間関係が築けない
・各種の依存症、神経症で仕事や日常生活が困難
・うつで気分が落ち込み、体調まですぐれない
・極度の潔癖症で自分の部屋から出られなくなった
・自分の感情を押さえることができず暴力をふるってしまう  
(子供を虐待する親や一部の体罰教師や問題児など)
・不登校、ひきこもり、ニート ・摂食障害(拒食症、過食症)

などなど。

これらのようなケースでは、ほとんどの相談者やその家族が、
『通常の社会生活が送れない』
『日常生活に大きな差し障りがある』
『家族や周りの人間に迷惑をかけている』
『健康を害してしまっている』
という現実的な問題を解決してもらいたくて 心理カウンセリングを受けに来られるのです。

当然、カウンセラーとしては問題を解決するだけの心理療法というにふさわしい、実践的な臨床カウンセリングを行う必要があります。

また、それだけにとどまらず、当人が生活を改善できるだけの具体的なアドバイスも提供しなければなりません。

これは『問題を解決しないカウンセリング』で一般的に用いられている、話を聞くだけの傾聴カウンセリングでは、対応することはできません。

なぜならば、これらのほとんどのケースでは問題の原因が、傾聴カウンセリングで解決できるような心の浅い部分にはないからです。

それでは、上に挙げたような日常生活に支障をきたす深刻な問題の原因が一体どこにあるのでしょうか。

ひとつは 【心の深奥にある潜在意識の中】、そしてもうひとつは 【親兄弟、あるいは、学校や職場といった周りの環境】にあるのです。

ですから、現実問題を解決するためのカウンセリングには、そのような複雑な原因が絡んでいる状況を把握し、それを解けるだけの専門的、かつ、多様な心理療法、臨床心理カウンセリングの手法が必要なのです。

私は、そのような手法を総称して、【問題を解決するためのカウンセリング】と呼んでいます。

プロでも知らないその違い

それでは【問題を解決しないカウンセリング】は何の役にも立たないのか?というと、そうではありません。

【問題を解決しないカウンセリング】というのは、言うなれば、心のサプリメントみたいなもの。

病気を治すことはできないけれど、毎日の生活を健やかに、活き活きとおくれるように手助けしてくれます。

それに対して、【問題を解決するためのカウンセリング】は、まさに『心理療法』であって、病気を治す薬のようなものです。

相談者の症状や度合いに応じて適切な療法を用いて対処すれば元の健全な生活を取り戻すことができます。

プロの心理カウンセラーであれば、この2つの違いをよく認識して、それぞれのケースに応じたカウンセリング手法を使い分けなければならないのですが、残念ながら、心理カウンセリングの歴史の浅い日本では、その違いがあまり理解されていません。

そのため、いつまでもだらだらと傾聴カウンセリングを行なって、早期に適切な対処をしておけば治るものまで治らなくさせてしまっているケースもあります。

私は長年、不登校や引きこもりの子供を専門に心理カウンセリングを行なってきましたが、特にこの分野ではその傾向がひどいものです。

将来あるお子さんが、どうにもならないほど精神を悪化させられてしまった、という例をいくつも見てきました。

そんな悲劇をこれ以上くり返さないためにもハッキリと言っておきたいと思います。

日常生活に差し障りのある問題に対しては、『問題を解決するためのカウンセリング』でなければ、治すことはできません。

具体的なカウンセリング手法は

当人の心だけでなく、行動や習慣、生活まで改善するための心理カウンセリングでは、精神分析、催眠療法、行動療法といった積極的に心理療法を施すカウンセリングが必要です。

【こころの臨床カウンセリング】では、これらにプラスして環境心理分析というちょっと変わった手法も用いています。

また、大人の相談者の方については、

・インナーチャイルド・セラピー
・ハイヤーセルフ・リーディング
・前世療法


といった手法も用いています。
詳しくは、それぞれのページをご参照ください。


精神分析と催眠療法、環境心理分析では、相談者やその周りの人物の深層心理にある問題を探りだしたり、解消したりすることができます。

そして、心の深奥にある問題まで改善できたら、今度は行動療法で現実問題を克服すべく、相談者を導いていきます。

これが【問題を解決するためのカウンセリング】になりますが、特に現実的な問題を解決する段階においては、相談者本人やご家族の方に対して、具体的な行動アドバイスを積極的に行なっていきます。

冒頭に述べたように、私が心理カウンセラーでなく心理療法士を名乗っているのは、大多数の傾聴カウンセリングと一線を画して【問題を解決するためのカウンセリング】を主体に行なっていることを知っていただきたいと思ったためです。

【問題を解決するためのカウンセリング】、すなわち心理療法と呼べるだけの臨床カウンセリングは、まだまだ日本でも少数派ですが、ご自身のお悩みが日常生活に差し障りのあるようなものである方は、手遅れになる前にぜひ一度ご相談ください。

傾聴カウンセリングでは効果の得られない一例を 挙げておくと、
・うつ
・摂食障害
・対人恐怖症、線恐怖症
・自傷行為
・極度の潔癖症
・各種の依存症
・DV、家庭内暴力(夫婦間、親子間共)
・ストーカー行為
・不登校、引きこもり
などです。

カウンセリングは完全予約制となっております。
ご希望の方は、【こころの臨床カウンセリング】までお電話かメールでお申込みください。

カウンセリング(セッション)料金

◆心理カウンセリング
◆精神分析
◆認知行動療法

初回はじっくりと状況をお聞きしたうえでのカウンセリングとなりますため、2時間お取りさせていただいております。
初回    120分 12,000円(税込)
2回め以降   90分  10,000円(税込)
※精神分析は、精神状態を診断して、どのような心理療法が最適かを見極めるためのものです。それだけで治療が完結するものではありません。
また、心理カウンセリングは心身ともに健全な方が、失恋や受験失敗など人生上のつまづきでの悩みを解消するためのものになります。神経症や心身症、精神疾患、重度のトラウマなどを抱えている方には、他の療法をお勧めします。
なにを受診すればいいのか迷われている方は、お気軽にご相談ください。

◆ 催眠療法(ヒプノセラピー)
◆ ニューロ・ヒプノセラピー(脳催眠療法)
 初回 約90分 15,000円(税込)
 2回目以降 約60分 10,000円(税込)

◆ インナーチャイルドセラピー
 約90分 15,000円(税込)

◆ ハイヤーセルフ・リーディング
 約90分 15,000円(税込)

◆ 前世療法
 初回 約150分〜180分 28,000円(税込)
 2回目以降 約120分〜150分 24,000円(税込)
・初回の前世療法にはインナーチャイルド・セラピーやハイヤーセルフ・リーディングも含まれています。
・前世療法は基本的に途中で中断することはありませんので、ビジョンによっては大幅に時間がかかることもあります。
 時間をオーバーしてもこれ以上料金はかかりませんので、ご安心ください。

◆ 環境心理分析(出張のみ)
 1回 30,000円(税込)

出張をご希望の場合は別途出張費がかかります。
詳しくは、お問合せください。

受付時間
午前 10時 〜 午後 8時

カウンセリングのご予約に関して

当院では、ご相談者の方のプライバシーを守るため他の相談者の方と重ならないよう完全予約制とさせて頂いております。

また、セッションが長引いても対応できるよう、時間にも十分に余裕を持たせていますので、安心してお越しください。

ご予約を希望される方は、一度【こころの臨床カウンセリング】まで、メールかお電話で予約の空き状況をお問合せください。

こころの臨床カウンセリング
TEL:06−6305−9595
メールはこちら
※出張等でオフィスを不在にしているときも多いので、電話が繋がらない場合はメールにてお問合せ、お申し込みをお願い致します。
※メールへの返信はパソコンから行いますので、かならず受信設定を可能にしてご連絡ください。
数日たっても返信がない場合は、メール送信できない状況が考えられますので、一度お電話でお問合せください。

カウンセリングのご予約、お問合せお申し込み

  • ●こころの臨床カウンセリング新大阪オフィス

    受付時間 午前10時〜午後8時
    TEL:06−6305−9595
    メールはこちら
    ※出張等でオフィスを不在にしているときも多いので、電話が繋がらない場合はメールにてお問合せ、お申し込みをお願い致します。
    ※メールへの返信はパソコンから行いますので、かならず受信設定を可能にしてご連絡ください。
    数日たっても返信がない場合は、メール送信できない状況が考えられますので、一度お電話でお問合せください。

    大阪府大阪市淀川区西中島5丁目7-17
    ビジネスVIP第2新大阪9F 905号室
    JR新大阪駅より徒歩6分
    地下鉄、西中島南方より徒歩5分
    阪急南方よりヨホ6分

    京都市内の方は、JR京都駅より新快速で新大阪まで23分
    神戸方面の方は、JR三ノ宮駅より新大阪まで27分、又は、
    阪急神戸線三宮より特急で十三、京都線に乗換え南方まで30分
    アクセスマップ

    大阪オフィス入り口  大阪院ビル
    『道楽うどん』というお店の入ったビルの9Fです。
    うどん屋さんの左手にあるエントランスを入って奥のエレベーターで9階まで上がってください。

こころの臨床カウンセリング幸せな人生をもたらす相談所


大阪市淀川区西中島5-7−17
ビジネスVIP第2新大阪905号室
TEL 06-6305-9595
メールはこちら